試食

濃厚チーズソースをたっぷりかけたモチモチ生地の「トンカス」を棒状にした「Wチーズカツドッグ」を食べてみた


韓国版とんかつの「トンカス」を棒状にしたものが韓国で人気とのことで、ミニストップから棒状トンカスをイメージした「Wチーズカツドッグ」が2020年6月26日(金)に登場しています。もちもち生地の中にジューシーな豚ロース肉とごま入りとんかつソースを包み、濃厚なチェダーチーズとクリーミーチーズを使用したダブルチーズソースをたっぷりかけて食べる……という、耳に入る材料の全てからカロリーを感じる品を、さっそくミニストップで買って食べてきました。

不思議食感?!ダブルチーズ&ごま入りとんかつソースがクセになる「Wチーズカツドッグ」 6/26(金)発売
(PDFファイル)https://www.ministop.co.jp/corporate/release/assets/pdf/20200624_10.pdf

ミニストップに到着。


レジの横のホットスナックコーナーに「Wチーズカツドッグ」が大きくアピールされていました。


さっそく購入してきました。


WチーズカツドッグにはWチーズソースのパックがついており……


チェダーチーズとクリーミーチーズの2つが入っています。


カツドッグの方の袋を開封してみました。


サイズは全長138.4mmのiPhone SEと同じくらい。


チーズソースをたっぷりかけて……


食べてみたところ、まず最初にスナック菓子に使われているチーズのようなジャンクな味わいが口の中に広がります。衣の外側はサクサクと歯ざわりがよいのですが、内側はもっちりと柔らかめで、食感のメリハリがいい感じ。


少し分かりづらいですが生地の内側にはごま入りのとんかつソースが入っています。使われている豚ロースもしっとり柔らかくジューシーで、かむごとに豚のうまみと、ソースの甘み、ゴマの香ばしさが増してきて、口の中で味がどんどん変化していきます。


内側の生地はもち~と伸びます。豚肉の塊が使われているので固めではないか?と思いきやお肉も柔らかいので、スティック状ですが食べるのもラクでした。


なお、Wチーズカツドッグは1つ367kcalで、価格は税込237円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
3000円以下で揚げ物三昧を実現するTWINBIRDの電気フライヤーを使ってみた - GIGAZINE

油を一切使わず熱風で揚げ物を作る「ノンフライヤー」でいろいろ作ってみました - GIGAZINE

どんぶりから角煮のカツが飛び出るとろとろオムレツのせの「とろとろ玉子の角煮かつ丼」試食レビュー - GIGAZINE

時間無制限でとんかつ食べ放題の吉兵衛「食べ放題定食」を食べてみた - GIGAZINE

「とんまさ」の全高25センチ・若鶏カツ定食にチャレンジしてきました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.