動画

パケットの流れが光って見えるLANケーブルでICMPの流れが見られるムービー


通信パケットの種類と方向に合わせて、まるでケーブル内を光るパケットが流れているかのように見せるLANケーブル「イルミパケット」を使って、プロトコルの1つであるインターネット制御通知プロトコル(ICMP)の流れを見ることができるムービーがasoさんによって公開されています。

パケットが光るLANケーブルで【ICMP】を観てみよう! - YouTube



画面右下にいるLAN姉ちゃんがムービーを解説してくれます。


ICMPは通信機能を階層構造に分割したOSI参照モデルの第3層、ネットワーク層に属しており、インターネットの制御メッセージ送信に使用されるプロトコル。イルミパケットの光の色と各プロトコルの対応は以下の通りで、ICMPはピンク色です。


コマンドプロンプトのpingコマンドで使用されるのもICMPプロトコル。pingコマンドによって宛先IPアドレスにICMPメッセージが送信されます。


例えばGoogle Public DNSのIPアドレス「8.8.8.8」から応答が返ってくれば、端末がインターネットに接続されているということ。ムービー中では「PC1」と「ルータ」間をピンク色のライトが1秒に1回往復して通信しているのがわかります。


インターネット未接続状態だと、PC1からルータへのICMPメッセージは一方通行のまま。ピンク色のライトがルータへ送られたきり応答はありません。


ルータを介してPC2のIPアドレスに向けてpingコマンドを使用した場合のICMPメッセージも1秒おきに通信が行われます。


なお、pingコマンドで存在しないIPアドレスを指定した場合、ICMPメッセージは送信されず、アドレス解決プロトコル(ARP)メッセージが存在しないIPアドレスを探索し続ける様子が見られます。


宛先IPアドレスへの経路を確認できるtracerouteコマンドでもICMPメッセージの流れを確認できます。


tracerouteコマンドで確認できるのはICMPのTime Exceeded Message(時間切れ通知)


記事作成時点ではICMPの解説ムービーのみでしたが、今後はTCP/UDPの流れを見るムービーが公開される予定のようです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
パケットを食べて星が成長するフリーソフト「Packet Garden」 - GIGAZINE

おなじみ「ping」コマンドの生みの親が20年以上前に開発秘話を記したブログ - GIGAZINE

インターネット回線速度やPing値・パケットロスをまとめて一気に測定できるHTML5で作られた通信速度測定サイト「SourceForge Speed Test」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.