ネットサービス

Instagramが「嫌なDM」をフィルタリングする新機能を発表、ブロックした人の新アカウントを先回りしてブロックする機能も


Instagramが2021年4月21日に、不愉快な言葉やフレーズ、絵文字が含まれたダイレクトメッセージ(DM)を自動的に除去する新機能と、ブロックした人が作った新アカウントをあらかじめブロックできる機能を発表しました。

Introducing new tools to protect our community from abuse | Instagram Blog
https://about.instagram.com/blog/announcements/introducing-new-tools-to-protect-our-community-from-abuse

Instagramは4月21日に、「Instagramでの不正利用を防止する新しいツールを発表しました。近日中に攻撃的なDMを隠しフォルダへとフィルタリングして、見なくても済むようにします。また、ブロックした相手が新しいアカウントを作って再度連絡してくるのも難しくします」とTwitterに投稿しました。


Instagramによると、DMは個人的なやりとりなので、Instagram上で公開されているコンテンツとは異なりヘイトスピーチやいじめが積極的に追跡されることはないとのこと。とはいえ、Instagramのユーザー、特にフォロワーが多い人の受信ボックスには自分がフォローしてもいない人から大量のDMが届き、その中には嫌がらせを含むものも存在しています。

そこでInstagramは、不愉快なDMをあらかじめフィルタリングできる「DMリクエストフィルター」を新しく追加しました。プライバシー設定からこの機能を有効にすると、不快な単語、フレーズ、絵文字を含むDMがカバーされた状態で表示されるため、当該DMをタップして非表示状態を解除しない限り、内容が目に入ることはなくなるとのこと。フィルターには、Instagramが主要な反差別団体やいじめ防止団体と協力して作成した単語のリストがあらかじめ登録されていますが、フィルタリングしたい単語などを自分で追加することも可能になっています。


この新機能は、今後数週間以内に複数の地域で提供が開始され、数カ月以内に利用可能な地域が拡大されるとのこと。日本でも提供されるのかどうかや、その時期については、記事作成時点では不明です。

Instagramはさらに、一度ブロックした相手が新しいアカウントで再度メッセージを送ってくるのを防止する機能も発表しました。この機能では、誰かのアカウントをブロックすると、その人が新たに作成した可能性があるアカウントを先回りしてブロックすることができるとのこと。この機能は、今後数週間以内にグローバル展開される予定ですが、前述のフィルタリング機能と同様にサービスが提供される具体的な地域は不明です。

Instagramは発表の中で「私たちには、他にもやれることがまだまだ残っています。私たちは、いじめやネット上の不適切な行為との戦いを続けて行くことを約束します。今後も、専門家・業界団体・10代の若者・クリエイター・有名人たちと協力して、彼らがInstagramで経験したことをよく理解し、オンラインでの不正から彼らを守るべく、どのようにポリシーやサービスを進化させていけばいいかを考えていきます」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「13歳未満の子ども向けInstagram」は専門家にどのように評価されているのか? - GIGAZINE

Instagramの「いいね!」数の非表示を選択制にするテストが始まる - GIGAZINE

Instagramが4人同時でインスタライブできる「Live Rooms」を発表 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.