レビュー

PlayStation 5と同時発売の「デモンズソウル」「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」プレイレビュー、4K解像度の超高画質で次世代のゲーム体験を堪能してみた


2020年11月12日に発売されたソニーの次世代家庭用ゲーム機「PlayStation 5」向けのゲームは、プリインストールされている「ASTRO's PLAYROOM」を含めた20作品が、ローンチタイトルとして本体と同時にリリースされています。PlayStation 5のグラフィック性能を発揮できるタイトルとして期待されるローンチタイトルのうち、「デモンズソウル」と「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」を実際にプレイしてみました。

PlayStation®5 | Play Has No Limits | PlayStation
https://www.playstation.com/ja-jp/ps5/

フロム・ソフトウェアSIEジャパンスタジオの共同開発タイトルで、2009年にPlayStation 3専用タイトルとしてリリースされた「デモンズソウル」は、PlayStation 5専用タイトルとして、ブルーポイントゲームによってリメイク版が開発されました。リメイクによって4K解像度でプレイできるようになったほか、ゲームプレイを重視した「パフォーマンスモード」とグラフィック重視の「シネマティックモード」を選択できます。

Demon's Souls
https://www.playstation.com/ja-jp/games/demons-souls/

今回はダウンロード版を購入。ゲーム容量はおよそ66GBです。


ゲームを起動した時に表示されるロード画面のグラフィックは、PlayStation 3時代から圧倒的に進化しています。


起動したらゲームを始める前に、HDRの調整を行います


ムービーがスタート。まるで映画のような美麗なグラフィックと迫力。


水たまりに落ちた剣を拾うシーンで、水しぶきのグラフィックがめちゃくちゃリアル。


破壊されて崩壊する城の破片や、もうもうと舞い上がる土ほこりもすさまじい迫力。


ムービーが終わったらキャラクター作成。


目鼻立ちも細かく設定できるのは、ソウルシリーズでおなじみ。ただし、表示されるキャラクターのモデルはPlayStation 3時代よりも明らかにキレイでなめらかな印象。


そしてゲームが始まります。石でできたトンネルからこぼれる日の光の淡さの表現は、さすがPlayStation 5といった感じ。


暗い場所は明暗がくっきり。炎や剣から飛び出た火花で照らされる石壁のディテールもはっきり見えます。


カメラがすばやく動いても、グラフィックはくずれません。


ソウルシリーズおなじみのバックスタブを決めるところ。


そして、庭の中央に見つけた要石に触れると……


「見捨てられた居留地」にたどり着きました。


PlayStation 5版のデモンズソウルでは、グラフィックはもちろんのこと、ロード時間も爆速化しています。以下のムービーは実際にデモンズソウルをプレイしたところで、最後に敵にやられて死んだあと、再び復活地点に戻される場面を見ることができます。死んでから復活地点に戻されるまでわずか数秒でロードが終わり、サクサクと次のプレイに移ることができます。

グラフィックとロード時間が進化したPlayStation 5「デモンズソウル」をプレイしてみた - YouTube


また、パフォーマンスモードとシネマティックモードはゲーム中に切り替えることが可能。実際に切り替えてみたところが以下のムービーで、画質の違いはわずかにしか差はありませんが、パフォーマンスモードの方がややプレイヤーがくっきり浮いて見えるイメージで、シネマティックモードの方がプレイヤーと背景の親和性が高い印象。一方で、シネマティックモードはパフォーマンスモードよりも動きがややもっさりしている感触を受けました。

PlayStation 5「デモンズソウル」のパフォーマンスモードとシネマティックモードを比較 - YouTube


デモンズソウルをはじめとするソウルシリーズは非常に難度が高いことで知られており、ゲーム中にヒントが用意されていないどころか、壁に隠れて敵が不意打ちを仕掛けてきたり、予告なしにどでかい鉄球が転がってきたりと、プレイヤーを苦しめるギミックが満載。しかし、プレイが行き詰まっても、ホームボタンを押すことでゲームの目標や攻略のヒントをムービーで教えてくれる機能が実装されています。実際にホームボタンを押して攻略や実績を確認するところが以下のムービー。

PlayStation 5「デモンズソウル」の目標やヒント、実績をPSボタンを押してホーム画面から確認するところ - YouTube


ダークソウルシリーズはリマスターが発売されていますが、デモンズソウルをプレイするためにはPlayStation 3を稼働させる必要がありました。しかし、PlayStation 5向けにリメイクされたことで、グラフィックが劇的に進化した上にローディングも爆速化し、初めてデモンズソウルをプレイする人だけではなく、過去にデモンズソウルをプレイしたことがある人も新鮮な気持ちでプレイできるのでおすすめ。ただし、ゲーム自体の難度はやはり高めなので、クリアを目指すには根気が求められそう。


次に、「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」をプレイしてみました。デビル メイ クライ 5 スペシャルエディションはカプコンの「デビル メイ クライ」シリーズの5作目で、2019年にPlayStation 4・Xbox One・Steam向けにリリースされました。今作はPlayStation 5・Xbox Series X向けにリリースされたバージョンで、次世代ゲーム機に対応してグラフィックが強化され、レイトレーシングやハイフレームレートモードをオンにできるようになりました。

Devil May Cry 5 Special Edition | CAPCOM
https://www.capcom.co.jp/devilmaycry/5se/

今回はダウンロード版を購入。容量は約42.5GBです。


ゲームを起動すると、最初にモニターの設定をゲームモードにすることをおすすめされました。


続いて明るさの調整。


ゲームモードの設定。チュートリアル表示のオン・オフ、ストーリーの自動遷移機能のオン・オフ、ターボモードのオン・オフを選べます。ターボモードにするとレイトレーシングが自動で無効になるため、今回はオフに設定。


次にグラフィックの設定。ハイフレームレートモードは解像度を1080p(HD)に落とす代わりに、ゲームのフレームレートを最高120fpsにすることが可能。ただし、使用しているモニターのリフレッシュレートが120fpsに対応していなかったため、残念ながら自動的に無効に。


というわけで今回はレイトレーシングモードでプレイ。レイトレーシングモードで選択できるのは、「レイトレーシング無効」と……


4K・30fpsのレイトレーシング(解像度優先)


目標1080p・60fpsのレイトレーシング(フレームレート優先)。ただし、グラフィック設定はゲーム中に変更できないので、レイトレーシングモードを切り替えたい場合は一度ゲームを終了してトップメニューから設定する必要があります。


ゲームモードは「DEVIL HUNTER」を選択。


なお、悪魔が大量にでる「LEGENDARY DARK KNIGHT」は上級者向けで、レイトレーシングも自動的に無効になるとのこと。


カプコンのデータ共有に関するアンケートが表示されます。今回は「いいえ」を選択。


というわけでゲームスタート。地方都市レッドグレイブに魔界樹クリフォトが突如出現。


続々と集まるデビルハンターたち。1作目から登場するダンテや……


4作目の主人公であるネロ


謎の男Vが集合。


デビル メイ クライシリーズのアクションは「剣」と「銃」が基本。迫り来る敵を剣で切ったり……


銃をぶっ放したりして倒します。連続攻撃が決まり、コンボ数が増えていくと「スタイリッシュランク」が上がっていき、アビリティ強化やスキル獲得に使えるレッドオーブの獲得数が増えていくというのが、デビル メイ クライシリーズ特有のシステム。


実際にデビル メイ クライ 5 スペシャルエディションを、レイトレーシング無効でプレイしたところを以下のムービーで見ることができます。

PlayStation 5「デビル メイ クライ 5 スペシャルエディション」を レイトレーシング無効でプレイ - YouTube


レイトレーシングの有無の差がわかりやすく表われるのが、水面です。レイトレーシング無効だと、水面には明かりで投影されるネロの影のみが映ります。


そして、レイトレーシング(解像度優先)を有効にしてプレイしたところが以下。ゲーム開始は37秒頃から始まります。あまりにもロードが爆速過ぎて、すでにゲームのロードが終わっていることに気づかず、逆に待ってしまう場面も。

PlayStation 5「デビル メイ クライ 5」を レイトレーシング(解像度優先)オンでプレイ - YouTube


レイトレーシングを有効化することで、まるで鏡のように、水面にネロの姿が映っているのがわかります。


そして、レイトレーシング(フレームレート優先)をオンにした場合のプレイムービーが以下から見ることができます。

PlayStation 5「デビル メイ クライ 5」をレイトレーシング(フレームレート優先)オンでプレイ - YouTube


レイトレーシング(フレームレート優先)でも水面にネロの姿が映り込んでいます。解像度優先の方がフレームレート優先よりもグラフィックは上がるはずですが、デビル メイ クライ 5のようなスピードの速いアクションではわかりづらい程度の差で、プレイする分にはどちらを選んでも問題はなさそうです。


4K解像度&レイトレーシング有効でのゲームプレイは、かなり高性能なゲーミングPCでなければ難しいものがありますが、対応しているソフトであれば、PlayStation 5だと簡単に体験できます。最初は「4K解像度なんてなくても十分遊べるし問題ないのでは?」と考えていましたが、実際に次世代ゲーム機を体験すると、進化したグラフィック性能によって可能になった表現や、爆速化したローディングによるストレスフリーさは大きな魅力だと感じました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ソニーの次世代ゲーム機「PlayStation 5」がついに発売、周辺機器と一緒に開封してみた - GIGAZINE

「PlayStation 5(PS5)」の爆速動作の秘密を探るべく本体をバラバラに分解してみた - GIGAZINE

「PlayStation 5」を実際に遊んでみたレビュー、4K HDRの美麗グラフィック&DualSenseのリアルな振動を楽しめる - GIGAZINE

Microsoftの次世代機「Xbox Series X」開封の儀、4K・120FPSを可能にする黒い直方体をじっくり観察してみた - GIGAZINE

4K HDR映像を120Hz出力可能な次世代ゲーム機「Xbox Series X」プレイレビュー、高い静音性とシンプルで軽やかなUIが魅力 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.