ゲーム

世界最初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」はなぜ2018年に歴代最高の売上を記録できたのか?

by Ade McOran-Campbell

1974年に制作・販売された「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は世界で最初のロールプレイングゲーム(RPG)として知られていて、アメリカだけではなく世界各国で広くプレイされています。そんな「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が2017年に歴代最高の売上を記録、2018年の売上はさらにその記録を上回るとのこと。なぜ販売から44年経ってもなお「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が盛り上がりをみせているのか、その理由を海外メディアのInlanderがまとめています。

The unlikely resurgence of Dungeons & Dragons makes its way to the Inland Northwest | Arts & Culture | The Pacific Northwest Inlander
https://www.inlander.com/spokane/Content?oid=15615918


「ダンジョンズ&ドラゴンズ」はゲーム機などのコンピューターを使わず、ルールブックと紙、鉛筆、サイコロなどを使って会話をしながら遊ぶテーブルトークRPGです。ゲイリー・ガイギャックス氏とデイヴ・アーンソン氏によってデザインされ、1974年にアメリカのTactical Studies Rulesによって販売されました。Tactical Studies Rulesは1997年に買収され、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は2018年時点ではアメリカの大手玩具メーカーであるハズブロの子会社Wizards of the Coastから販売されています。

by luccacomicsandgames

Wizards of the Coastのコミュニケーションマネージャーを務めるGreg Tito氏は「特定の販売情報を共有することはできませんが、2017年は『ダンジョンズ&ドラゴンズ』にとって記録的な年であり、2018年はそれをさらに上回ります」と語っています。Tito氏によると、2018年のベストセラーの中には「プレイヤーズ・ハンドブック」や「スターター・セット」など、新規プレイヤー向けの入門製品も含まれたとのこと。このことから、Tito氏は「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のプレイヤー人口はますます増える傾向にあると予測しています。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の売上更新には、ボードゲームやトレーディングカードゲームを含むアナログゲーム業界全体の盛況が反映されているとInlanderは分析しています。アメリカのオタク文化市場追跡会社のInternal Correspondenceによると、アナログゲームの売上は2017年にアメリカとカナダで合わせて15億ドル(約1600億円)を突破し、前年比で8%の増加を見せているとのこと。Internal Correspondenceの今後の予測では、世界のボードゲーム市場は2018年から2022年の間に23%の成長率を見せると予測され、しばらくはボードゲーム市場の拡大が続くとみられています。

「ダンジョンズ&ドラゴンズ」は40周年を迎えた2014年にゲームシステムが見直され、シンプルで合理的なルールに改めた第5版が2014年7月に発表されました。これによって昔から「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に慣れ親しんだ大人だけではなく、全くプレイしたことがない子どもでも気軽に始められるようになったことも「ダンジョンズ&ドラゴンズ」復活の大きなきっかけになったとInlanderはみています。


加えて「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が再興をみせているのは、NetFlixで公開されている人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が登場したことも影響しているとInlanderは主張しています。「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は1980年代を舞台としたドラマで、超自然的ホラーを描いたSFミステリー作品で、第1シーズンでは主人公と「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のモンスターであるデモゴルゴンの戦いが描かれました。

by Nathan Rupert

また、TwitchやYouTubeなどでゲーム実況配信が盛り上がりを見せているように、「ダンジョンズ&ドラゴンズ」もまたインターネット配信で人気を獲得していることもファン層が増えている要因の1つとInlanderは指摘しています。Wizards of the CoastはTwitchとYouTubeで、プロの声優8人による「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のセッションを毎週ライブストリーミングするネット配信番組「Critical Role」を公開しています。毎回3~4時間30分ほどのボリュームであるにも関わらず、2018年1月に始まった「Critical Role」第2シーズンのエピソード1は合計300万回以上の再生数を記録しているとのこと。

「Critical Role」がきっかけで「ダンジョンズ&ドラゴンズ」にはまったという26歳のJosh Adrian氏は、73歳の祖母を含む家族3世代で「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をプレイしているそうです。


「『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は、地下室でオタクがプレイするゲーム以上のものになっています。『ダンジョンズ&ドラゴンズ』は老若男女を問わずあらゆる人々がプレイでき、テーブルの上でプレイヤーが自由に選択し即興を演じることを可能にするゲームです」とAdrian氏。また、Adrian氏の妹であるKayla氏は「『ダンジョンズ&ドラゴンズ』の人気が再び高まっているのは、一緒にビデオゲームを遊んだりオンラインで話したりするのと同じ感覚で時間を過ごせるからだと思います」と語っていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
世界中でいまだにプレイされる世界最古のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」 - GIGAZINE

世界初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の作者が残した未公開作品をビデオゲームでよみがえらせるプロジェクトがスタート - GIGAZINE

サイコロが手に入らない刑務所で囚人はどうやってテーブルトークRPGを楽しんでいるのか? - GIGAZINE

世界最古のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の終わらない物語 - GIGAZINE

RPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が殺人・レイプ・自殺の元凶であるという社会パニックを呼んだ経緯とは? - GIGAZINE

無料でコンピューターゲームの夜明け時代を支えた人々の半生を知ることができる「ダンジョンズ&ドリーマーズ ネットゲームコミュニティの誕生」 - GIGAZINE

紀元前から現代まで続く「ボードゲーム」の歴史、爆発的人気の理由とは? - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.