取材

超人気イラストレーターのオリジナルキャラクターがハイクオリティで続々フィギュア化、思う存分フェチを感じられる仕上がりに


ワンダーフェスティバル 2020[冬]の会場に、超人気イラストレーターのオリジナルキャラクターが続々とフィギュア化されて展示されていました。いずれもハイクオリティな仕上がりとなっており、込められたフェチをこれでもかと堪能することができます。

ユニオンクリエイティブ」のブースに展示されていたのは……


Hiten氏のオリジナルキャラクター、「E.R.I.N.A」のフィギュア。


制服らしき服をはだけさせ、下着をのぞかせた状態でセクシーな自撮りを撮影しようとするポーズです。


恥じらったように頬を赤く染める表情に、思わず目を引きつけられます。


「E.R.I.N.A」は2020年8月発売予定となっており、価格は1万5000円(税抜)。なお、オンライン購入者を対象に、抽選で10名にHiten氏の直筆サインが当たるキャンペーンも実施中です。


その隣には、米白粕氏のオリジナルイラスト「blue」を基にしたフィギュアが展示されていました。


口にアイスの棒をくわえている可愛らしい表情に、水着からあふれんばかりの胸が破壊力抜群。


水着にパーカーという組み合わせもフェチ感を覚えます。発売日は2020年10月が予定されており、価格は1万5800円(税抜)とのこと。


Mika Pikazo氏の「猫メイド」は、足を崩した猫メイドさんがジト目でこちらを見ているポーズ。


お腹のラインが非常にきれいで……


物言いたげな表情にもグッと来るものがあります。発売予定は2020年10月、価格は1万5000円(税抜)です。


カントク氏のイラスト「スキマタイツ」を基に作られたフィギュアは、女の子がちょうどタイツに手をかけているシーン。


お尻を突き出したポーズに思わずドキリとしてしまいます。


フィギュアでありながらタイツの透け感や引っぱった時にピンとなる様子がしっかりと再現されており、タイツ好きにはたまらない出来栄え。


キョトンとした表情の女の子に、つい目線を奪われてしまいます。記事作成時点では、発売日や価格は未定となっていました。


よむ氏のイラスト「メイドのDEEPな誘惑」を基に作られたフィギュアは、ベッドに寝そべったメイドさんが靴を脱ぎ、タイツを履いた脚を持ち上げています。


挑発的な表情を浮かべるメイドさんの足は……


肉感のあるタイツに包まれています。タイツに包まれた足先の質感や、太ももやふくらはぎの部分がよく透けていることもはっきりわかります。記事作成時点では発売日や価格は未定となっていました。


続いて、「SKYTUBE(スカイチューブ)」のブースに展示されていたのは……


Nidy-2D-氏のイラスト「gal sniper」を基にしたフィギュア。原型師はHIRO氏です。左脚や腕に装甲をまとったギャルっぽい雰囲気の女性が、砂浜にライフルを刺して伸びをしています。


むっちりしたビキニを着た女性でありながら、硬質の武装を身にまとっているというアンバランスさに思わず目が釘付け。


かたわらにはフィギュアの基となったイラストが展示されていました。


saitom氏のオリジナルキャラクター「宇佐田みみ」のフィギュアは、EGG氏が原型師です。


ウサ耳を生やした宇佐田みみが、マスクをズラしてこちらに視線を向けています。


厚みのあるビキニとスカジャンという珍しい取り合わせに、スラリと伸びた健康的な足が見る人を引きつけます。


元イラストはこれ。


魔太郎氏のオリジナルイラスト「小悪魔」を基にしたフィギュアは、六芒星の描かれた土台に羽を生やした悪魔の女の子が立っている様子を再現。原型師は2%氏。


どことなく不安げな表情でこちらを見つめています。2020年10月に発売予定となっています。


元イラストはこんな感じ。


同じく魔太郎氏の「天使ちゃん」イラストも、2%氏が原型師でフィギュア化。片脚を挙げて活動的な印象です。


肩ひもを引っぱって、こちらに誘惑するような流し目を送っています。


こちらが元イラストです。


智宏カイ氏の描き下ろしイラスト「花野井杏奈」は、セクシーな制服を着てホットドッグを運んでいる様子をフィギュア化。原型師はTOMO氏


左手にはマスタードの容器を持っていますが、中身が飛び出て胸にかかってしまっています。


元イラストはこれ。


こちらはTony氏のイラスト「Bao-Chai」を元にしたフィギュア。原型師はEGG氏です。長い髪を結って後ろにたらしており、落ち着いた雰囲気が伝わってきます。


右手に手鏡を持ち、穏やかな表情を浮かべていました。


元イラストはこんな感じ。


コミック阿吽の表紙イラストを飾っている深崎暮人氏のオリジナルキャラ「吹石花」は、バニーガールの衣装に身を包んで座っています。


困ったように頬を赤らめているのが印象的です。


元イラストはこれ。


DSマイル氏のオリジナルキャラクター「もも」は、モップを片手に立っている様子。タイツと太ももの境目にこだわりを感じます。原型師はTOMO氏です。


何かを注意するような表情を浮かべています。


元イラストはこれ。


けけもつ氏のオリジナルキャラクター「雨宮ゆきこ」は、きわどい下着の上に制服のジャケットを羽織っています。恥ずかしがっている心境が、表情や内股から伝わってくるようです。


むっちりした体型がフィギュアに上手く再現されており、見ているだけで胸の弾力が伝わってきます。


元イラストはこれ。


しおこんぶ氏のオリジナルキャラクター「李畝花恋」のフィギュアは、ニットとシャツをはだけて自撮りをしているポーズ。原型師はTOMO氏です。


はにかむように口元を上げ、頬を赤らめています。


こちらが元イラスト。


サブロー氏のオリジナルキャラクター「天宮凜」は、下着姿のまま髪をかき上げているポーズでフィギュア化。


レースの模様までフィギュアで再現されています。誘うような表情が印象的です。


元イラストはこれ。


みちきんぐ氏のオリジナルキャラクター「黒葛原兎咲」は、胸にシールを貼った状態で展示されていました。原型師はTOMO氏。


バニーガール衣装のサイズが合わないのか、困ったような表情を浮かべています。


途中で引っかかったままのスカートもしっかり再現されていました。


こちらが元イラストです。


たかやki氏のイラスト「チアガール」を基にしたフィギュアは、チアガール姿の女の子が座った状態でこちらを見て微笑んでいます。


少し微笑んでいるように見える表情に、思わず目が離せなくなってしまいます。


元イラストはこんな感じです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ワンダーフェスティバル 2020[冬]開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

「異種族レビュアーズ」から「例のモノさし」で男の度量を測ってくれる妖精の受付嬢のフィギュアが登場 - GIGAZINE

「デス・ストランディング」の世界観そのものとなったマッツ・ミケルセン「クリフ」1/2フィギュアの異常な存在感が圧倒的 - GIGAZINE

「名探偵コナン ベイカー街の亡霊」で元太が消えるシーンを再現してしまった猛者が登場、あの感動(?)のワンシーンをいつでも再現可能に - GIGAZINE

2021年公開「シン・ウルトラマン」より「第一号雛形」「第二号雛形」の実物登場、まさに「真実と正義と美の化身」 - GIGAZINE

初代「ターミネーター」の冷酷無比な殺人マシーンがそのまま立体化して登場 - GIGAZINE

ドールズフロントライン「NTW-20 貴族体験館」、ライフルやエプロンの細部までこだわったフィギュア造形の時代転換を感じられる作品に - GIGAZINE

in 取材, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.