メモ

効率的なノートを作成できるドイツの社会学者が生み出した方法「Zettelkasten」とは?


重要な内容を箇条書きにしたり、ハイライトの線を引いたりと、ノートの書き方は人それぞれです。Zettelkasten(ツェッテルカステン)と呼ばれるノート作成方法は、1冊のノートで知識を管理するのではなく、小さな紙片に1つずつ要素を書き込むことで知識を管理する方法で、紙とペン、紙を収納する箱があれば始められます。

Stop Taking Regular Notes; Use a Zettelkasten Instead
https://eugeneyan.com/2020/04/05/note-taking-zettelkasten/

Zettelkasten — How One German Scholar Was So Freakishly Productive
https://writingcooperative.com/zettelkasten-how-one-german-scholar-was-so-freakishly-productive-997e4e0ca125

ノートへのメモは必要なことをまとめるだけでなく、余白に走り書きをして浮かんだ洞察やアイデアを素早く書き留めるのに便利です。また、ノートに本や記事、論文の要約を作ることは、後々学んだ知識を復習するのに役立ちます。しかし、Amazonのエンジニアであるユージーン・ヤン氏は、ノートでアイデアをまとめる際の問題点として「ノート上のアイデアや知識がばらばらに散らばっており、ノートを見直したときに他の関連する知識やアイデアを即座に参照することができません」と述べています。

また、ノートがデジタル化されている場合はテキストを検索することで他のページにあるアイデアを探し出すことができますが、紙のノートを使っている場合はノートをめくって過去のアイデアを探さなければならず、もっと悪い場合は、ノートに書いた他のアイデアを忘れてしまう可能性もあります。


ヤン氏が推奨するZettelkastenは、「Zettel」がメモ、「kasten」が箱を意味しており、ドイツの社会学者であるニクラス・ルーマンが編み出したとされています。

ルーマンは40年間におよぶ研究で70冊以上の本を出版し、500本以上の学術論文を発表しました。ルーマンが多くの本や論文を書き上げるのに役立ったのがZettelkastenだったというわけ。ルーマンは知識やアイデアのつながりに焦点を当てたノートの書き方を早い段階で実践していました。

◆Zettelkastenのルール
Zettelkastenは知識を保存・整理し、記憶を拡張し、アイデアの間に新たなつながりを生み出し、文章の出力を高めることができるツールです。Zettelkastenを最大限に活用するためには、いくつかのルールに従う必要があります。また、Zettelkastenはノートの1ページではなく、バラバラのカードごとに知識を管理します。

1:カード1枚につき1アイデアを記入
この原則は1つのカードには1つのアイデアだけを書き込むことを意味しています。そうすることで、アイデアをリンクさせ結びつけることが可能になります。

2:カードの内容を完結させる
各カードの内容は1枚で完結していなければならなりません。つまり、1枚のカードに書かれた内容だけで意味を理解できるものでなければならないという意味です。これにより、各カードは他のカードに影響を与えず移動、分離、連結することができます。

3:カードは常に他のカードとリンクさせる
カードを追加するときは、必ず既存のカードとリンクするようにして、他のカードと切り離された独立のカードが存在しないよう注意します。ルーマン自身も「各カードは、リンクされたネットワークから知識を導き出す要素にすぎません。ネットワークに接続されていないカードは失われ、忘れ去られてしまいます」と語っていました。

4:カードのリンクが何を意味するかを説明する
2つのカードをリンクでつなぐ際は必ず、なぜリンクしているのかを簡潔に記しておきます。何年か後に自分のカードを参照したときに、なぜカードをリンクしたのかわからなくなってしまう可能性を防ぐためです。

5:自分の言葉を使う
既存の文章をカードに丸写しすることは推奨されていません。興味深いアイデアを思いつきZettelkastenに加えたいと思ったら、そのアイデアを自分自身の言葉で、かつ何年後に読んでも必ず理解できるような形で表現します。

6:参考文献を残しておく
どこからアイデアを得たのかがわかるように、カードには必ず参考文献の情報をメモしておきます。盗作を防ぎ、後で元ソースを参照しやすくするためでもあります。

7:自分の考えを加える
自分の考えは、ルールの1・2・3を念頭に置いて、カードとしてZettelkastenに追加します。

8:構造を気にしない
整然と並んだカード群に新たなカードを追加したり、独自の先入観的なカテゴリーに入れたりすることを気にしてはいけません。思いついたアイデアはどんどん追加します。

9:接続カードを追加する
一見関連がなさそうに見えるカード間の接続を発見したら、接続カードを作成します。接続カードとは、各カード間にあるリンクの関係を説明することを目的とした特殊なカードです。

10:アウトラインカードを追加する
カードに書いたアイデアがまとまり始めたら、アウトラインカードを作成します。アウトラインカードとは、他のカードへのリンクをまとめたカードで、リンクの流れを把握するために各カードを順序立てて並べるためのカードです。

11:カードを削除しない
古いカードは、たとえ内容が間違っていたとしても削除しません。その代わり、古いカードのどこが悪いのかを説明する新しいカードへのリンクを作成します。そうすることで、自分の思考が時間をかけてどのように変化したかがZettelkastenに反映されていきます。

12:恐れずにカードを追加する
Zettelkastenは有限で、あまり多くの情報を詰め込むことはできません。時には無意味なカードを追加してしまうこともあります。しかし、カードを追加することでZettelkastenが壊れることはないので、無意味かもしれないアイデアでも追加しておくことが大事です。

以上12個のルールに従い、ルーマンは手書きのカードと木製のキャビネットを使って約9万枚ものカードを収納した大規模なZettelkastenを作りました。


◆Zettelkastenの始め方
Zettelkastenは、ペンと適切なサイズにカットした白紙のカード、カードをまとめて置ける容器や棚があればすぐに始められます。ルーマンオリジナルのZettelkastenのように大きなキャビネットを用意する必要はありません。

まず、カードに知識やアイデアを書き留めます。次にカードの片隅に識別子を記入します。例えば、最初に作成したカードを1、2番目のカードを2、と連番で記入するなど、全てのカードに異なる番号や記号を記しておきます。


後になってカード「1」と「2」の間に新しいカードを何枚か挿入したくなった場合は、「1/1」「1/2」「1/3」などと識別子をつければOK。


スラッシュを追加することで、新しく作成したカードの間にさらに追加のカードを挿入することもできます。例えば、「1/1」と「1/2」の間に新しいカードを挿入するには、「1/1/1」「1/1/2」「1/1/3」という風に番号を割り振ります。


2枚のカード間のリンクを作成するには識別子を利用します。例えばカード「1/1」からカード「1」へリンクを作る場合、カード「1/1」のどこかに「1」という数字を追記することで、好きなようにカードをリンクさせます。


カードにタグを付けたい場合は、カード自体にタグを書くだけでOK。


また、特定のタグが付いたカードを見つけやすくするために、管理用に別のカードを作成して使用したすべてのタグをリストアップして管理します。


以上が、紙のカードだけを使ったZettelkastenの基本的な手順です。ルーマンが実際にZettelkastenの手順にのっとって作成したカードは以下のサイトから見ることができます。

Inhaltsübersicht ZK I - Niklas Luhmann-Archiv
https://niklas-luhmann-archiv.de/bestand/zettelkasten/inhaltsuebersicht

◆Zettelkastenのウェブサービス
紙とペンがなくても、無料でZettelkastenのルールに基づくカード作成ができるアプリケーションが存在しており、ヤン氏は以下3つのサービスを挙げています。ヤン氏はRoam Researchを主に使っているとのこと。

Zettelkasten knowledge and info management • Zettelkasten Method
https://zettelkasten.de/


Zettlr | A Markdown Editor for the 21st Century
https://www.zettlr.com/


Roam Research – A note taking tool for networked thought.
https://roamresearch.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スマホで小説を書く人のためのシンプルで便利な機能が完備されたアプリ「小説を書こう」 - GIGAZINE

ペンでノートに書き込んだ内容を即デジタル化&タッチキーボード搭載の激薄・超軽量2in1「Lenovo YOGA BOOK」レビュー - GIGAZINE

科学者が小説家から学んだ「よりよい科学論文を書くいろは」を学術論文雑誌のNatureが紹介 - GIGAZINE

効率よく物事を学習するための便利な技術「ファインマン・テクニック」とは? - GIGAZINE

子どもに文字を手書きさせる必要はあるのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.