レビュー

モフモフにゃんこ&わんこに癒やされるNintendo Switch版「キャットクエスト2」はサクっと手軽に遊べる剣と魔法のファンタジー


かっこいい戦士や魔法使いではなく、モフモフのかわいい猫や犬たちによるアクションRPG「キャットクエスト2」のNintendo Switch版が2020年2月6日(木)から登場しています。小さな勇者たちが短い手足で戦う様子がほほえましい本作は「キャットクエスト」の続編ですが、前作の内容を知らなくても遊べるストーリーとのことで、どんなゲームなのか実際に遊んで確かめてみました。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|キャットクエスト2
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000027377

Steam:Cat Quest II
https://store.steampowered.com/app/914710/Cat_Quest_II/

キャットクエスト2のスタート画面はこんな感じ。「キャット」クエストという名前ですが、猫だけでなく犬も登場します。


「1人プレイ」と、2人で一緒に遊べる「協力プレイ」を選ぶことができます。今回は1人プレイで遊んでみました。


「ニューゲーム」を選んでゲームスタート。


ストーリーをざっくり説明すると、かわいい猫や犬たちとはかけ離れた見た目の巨大な悪が世界に出現し……


2匹の王が悪に立ち向かったのですが、戦いに敗れ、身ぐるみを剥がされ闇にのまれてしまいます。後世には、いつか王が復活し、世界を救うという予言が伝えられました。


というわけで、半裸の王たちが復活するところからゲームがスタート。自称・助言役だという猫のキリーに導かれてストーリーが進んでいきます。前作のキャットクエストでは猫が主役でしたが、キャットクエスト2では犬も操作可能になっています。


一見平和そうな世界ですが、キリーによると「世界の危機が訪れている」のだとか。キリーに言われるがまま洞窟へと向かう2匹。マップ上にはダンジョンや施設がシンボル表示されます。


ダンジョンに入る前に、推奨レベルが表示される親切設計。


最初に入った洞窟の内部はこんな感じ。青く丸い物体は経験値で、ダンジョン内に落ちていたり、敵を倒して手に入れたりすることができます。


画面左上に表示されている赤いバーは体力、紫のバーは「マナ」を示しています。マナは魔法使用時に消費します。数字は2匹のレベルを表しており、経験値を集めることでレベルアップできます。


ダンジョン内にある怪しい石碑を読むと……


魔法を覚えるなど、2匹の王をパワーアップさせることができます。


実際に覚えた魔法を使ってバトルしている様子は以下のムービーで確認できます。猫の王は炎、犬の王は氷の魔法を使っており、敵との戦闘はシームレスバトル方式となっています。

モフモフにゃんこ&わんこが剣と魔法で戦うNintendo Switch版「キャットクエスト2」の戦闘シーン - YouTube


また、通常攻撃はオートで敵に照準を合わせられるようになっており、適当にボタンを連打してもダメージを与えられます。なお、1人プレイの場合は、2匹の王どちらを使用するかはXボタンでいつでも切り替えられ、使用していない方の王は自動で移動や攻撃などを行ってくれます。


敵を倒すと経験値だけでなく、お金もゲットできます。


洞窟を抜けた先にはセーブポイント。セーブポイントでは体力の回復も可能。


ころんと寝転がって疲れを癒やす姿に、プレイヤー自身も癒やされそうです。


2匹の王が世界を救う第一歩として、王都を支配する暴君、ライオネルを倒すことが最初の目標となります。


しかし、いざ立ち向かってみたものの、攻撃は全て無効。ライオネルが強すぎるのか、よみがえった2匹の王が完全に力を取り戻せていないのか、全く歯が立ちません。


しまいには「期待はずれ」とまで言われてしまう始末。全く手も足も出ない状況から、2匹の王がどのようにライオネルにリベンジするのかは、実際に遊んで確かめてみてください。


リベンジに燃える2匹は、世界中を旅して戦うための力をつけていきます。フィールドやダンジョンの内部には宝箱があり……


冒険を助ける武器や防具をゲットできます。


お金を払えば鍛冶屋で鍛えることも可能。


時には各地の遺跡で、自分の何倍も大きな敵に立ち向かうような試練を受けることも。


遺跡で試練を受けている様子は以下のムービーでも確認できます。敵はバリアを使い、一定時間攻撃が通らなくなるので、バリアが消える隙を見て攻めなければなりません。

Nintendo Switch版「キャットクエスト2」で力を試されるにゃんこ&わんこ - YouTube


アクションがメインのRPGですが、オートで敵に照準を合わせてくれるので、アクションが苦手な人も安心して遊べる内容になっています。世界観やルール説明などの長いセリフが無く、ダンジョンも5分~10分くらいで終わるものが多いため、時間が無い人でもサクサク手軽に遊べる内容になっていました。キャラクターもかわいく、音声はほとんど「ニャア」や「ワン」だけなので、癒やされること間違いなしなゲームでした。


「キャットクエスト2」はNintendo Switchでは税込1500円、Steamでは税込1520円でダウンロード購入できます。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|キャットクエスト2
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000027377

Steam:Cat Quest II
https://store.steampowered.com/app/914710/Cat_Quest_II/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ねこたちがぞくぞく集まる「ねこあつめ VR」でキュートないやされるねこたちと戯れてみた - GIGAZINE

VR空間でネコになりきって部屋をめちゃくちゃに荒らすゲーム「Catlateral Damage VR」 - GIGAZINE

子猫が大爆発すると死ぬカードゲーム「Exploding Kittens」 - GIGAZINE

お昼寝中のこねこを揺れる台座にのせていくバランスゲーム「おひるねにゃんこだらけ」で遊んでみました - GIGAZINE

ネコを大砲から撃ち出してその飛距離を競うゲーム「Kitten Cannon」 - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1m_mn

You can read the machine translated English article here.