試食

濃厚なベルギーチョコソフト&甘酸っぱいいちごミルクで「飲むアポロ」っぽい「グルクル 飲むストロベリーチョコ」試食レビュー


ベルギー産のチョコレートを使い、他の追随を許さないほどの高い人気を誇るミニストップのベルギーチョコソフトに、甘酸っぱい果肉入りいちごミルクとチョコ味のパイを合わせた飲めるデザート「グルクル 飲むストロベリーチョコ」が2021年10月8日(金)から登場しています。混ぜておいしい新感覚ソフトクリームの新味を、実際に食べてみました。

一度食べたら、ハマります。 “やみつキッチン”新感覚の「飲めちゃうデザート」 “グルクル” 第5弾!10/8(金) 新発売!
(PDFファイル)https://www.ministop.co.jp/corporate/release/assets/pdf/20211007_09%20.pdf

ミニストップに到着。


さっそく注文した「グルクル 飲むストロベリーチョコ」がこれ。


全長131.5mmのiPhone 13 miniと比較するとこのくらいの大きさです。


フタを外して見てみると、ピンク色の液体の中にベルギーチョコソフトと、キューブ状のチョコパイが浮かんでいました。


カップ側面を見てみると、中にもチョコパイが沈んでいることがわかります。


太めのストローがついてくるので、まずはいちごミルクだけを飲んでみたところ、かなり酸味があり、まったりと甘いいちごミルクよりも「いちごヨーグルト」や「いちご果汁のスムージー」っぽい感じ。ベルギーチョコソフトはねっとりとした舌触りで、甘さの中にカカオのほろ苦さが感じられる濃厚かつ本格的な仕上がりです。


「まずは見た目を楽しんで、30回程混ぜてから飲むのがオススメ」とのことで、ぐるぐると混ぜて……


飲んでみると、濃厚だったベルギーチョコソフトがまろやかになってミルクココアのように。酸味のあるいちごミルクは濃厚なチョコレートと混ぜても完全に消えることがなく、ほのかにいちごの酸味が感じられることから「飲むアポロ」っぽい雰囲気が楽しめました。時間がたってもチョコパイが水分を吸わず、最後までサクサクした食感を保っているのもグッドでした。


なお、グルクル 飲むストロベリーチョコは1つあたり293kcalで、価格は税抜368円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「パルム」史上初のチョコ2層がけ×ピスタチオ尽くしの「パルム ダブルチョコ ピスタチオ&チョコレート」が登場、実際に食べてみた - GIGAZINE

18年間人気No.1のミニストップの「ベルギーチョコソフト」に初代の味が復活したので食べてみた - GIGAZINE

チーズとパン味など「よう……かん……か?」と目を疑いたくなる新進気鋭のようかん「YO KAN KA」試食レビュー - GIGAZINE

チョコレートの認知機能改善効果は認知障害を持つ高齢者や睡眠不足の女性に大きな効果を発揮する - GIGAZINE

濃厚チーズをチョコで包んだロシアの高密チーズケーキ「スィローク」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.