ハードウェア

M2搭載の新型「iPad Pro」&オールスクリーンデザインで生まれ変わった第10世代「iPad」登場


2022年10月19日、AppleがM2チップ搭載の新しい「iPad Pro」と、第10世代「iPad」を発表しました。新しいiPad ProはiPadOS 16の新機能により、複数アプリを同時に起動できる「ステージマネージャ」や、外部ディスプレイのフルサポート、リファレンスモードなどが利用可能となり、第10世代iPadはiPad Proと同じオールスクリーンデザインに進化しています。

iPad Pro - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ipad-pro/

10.9インチiPad(第10世代) - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/ipad-10.9/

Apple、驚異的なパワーのM2チップを搭載した次世代のiPad Proを発表 - Apple (日本)
https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/10/apple-introduces-next-generation-ipad-pro-supercharged-by-the-m2-chip/

Apple、4つの鮮やかなカラーで完全に再設計されたiPadを発表 - Apple (日本)
https://www.apple.com/jp/newsroom/2022/10/apple-unveils-completely-redesigned-ipad-in-four-vibrant-colors/

まったく新しいiPadとiPad Pro、登場 | Apple - YouTube


◆iPad Pro
新しいiPad Proの本体カラ―はシルバーと……


スペースグレイの2つが用意されています。


ディスプレイサイズは11インチと12.9インチの2つ。ストレージサイズは128GB・256GB・512GB・1TB・2TBが用意されています。


心臓部にはM2チップを搭載しており、M2チップはM1チップよりも最大15%高速な8コアCPUを搭載。


最も高い処理能力を必要とするユーザーに対して最大35%高速なグラフィックスパフォーマンスを提供する10コアGPU


M2はM1より50%増えた100GB/sのユニファイドメモリ帯域幅を備えており、最大16GBの高速ユニファイドメモリにも対応しているため、マルチタスクや大容量のアセットを用いる作業がより滑らかになります。


さらに、CPUとGPUの組み合わせにより、16コアのNeural EngineはM1に比べて40%多い、1秒間に15兆8千億回の演算が可能です。


M2の高いパフォーマンスにより、膨大な写真ライブラリを編集するフォトグラファーや複雑な3Dオブジェクトを扱うデザイナー、高度な画像処理や分析を行なう医療従事者、グラフィックスを駆使したゲームを楽しむゲーマーまで、負荷の高いワークフローにおいてもiPad Proがその真価を発揮します。

また、新しいiPad ProはWi-Fi 6Eをサポートしているため、高速接続を必要とするユーザーは負荷の高い作業を外出先などでも行えるようになります。ダウンロード速度(下り速度)は前世代よりも2倍高速な最大2.4Gbpsで、5G(sub-6GHzおよびmmWave4)に対応したWi-Fi+セルラーモデルの場合は、世界中のさらに多くの5Gネットワークに対応可能です。

さらに、新しいiPad Proおよび第4世代iPad Air、第5世代iPad Airで利用可能なMagic Keyboardも登場します。Magic KeyboardはiPadのディスプレイを好きな角度に傾けることが可能で、キーボード、トラックパッド、パススルー充電ができるUSB-Cポートを搭載しています。


ステージマネージャは画面上に表示されたアプリケーションを最大8つまで同時に実行可能。外部ディスプレイをつなげば、2つのサイズの異なるディスプレイでマルチタスクが可能となります。


新しいiPad ProならPhotoshopで大量のレイヤーを作成しても問題なし。


プロ向けの映像制作用アプリケーションであるDaVinci Resolveなどもサクサク動作。これはM2に搭載されたハードウェアアクセラレーテッドエンコード/デコードエンジンのおかげでProRes映像のトランスコードが最大3倍高速になるため。


これにより、コンテンツクリエイターは現場でiPad Proを使って映画品質のビデオを撮影・編集・公開できるようになります。そのため、Appleは「iPad Proはまさに、手の中に収まる映画スタジオ」と表現しています。


さらに、Apple Pencilのレスポンスも史上最高に仕上がっています。


新しいiPad Proはスクリーンから最大12mm離れたApple Pencilが先端から発する電磁信号を検知し、M2チップがその信号を瞬時に解析することで、Apple Pencilの位置を3次元で見極めることができます。これによりペン先が触れる場所がより正確にわかるようになるため、これまでよりも高い精度でApple Pencilを使えるようになるわけです。


デスクトップクラスのアプリケーションは、iPad Proのディスプレイに最適化された新しい機能が実現しているため、一貫した取り消しとやり直し、再設計されたインラインの検索と置換の体験、新しい書類のメニュー、カスタマイズ可能なツールバー、ファイルの拡張子の変更、ファイルアプリケーションでのフォルダサイズの確認などの新しい要素や操作により、アプリケーションがさらに有能になります。


リファレンスモードでは、Liquid Retina XDRディスプレイを搭載した12.9インチiPad Proで、レビューや承認、カラーグレーディング、合成といった正確な色味と一貫した画質がきわめて重要なワークフローで色の条件に合わせることができます。つまり、写真家やビデオグラファーのようなプロのユーザーは、あらゆる細部を現実の世界に近く再現するHDRの画像やビデオを手元ですぐに編集でき、撮影現場の撮影監督は最終的な映像を表すカラープロファイルでコンテンツをプレビューできます。


新しいiPad Proの機能をまとめた画像が以下。


なお、新しいiPad Proは記事作成時点で予約受付中で、11インチ・Wi-Fiモデルが税込12万4800円から、11インチ・Wi-Fi+セルラーモデルが税込14万8800円から、12.9インチ・Wi-Fiモデルが税込17万2800円から、12.9インチ・Wi-Fi+セルラーモデルが税込19万6800円からです。また、Magic Keyboardは税込4万4800円です。

◆第10世代iPad
第10世代iPadは……


新しいオールスクリーンデザインに生まれ変わります。これに伴い充電ポートもLightningからUSC-Cポートに変わります。


本体カラ―はブルー・ピンク・イエロー・シルバーの4色


ディスプレイサイズは10.9インチにサイズアップしますが、本体の大きさはほぼ変化なし。


Touch IDがトップボタンと合体しているというのは、iPad Airと同じ仕様です。


SoCはA14 Bionicと採用しており、第9世代iPadのA13 Bionicと比べるとCPUは20%高速になり、Neural Engineは80%も高速になります。


背面のメインカメラは12メガピクセルで、4K動画の撮影も可能。


インカメラはここから……


ここに移動されています。Appleは「横持ちでiPadを使う」という風にユーザーの使い方を変えたいようです。


さらに、新しい専用キーボードのMagic Keyboard Folioも登場。


フルサイズのキーは、運びが1mm。


トラックパッドも搭載しているので……


ピンチ・スクロール・スワイプといった操作も可能。


14個のファンクションキーもあるので、ディスプレイの輝度や音量調節も楽々。


Smart Connectorを使ってiPadと接続するので単体で充電する必要はなし。


スタンド付きなのでゲームプレイや映像を視聴時にも役立ちます。


さらに、傾きや圧力を検知できるApple Pencilにも対応。ただし、Apple Pencilは第1世代にのみ対応しており、iPadの側面にApple Pencilをくっつけて収納することができません。また、第1世代Apple PencilはLightningポートで充電するという仕様のため、第10世代iPadでApple Pencilを充電するにはUSB-C - Apple Pencilアダプタを使用する必要があります。


iPadの特徴をまとめた画像が以下。


なお、第10世代iPadはWi-Fiモデルが税込6万8800円からで、Wi-Fi+セルラーモデルは税込9万2800円から。ストレージサイズは64GBと256GBの2つのみです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがM1チップの次世代版となる「M2」を発表、第2世代5nmテクノロジーでトランジスタ数は200億に到達 - GIGAZINE

iPadをまるでMacのように使えるiPad向けOSの次期メジャー版「iPadOS 16」が発表 - GIGAZINE

ついにM1を搭載した「第5世代iPad Air」速攻フォトレビュー - GIGAZINE

「最もオススメできる」と高評価多数な「第5世代iPad Air」の海外レビューまとめ - GIGAZINE

M1搭載で爆速進化した第5世代iPad Airが登場 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.