ハードウェア

AMDが第2世代「EPYC」に高クロックの新モデル「7Fx2」を追加、コアあたり性能は世界最高と主張

by AMD

2020年4月14日、AMDがサーバー向けCPU「EPYC」にクロック周波数を高めた新モデル群「7Fx2」を追加しました。すでにIBMやVMwareなどのクラウドシステムに採用されており、1コアあたりの性能は世界最高だと主張しています。

New 2nd Gen AMD EPYC™ Processors Redefine Performance for Database, Commercial HPC and Hyperconverged Workloads | AMD
https://www.amd.com/en/press-releases/2020-04-14-new-2nd-gen-amd-epyc-processors-redefine-performance-for-database

AMD EPYC 7F52 Benchmarks Review and Market Perspective
https://www.servethehome.com/amd-epyc-7f52-benchmarks-review-and-market-perspective/

AMD Claims World’s Fastest Per-Core Performance with New EPYC Rome 7Fx2 CPUs | Tom's Hardware
https://www.tomshardware.com/news/amd-worlds-fastest-processor-epyc-rome-7fx2-cpus

EPYCの新モデル群「7Fx2」は、「7F32」「7F52」「7F72」の3つのモデルで構成されており、それぞれ8コア/16スレッド、16コア/32スレッド、24コア/48スレッドのCPUとなっています。前モデルからクロック周波数が最大500MHzアップされているほか、コアあたりのL3キャッシュ容量も強化されており、AMDは「7Fx2は1コアあたり性能における新しいリーダーだ」と主張しています。


HPCに対する最適化も進んでおり、代表的なHPCソフトウェアでパフォーマンスが向上しているとのこと。


7Fx2の3モデルの価格をIntel Xeonシリーズの競合モデル群と比較するとこんな感じ。同コア数、同等クロック周波数であれば7Fx2の3モデルの方が価格が安く、L3キャッシュ容量も上回っていることがわかります。


1コアあたりの価格を他のEPYCシリーズのCPUと比べると、濃い赤色の棒グラフで示された7Fx2シリーズは、1コアあたり価格が他のEPYCの高いことがわかります。これについて、IT関連のプロフェッショナル向け情報を発信している「ServeTheHome」のライターであるPatrick Kennedy氏は「AMDは今回の新モデルでEPYCの価格基準を打ち破っており、7Fx2シリーズを通してEPYCにどれだけパフォーマンスと影響力があるかを示そうとしている」と語っています。


また、AMDはエコシステムの構築に力を入れており、2020年にはDellやHP、Lenovoといった大手IT企業がEPYCを自社のクラウドプラットフォームに導入する予定とのこと。


AMDの上級副社長であるDan McNamara氏は、「EPYCは現代のデータセンターを再定義し続けます。強力な3つのモデルを投入したことにより、お客様はエンタープライズ市場でより良い結果を得ることができます」と語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
64コア/128スレッドのAMDのモンスタープロセッサ「AMD EPYC 7742」が驚異のベンチマーク結果を達成 - GIGAZINE

AMDのサーバー向けプロセッサ「EPYC Rome」発売を「歴史的なこと」と専門家が絶賛 - GIGAZINE

AMDの第2世代「EPYC」採用の波にCloudflareが追従、次世代サーバーはIntel製CPUを排除 - GIGAZINE

AMDがサーバー向けCPU市場でもIntelを駆逐しつつある - GIGAZINE

ARMを採用した80コアのサーバー用プロセッサが元Intel社長による「Ampere」から登場、性能はAMDの第2世代「EPYC」に匹敵 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.