ハードウェア

新デザイン&M1チップ搭載で生まれ変わった「iMac」をAppleが発表、超薄型で豊富なカラーバリエーション


2021年4月21日に開催されたAppleの配信イベントの中で、新デザイン&M1チップ搭載で生まれ変わった新型「iMac」が発表されました。

24インチiMac - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/imac-24/

Apple Event — April 20 - YouTube


Apple純正のカスタムチップであるM1は、海外メディアから絶賛の嵐を受けるほど優れた性能を有しています。そんなM1チップを採用することで、すべてのMacが完全に別格の製品に変わるとクックCEO。


M1チップにより、MacBook Air・MacBook Pro・Mac miniが生まれ変わりました。


そんなM1チップの可能性をさらに推し進めるとして……


M1搭載iMacが発表されました。


カラーは7色


これまでも十分薄かったiMacがさらに薄くなります。側面の薄さはなんと11.5mm。


前面と背面のどちらもカラフルなデザイン。


「私たちが求めたのは軽やかで楽観的な雰囲気」


「1枚のガラスで表面全体を覆っています」


「iMacはあなたの環境に溶け込みます」


背面は前面よりも大胆で彩り豊かな色合い。


というわけで、歴代iMacの進化の歴史が示されました。Appleは「コンピューターを見えなくする」というビジョンのもとMacの薄型化を進めてきましたが、M1チップの登場によりロジックボードの小型化&電力効率の向上による熱管理システムの小型化に成功。これが新型iMacが驚愕の薄さを実現した秘密です。なお、静音性も高く、通常の使用では動作音が10デシベル未満となり、人間の耳にはほとんど聞こえなくなります。新型iMacは前モデルと比べて体積を50%以上削減することに成功。


新型iMacはiMac史上最高のディスプレイを搭載しており、外枠を狭くすることで従来よりもかなり大きなディスプレイを実現しています。なお、ディスプレイサイズは24インチです。解像度は4480×2520ピクセルの4.5K。P3の広色域と10億以上の色、500ニトの輝度によりとても明るく鮮やかなディスプレイになっています。iPhoneではおなじみのTrue Toneテクノロジーを採用しており、周囲の状況が変わると自動で色温度を調整してくれます。


iMacのカメラとマイク、スピーカーが新しいものに進化。


インカメラは1080pのFaceTime HDカメラとなり、従来比で2倍の解像度でビデオ通話が可能になります。


Appleの最新の画像信号プロセッサであるISPを搭載しているM1チップとカメラを連携させることで、画質をさらに向上させることも可能に。FaceTime HDカメラ使用時にISPがそれぞれのピクセルを分析・向上させてくれます。この処理は毎秒1兆を超える演算処理であるとのこと。


M1のNeural Engineと連携することで、露光やホワイトバランスの調整がより賢く行えるようになります。これにより常に適切な明るさに調整可能。また、高度なノイズ低減アルゴリズムを活用することでビデオに新たなレベルの鮮明さをもたらすこともできます。


トーンマッピングを活用することでダイナミックレンジを強化し、明るいハイライトと暗いシャドウをさらに細部にまで表現可能です。


つまり、Mac史上最高のカメラに仕上がっているというわけ。


さらに、iMacに3マイクアレイを搭載することで通話時の声が大きくはっきり聞こえるようになっています。加えて、大きく正確な音が伝えられるようにフォースキャンセリングウーファーを2組搭載した、すばらしい低音域レスポンスを実現した6スピーカーシステムも搭載しており、これまで以上に重厚な音が楽しめるようになっています。


スピーカーにおけるイノベーションと高度なアルゴリズムを組み合わせることで、iMacはビデオをドルビーアトモスで再生する際に空間オーディオに対応することも可能。


M1チップを採用したことで、起動も爆速。アプリケーションの立ち上がりもサクサク。動作も快適でSafariでは一度に数百のタブを開くこともできます。


さらに、iMacではゲーム体験がこれまで以上に素晴らしいものに進化します。


M1チップのおかげでゲームをしながらZoom会議に参加することも可能とのこと。


XcodeやLightroomやiMovieといったアプリケーションでのCPUパフォーマンスが前世代の21.5インチiMacと比較して最大85%高速になります。


さらに、GPUパフォーマンスはAffinity PhotoやPhotoshopといった特定のアプリケーションで、前世代のiMacと比べて最大2倍高速に。そして、全体で見てもディスクリートグラフィックスにより最大50%も高速になっています。


M1の16コアNeural Engineを活用するアプリケーションでは3倍高速化しました。


「Sky 星を紡ぐ子どもたち」のようなゲームでは、キーボードをコントローラー代わりにしてプレイすることも可能。


USB-Cポートを4つ搭載しており、そのうち2つがThunderboltポートです。


Pro Display XDRのようなディスプレイに出力することも可能。


電源コネクタは磁石で取り付けられます。


ケーブルは編み込み式で、長さは2メートル。


アダプタはこんな感じ


そして、キーボードについて。


コンパクトになったMagic Keyboardには……


Touch IDも搭載されています。


キーボードはワイヤレスですが、キーボード内のセキュアプロセッサによってTouch IDも利用可能になりました。


Magic Mouseもカラフルに。


さらに、Magic Trackpadもあります。


iMacのパッケージはこんな感じ。


もちろん環境にも配慮。


8コアCPU・7コアGPU・メモリ8GB・256GB SSD・Thunderboltポート2つ搭載のモデルにMagic Keyboardがついて1299ドル(日本では税込15万4800円)。


8コアCPU・8コアGPU・メモリ8GB・256GB SSD・Thunderboltポート2つ・USBポート3つ・TouchID付きMagic Keyboardとイーサネット対応モデルで1499ドル(税込17万7800円)。


4月30日から予約受け付け開始で、5月後半から販売開始となります。


配信イベントの中で流れたiMacの特徴をまとめたムービーが以下。

Say hello to the new iMac | Apple - YouTube


なお、クックCEOもカラフルに生まれ変わったiMacをアピールするツイートを投稿しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
M1搭載のiPad Pro&iMacに落とし物トラッカーのAirTagなど新製品が多数発表されたAppleの配信イベントまとめ - GIGAZINE

まさかの「iPhone 12」に新色のパープルが登場 - GIGAZINE

Apple純正の落とし物トラッカー「AirTag」が登場、4個セットで税込1万2800円 - GIGAZINE

Appleが4年ぶりに新型Apple TVを発表 - GIGAZINE

M1チップ搭載の新型「iPad Pro」が登場、iPadはさらなる高みへ - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.