サイエンス

新型コロナウイルスによって「女性の飲酒量」が増えている


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、人々のメンタルヘルスにさまざまな影響を与えています。オーストラリアの研究チームが、「パンデミックによって男性よりも女性の飲酒量が増加している」という研究結果を発表しました。

Women are drinking more during the pandemic, and it's probably got a lot to do with their mental health
https://theconversation.com/women-are-drinking-more-during-the-pandemic-and-its-probably-got-a-lot-to-do-with-their-mental-health-139295

新型コロナウイルスは人々の行動だけでなく、心理にまで影響を与えています。アメリカ国税調査局の研究によると、新型コロナウイルスの脅威によって、アメリカ国民の約3分の1が精神的な不調に苦しんでいると判明しています。

新型コロナウイルスの影響により「アメリカ人の3分の1がうつ病や不安障害になった」との調査結果 - GIGAZINE


パンデミックによって外出が制限されている中、ストレスから逃れる方法として「飲酒」が選ばれています。オーストラリアのモナッシュ大学の研究チームは、複数の調査結果が「パンデミック中の飲酒量の上昇を示している」と指摘。中でも女性が男性よりも飲酒量を増やしているそうです。

オーストラリア統計局が発表した2020年4月の調査によると、「飲酒量が増えた」と回答した男性は10.8%でしたが、女性は18%だったとのこと。合計すると、オーストラリア人の14%が「飲酒量が増えた」と回答したそうです。2020年4月にモナッシュ大学が実施したCOVID-19に関するメンタルヘルス調査でも、調査に参加した1200人のうち男性の22.5%と女性の31.8%が「飲酒量が増えた」と回答。2つの調査結果が、パンデミック中に女性のほうが飲酒量が増える傾向があると示しています。


オーストラリア保健福祉研究所が2016年に実施した調査によると、週に5本以上のアルコールドリンクを飲む人の割合は男性では14%、女性では6%と、一般的に女性は男性よりも飲酒頻度が少ないという傾向があります。しかし、オーストラリアの国立ドラッグ・アルコールリサーチセンターが実施した研究では、2010年から2020年にかけて中高年の女性の飲酒量が特に増加しており、男性に追いつきつつあるという国際的な傾向が存在すると示唆しています。

研究チームによると、女性の飲酒量の増加は、「飲酒する動機」に関係しているとのこと。男性は社会的な状況や自身に対する報酬として飲酒する傾向がある一方で、女性はストレスに対処するために飲酒する傾向があります。そのため、COVID-19パンデミックによって女性の飲酒量が特に増加したと研究チームは分析しています。


オーストラリアの統計局が2020年4月29日から5月4日に実施した調査では、「孤独を感じる」と回答した男性は16%にとどまる一方、女性は28%に達しました。この結果は、女性のほうがCOVID-19パンデミックによって精神的な打撃を受けていることを示唆しています。女性のほうがパンデミックによって精神的な打撃を受けている理由について、研究チームは「子どもの世話をする機会の増加」「家庭内暴力事件の増加」「女性の経済状況の悪化」などを挙げています。

研究チームは「心理的な障壁によって女性はアルコール依存症の治療を受診しないという傾向がある」と指摘し、パンデミックが女性のメンタルヘルスと飲酒に与える影響に目を向けるべきだと主張しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
都市封鎖の影響でアルコールのネット販売の売上高が243%も増加、宅飲みのためのオリジナルカクテル「隔離ティーニ」も誕生 - GIGAZINE

WHOが「パンデミック中の飲酒量を減らす」よう公式に推奨 - GIGAZINE

在宅勤務をしている人のうち3分の1が飲酒していることが判明、地域によっては7割近く飲酒している事例も - GIGAZINE

アルコールを飲むと免疫機能はどんな影響を受けてしまうのか? - GIGAZINE

「お酒で脳が萎縮する」のではなく「脳が小さいとお酒を飲む」という可能性が示される - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.