ネットサービス

Twitterが不快な「クソリプ」や迷惑なユーザーをあらかじめブロックする新機能について意見を募集中


Twitterが2021年9月25日に、不快な言葉が含まれたコンテンツや、そうした投稿をする可能性があるユーザーを回避する新機能の素案を発表し、ユーザーからのフィードバックを募っています。

Twitter's Testing More Options to Help Users Avoid Negative Interactions in the App | Social Media Today
https://www.socialmediatoday.com/news/twitters-testing-more-options-to-help-users-avoid-negative-interactions-in/607179/

Twitterでデザイナーを務めるPaula Barcante氏がTwitterに「有害な可能性のあるコンテンツや、そのようなコンテンツを作成するおそれのある人を、あなたのリプライから遠ざけられるようにする「フィルター(Filter)」と「リミット(Limit)」という新しいコントロール機能を検討しています」とツイートしました。

We’re exploring new controls called “Filter” and “Limit” that could help you keep potentially harmful content — and people who might create that content — away from your replies. These are early ideas, so we'd love your feedback ???????????? pic.twitter.com/nInOMQz7WK

— Paula Barcante (@paulabarcante)


Barcante氏によると、「フィルター」は有害なリプライを投稿した本人以外には見えないようにする機能とのこと。「フィルター」が設定されたツイートにリプライしようとすると、「リプライフィルターがオンになっています。あなたのリプライを確実に見てもらうためには、人として最低限のマナーを心がけて、攻撃的で有害な言葉を避けてください」という警告メッセージが表示されます。

✨ If you have Filter on, potentially harmful replies to your Tweet wouldn’t be shown to you or anyone else. People who open your Tweet would see a message reminding them to avoid offensive and harmful language. pic.twitter.com/0kjTUNtmPO

— Paula Barcante (@paulabarcante)


また、自分のリプライが「フィルター」に引っかかってしまうと、以下のように自分にしか見えていない旨が表示されます。当然ながら、リプライの元となったツイートを投稿したユーザーや他のユーザーからは見えなくなります。


「リミット」は、上記のような投稿をしがちなユーザーからのリプライを防ぐ機能。この設定をオンにすると、最近ルール違反や迷惑行為を繰り返したアカウントが自分のツイートにリプライできなくなります。

✨ If an account with a recent pattern of rule-breaking or potentially harmful behavior tried replying to your Tweet while you have Limit on, this is an example of what they would see. Being civil and respectful, even when disagreeing and debating, has its perks! pic.twitter.com/PhFBRh46mA

— Paula Barcante (@paulabarcante)


「フィルター」や「リミット」は、やりとりがヒートアップして不愉快な言葉の応酬になるのを未然に防ぐことを狙った機能なので、単なる意見の相違や健全な議論、真っ当な批判は対象になりません。しかし、何が有害なリプライに該当するかの判断は自動的に行われるため精度には限界があります。そこで、ユーザーがフィルタリングやブロックの対象となったリプライやアカウントを確認して、制限を解除するオプションも検討されているとのことです


この件を取り上げたSNS専門ニュースメディアのSocial Media Todayは、「これまでTwitterでは、ユーザー各自が不快なリプライを見ないように設定できるだけでしたが、今回の『フィルター』機能は他のユーザーからも完全に見えなくすることができます。しかし、この機能には政治家や企業がネガティブな意見を封殺するために使うといった悪用の可能性もあります」と指摘しました。

Barcante氏は「これらのコンセプトについてどう思われますか? これらはまだ初期のアイデアなので、ぜひご意見をお聞かせください」と述べて、Twitterユーザーに意見を求めました。

How do these concepts sound to you?

We’re hopeful that these optional controls — and others we’ll explore in the future — can help you customize your Twitter experience to fit your preferences ????

— Paula Barcante (@paulabarcante)

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが「読んでいる途中のツイートがタイムラインの更新で消え去ってしまう問題」を修正すると発表 - GIGAZINE

Twitterが同じ興味関心を持った人同士がやり取りできる新しい「コミュニティ」機能のテストを開始 - GIGAZINE

Twitterがタイムライン上のサムネイルを巨大化する機能をテスト中 - GIGAZINE

Twitterの公式アカウント「@Twitter」の「中の人」が語るアカウント運用テクニックとは? - GIGAZINE

Twitterが猛烈な反発を食らったUIデザイン変更の一部を修正、紛らわしいフォローボタンはそのまま - GIGAZINE

Twitter公式アプリ「TweetDeck」が新デザイン&新機能を発表したので実際に使ってみた - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.