乗り物

武装した海軍の巡視船がクルーズ船に衝突して沈没、クルーズ船は無事


ベネズエラ海軍の所有する巡視船が船殻強化を施されたクルーズ船に衝突し、カリブ海の洋上で沈没しました。ベネズエラ海軍とクルーズ船を所有する運航会社の双方が主張する事件の経緯は食い違っており、「政治的な要因」が原因だという指摘もされています。

Statement on RCGS RESOLUTE incident - Columbia Cruise Services
https://www.columbia-cs.com/statement-on-rcgs-resolute-incident/

El BVL Naiguatá se hunde tras colisionar contra el buque de pasajeros Resolute - Noticias Infodefensa América
https://www.infodefensa.com/latam/2020/03/31/noticia-naiguata-hunde-colisionar-contra-buque-pasajeros-resolute.html

This Venezuelan Patrol Ship Sunk Itself After Ramming A Cruise Liner With A Reinforced Hull - The Drive
https://www.thedrive.com/the-war-zone/32853/this-venezuelan-patrol-ship-sunk-itself-after-ramming-a-cruise-liner-with-an-reinforced-hull

事故を引き起こしたクルーズ船「RCGS Resolute号」を所有する運航会社コロンビアクルーズサービス」によると、事件が発生した2020年3月30日早朝、RCGS Resolute号はオランダ領キュラソー島ウィレムスタットに回送状態で向かう途中でエンジンの定期点検を行うため、ハイチ領トルトゥーガ島の海岸から13マイル(約21km)ほど離れた地点を1日ほど漂い続けていた状態でした。このメンテナンスは右舷メインエンジンに関するもので、左舷メインエンジンは通常通り稼働しており、トルトゥーガ島との安全な距離を保ち続けていました。

深夜過ぎ、RCGS Resolute号に武装したベネズエラ海軍の巡視船Naiguatá号が接近。このNaiguatá号は、通信を介してRCGS Resolute号がこの海域を漂流している意図を問いただした後、ベネズエラのマルガリータ島のプエルモレノにまで随行するように要求しました。RCGS Resolute号は国際水域に停泊していたため、ベネズエラ海軍の指示に従うべく、大幅に所定の航路を逸れることを本社に伝えるべく通信を行いました。

しかし、RCGS Resolute号が本社と通信を行っているさなかにNaiguatá号は発砲。その後間もなく右舷船首に135度の角度で意図的に衝突。全長262フィート(約80メートル)で、最大積載時には総トン数が1720トンに達するNaiguatá号はこの衝突を何度も繰り返したとのこと。しかし、全長403フィート(約123メートル)、総トン数およそ8445トンのRCGS Resolute号は南極クルーズを専門としており、流氷に対応できるように船殻を強化した船でした。


Naiguatá号は衝突により深刻な損傷を受け、沈没。乗組員44人は海に投げ出されました。一方、RCGS Resolute号側のダメージは以下のように軽微でした。


Naiguatá号が沈んだため、RCGS Resolute号は海洋の緊急事態に対応する国際機関である海上救助調整センター(MRCC)に連絡。救助が必要となった場合に備えて1時間以上その場にとどまり続けましたが、MRCCが救助の要なしと通達したため、所定の航路に戻りました。


以上のコロンビアクルーズサービスの主張に対して、ベネズエラ当局は異議を唱えています。ベネズエラ当局は「RCGS Resolute号は臆病かつ犯罪的な方法で衝突現場から逃亡し、巡視船の乗員を救助することはなかった」と主張。クルーズ船の行動を「帝国の侵略行為」「海賊行為」と表現しています。ただし、双方の乗組員に負傷はありませんでした。

RCGS Resolute号が実際にベネズエラの領海を侵犯していた可能性はあります。しかし、仮に領海を侵犯していたとしても、「無害通航」という国連海洋法条約により、違法な行為を行っていない限りは領海内を合法的に航行する権利が認められます。事件当時のRCGS Resolute号の位置を示す画像が以下。事件当時のRCGS Resolute号の位置を示す画像が以下。ピンのすぐ側にあるのがハイチ領トルトゥーガ島で、その南に広がる陸地は全てベネズエラの国土です。


本件を詳しく報じた乗り物に関するニュースサイトのThe Driveによると、RCGS Resolute号の「船籍」が問題になった可能性があるとのこと。RCGS Resolute号はポルトガル船籍であり、ポルトガルはベネズエラで独裁政権を敷くニコラス・マドゥロ大統領の最大の政敵であるフアン・グアイド氏を支持しています。

2020年2月、ベネズエラは、「グアイドと彼の叔父が爆弾をTAPポルトガル航空で運び込んだ。グアイドとTAPポルトガル航空は共謀して爆発物の密輸を行っている」と主張。ポルトガルのサントス・シルバ外務大臣はこの訴えを「無意味だ」と一蹴しましたが、ベネズエラはTAPポルトガル航空に対して90日間の国内運航停止処分を下しました。この処分と同じように、ポルトガルに対して過激な外交手段を模索したベネズエラ政府が、ポルトガル船籍のRCGS Resolute号を強引に利用したとThe Driveは主張しているわけです。

双方の言い分は食い違っており、事件の詳しい経緯は不明です。しかし、船首側上部に76ミリメートル口径の艦砲を備え、他にも20ミリメートル機関砲や50口径の機関銃2丁などの小火器を備えたNaiguata号が沈没したのは事実です。在りし日のNaiguatá号は、以下のムービーから見ることができます。

NAVANTIA: BVL Naiguatá (Armada de Venezuela) - YouTube

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
怒れるセイウチがロシア海軍のボートを攻撃して沈没させる - GIGAZINE

タイタニックが本当に2時間40分かけて沈んでいくのをリアルタイムで体験できる壮絶なムービー - GIGAZINE

緊急脱出や救命ボート、普段は目にしない非常時用の食糧試食などJALの最新の訓練設備を体験レポ - GIGAZINE

800年前の沈没船から発見された陶磁器を最新の装置で分析してわかったこととは? - GIGAZINE

タイタニックを発見した1985年の調査はアメリカ海軍の沈没潜水艦捜索の空き時間を利用したものだった - GIGAZINE

in 乗り物, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.