ネットサービス

TikTokの「動画の平均再生時間」がついにYouTubeを超える

by Solen Feyissa

動画共有アプリの「TikTok」はこれまで「ユーザーがアプリに費やす時間が比較的少ない」と指摘されてきましたが、新たな調査結果で、アメリカとイギリスにおいて「1ユーザーあたりの平均動画再生時間」がYouTubeを超えたことが判明しました。

TikTok passes Youtube for average watch time in UK and US
https://www.nme.com/news/music/tiktok-passes-youtube-for-average-watch-time-in-uk-and-us-3038483

TikTokはここ数年でユーザー数を急増させており、2021年8月11日には、長年トップだったFacebookを追い抜いて「世界で最もダウンロードされたアプリ」になったことが報じられました。

ついにTikTokがFacebookを抜いて「世界で最もダウンロードされたアプリ」に - GIGAZINE


アプリ調査会社であるApp Annieの新たなレポートによると、アメリカとイギリスにおいて、TikTokの「1ユーザーあたりの平均動画再生時間」がYouTubeを超えたとのこと。

YouTubeの月間ユーザー数は推定20億人であり、TikTokのユーザー数は7億人のため、アプリ全体の平均動画再生時間でみるとYouTubeの方が多くなります。一方、「1ユーザーあたり」に換算すると平均動画再生時間はTikTokの方が長くなるため、マーケティング会社Enders Analysisのジェイミー・マクユーアン氏は「YouTubeの視聴者数が多いということは、ライト層のユーザーが増えているということを意味します。『オンラインにいる人すべてが使っている』というだけです」とBBCに対してコメントしました。ただし、YouTubeが最も注力している一部のユーザーについては、TikTokのエンゲージメントを超えているとマクユーアン氏はみています。

これまで、TikTokはYouTubeやFacebookといった他のソーシャルメディアに比べて「ユーザーがアプリに費やす時間が少ない」という点が指摘されてきたため、この調査結果はTikTokの大きな変化を意味します。


加えて、App Annieは別の調査によって「ライブストリーミング機能がついているアプリはクリエイターがお金を費やしやすい」ということも突き止めています。TikTokやInstagramなどライブストリーミング機能がついたアプリは、2021年上半期の「トップアプリ上位25個」においてクリエイターが費やした金額全体のうち、4分の3以上の金額を占めたとのことです。このことからApp Annieは、ライブストリーミング機能がアプリのエンゲージメントを増やし、消費者の支出を促すとみています。

ただし、上記の調査における「アプリに費やした時間」はAndroid端末のみを対象として調べられており、TikTokの中国版「Douyin」のデータを含まないとのことです。

なお、TikTokはユーザー数の増加に伴い、表示される広告枠の価格も上がっており、最も価値の高い広告枠は2021年中に2億円を突破する見込みとなっています。

TikTokの人気広告枠を使うには2億円以上が必要になる見込み | GIGAZINE.BIZ

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Facebookは中高年男性のSNS」「若者向けのTikTokになぜか40代男性が多い」など日本のSNSの統計データを可視化するとこうなる - GIGAZINE

TikTokの親会社が世界3位のVR企業「Pico」を買収してVR業界に進出 - GIGAZINE

TikTokが2020年下半期に削除した動画は約9000万本で全投稿の1%未満 - GIGAZINE

TikTokがティーンエイジャーを守るための取り組みを強化、プッシュ通知受信可能時間の制限など - GIGAZINE

なぜMicrosoftはTikTokを買収しようとするのか? - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.