ゲーム

プレイした人が「二度と遊びたくない」とつぶやく「友情破壊ゲーム」の元祖「ディプロマシー」とは?

by Maxime Bonzi

最古のRPGとされる「ダンジョン&ドラゴンズ」、現代ボードゲームの先駆けとされる「カタンの開拓者たち」、世界初のトレーディングカードゲームである「マジック:ザ・ギャザリング」など、ボードゲームの歴史にはエポックメイキングとなるようなゲームが多く存在します。そんな中でも特に歴史のあるボードゲームの1つである「ディプロマシー」について、海外のニュースサイト・Grantlandが解説しています。

» The Board Game of the Alpha Nerds
http://grantland.com/features/diplomacy-the-board-game-of-the-alpha-nerds/


「ディプロマシー」は第一次世界大戦時のヨーロッパが舞台のボードゲームで、プレイヤーはイギリス・ドイツ・ロシア・トルコ・オーストリア・イタリア・フランスというヨーロッパの列強7国になり、56の陸地と19の海域に分割されたボードを奪い合うというゲームです。1回のプレイ時間は4時間以上と、非常に時間がかかるゲームとしても有名です。

by Tom Hilton

「ディプロマシー」は英語で「外交」という意味で、プレイヤーはサイコロやカードなどではなく、外交交渉のみでゲームを進めていくのが特徴。つまり運の要素は一切なく、純粋にプレイヤーの交渉能力がものをいうゲームとなっています。プレイ時間は非常に長く、プレイヤーがお互いを裏切りまくる前提のゲームであることから、「ディプロマシー」は「友情破壊ゲーム」とも呼ばれます。

また、プレイヤーは手番を交代して進めていくのではなく、自分の動きを紙に書き留めて箱に入れ、この紙を読み上げながらボード上ですべてのコマが同時に動いていきます。そのため、実際のボード上だけではなく、郵便やメールをやりとりすることでプレイすることも可能です。


ディプロマシーは、ハーバード大学法学部の学生だったアラン・カラマーが1954年に開発しました。カルマーは1959年に自己資金で「ディプロマシー」を売り出し、ニューヨーク周辺のおもちゃ屋で販売しました。このゲームが1961年にGames Researchという小さなゲームパブリッシャーに取り上げられたことで、「ディプロマシー」は非常によく知られるゲームとなりました。

1964年に、「ディプロマシー」の大ファンでアマチュアSF同人誌の編集者だったジョン・ボードマンが、「ディプロマシー」を手紙のやりとりで行うことを考案し、自身のSF同人誌に「ディプロマシー」のプレイを呼びかける広告を掲載しました。いわば原始的なネットワークプレイともいえるこの方法は「ディプロマシー」の人気に火をつけることとなりました。

by Nacho Facello

また、「ディプロマシー」をあくまでも対面ゲームとしてプレイしたいという人たちは、自分の家の裏庭で集まって非公式な大会を開きました。この非公式大会は少しずつ大きくなり、やがて大学のキャンパスで定期的に開催される「DipCon」と呼ばれるイベントに成長しました。

1976年、「ディプロマシー」の権利は、戦略ボードゲームとウォーゲームの出版社として知られるAvalon Hillに購入されました。Avalon Hillは「Origins」というゲーム関連のイベントを開いており、このOrginsにDipConを招へい。結果としておよそ230人のプレイヤーが「ディプロマシー」を遊ぶために集まったそうです。

アメリカで生まれた「ディプロマシー」ですが、その後イギリスでも人気が急上昇。「ディプロマシー」のプレイ層は主に「SF同人誌の編集者とその読者」というコミュニティに集中しており、郵便によるやり取りでプレイする者が多かったことから、アメリカ国内にとどまらず海外との交流も盛んに行われました。

1988年には、史上初の世界大会である「World DipCon」がイギリスのバーミンガムで開催されました。このWorld DipConは現代でも10カ国が参加し、優勝者は世界チャンピオンとして世界中の「ディプロマシー」ファンから称賛されています。

そんな「ディプロマシー」の問題点は、新規プレイヤーがなかなか増えないということ。「友情破壊ゲーム」とまで呼ばれる「ディプロマシー」は、プレイヤー同士が直接対立しなければならない点で戦術的要素が強く、同じように会話を中心に進めていくテーブルトークRPGのプレイヤーからは敬遠されがちだそうです。

2020年のWorld DipConに参加した女子大生のショバン・ノーレンさんは、父親の影響で「ディプロマシー」にはまったそうです。13歳から「ディプロマシー」をプレイしているというノーレンさんは「『ディプロマシー』はある意味ボードゲームの元祖というような存在で、非常に知的な人を引きつけるゲームです。また、『ディプロマシー』は内向的な人にはむいていません。このゲームは会話が好きな人を引きつけますが、話すことが苦手な人だとすぐに負けてしまいます」と語りました。

by COD Newsroom

ノーレンさんは「ディプロマシー」のコミュニティが偏っていることから、女性プレイヤーを増やそうと努力しているそうですが、難航していると述べています。一度、ノーレンさんは自分の親友を「ディプロマシー」のイベントに連れて行きましたが、あまりにもギスギスするゲーム性のせいで、イベント後の親友は「もう二度と遊びたくない……二度と……」としかつぶやかなかったそうです。「ディプロマシー」を長年遊んでいるというデイブ・マレツキーさんは「新しいプレイヤーを『ディプロマシー』に参加させることは簡単ですが、再び遊んでもらうのは非常に難しいものがあります」と述べました。

なお、「ディプロマシー」はAmazon.co.jpでも取り扱われており、記事作成時点で税込5750円で購入可能です。

Amazon | ディプロマシー | ボードゲーム | おもちゃ

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「カタン」や「パンデミック」など世界中の人を魅了する人気ボードゲームのデザイナーを追いかけたドキュメンタリー「Gamemaster」予告編 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症の流行でボードゲームやパズルなどの娯楽商品の需要が増えている - GIGAZINE

150万回以上再生された「ひとりぼっちでもオセロの対戦相手になってくれるロボットアーム」がすごい - GIGAZINE

世界最初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」はなぜ2018年に歴代最高の売上を記録できたのか? - GIGAZINE

ボードゲームを禁止された刑務所で囚人はどうやってチェスをプレイしているのか? - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.