試食

こってり味噌スープに唐辛子と花椒の辛みがクセになる「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」試食レビュー


東京の有名店「東京スタイルみそらーめんど・みそ」の看板メニューである「特みそこってりらーめん」を、唐辛子と花椒をしっかりと利かせたビリ辛な味わいにアレンジしたのがエースコックの「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」です。長蛇の列を生み出す名店の味がカップ麺として手軽に味わえるようになったということで、さっそく食べてみました。

一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん|商品情報|エースコック株式会社
https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=1051

これが「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」です。


今回のコラボは実際の店舗と連動した企画になっており、「ど・みそ」各店舗でも限定メニューとして「こってりビリ辛みそらーめん」が提供されているとのこと。


原材料はこんな感じ。スープの原材料にはみそのほかに、ポークエキス・チキンエキス・魚介エキス・香辛料・動物油脂・植物油脂・おからパウダー・発酵調味料など、さまざまなものが並んでいます。


カロリーは1食当たり389kcal。


ふたを開けると粉末スープやかやくはすでに振りかけられた状態で、液体スープが中に入っていました。


かやくとしてコーンやそぼろ、もやし、ニラ、唐辛子が入っています。


調理時間はお湯を注いでから5分。その間、液体スープをふたの上で温めておきます。


タイマーが鳴ったら液体スープをカップの中へ加えていきます。液体スープはかなりドロドロとした状態。


よくかき混ぜると、スープがどんどん赤くなるとともに食欲をそそる味噌の匂いが香ってきます。


一口食べてみると、ドロドロの液体スープから想像していたよりもスープ自体はさらっとした仕上がりです。濃厚な味噌とこってりとした背脂は噛み応えのある太麺にしっかり絡みついていて、食べ応えは抜群。はじめは「そんなに辛くないな」と思いながら食べていたのですが、食べ進めるうちに唐辛子と花椒がビリビリと口を刺激しはじめ、食べ終わるころにはじんわり汗をかいていました。味噌のうまみと唐辛子と花椒の辛みのバランスがどんどん変化していくので、最後のスープ一滴まで飽きの来ない一品に仕上がっていました。


「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」は2019年12月9日(月)より、税抜220円で全国の小売店にて販売中です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
花椒と唐辛子が口をビリビリ刺激する定番メニューの変化球「四川風牛すき鍋定食」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

濃厚みそラーメンにガツンとニンニクを効かせたかっぱ寿司の「神系金澤味噌ラーメン」は回転寿司に来たことを忘れる仕上がり - GIGAZINE

山盛りの食べるラー油・メンマに花椒スパイスをマシマシにできる「食べラー・メンマ牛丼」「食べラー・メンマカレー」をすき家で食べてきた - GIGAZINE

湖池屋の「スコーン」とコラボした大盛&濃さ3倍な「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 濃濃濃スコーンがっつきバーベキュー味」を食べてみた - GIGAZINE

辛さとしびれが交互に舌を刺して箸が止まらない「一度は食べたい名店の味 つじ田 成都式汁なし担々麺」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.