試食

鶏・豚・魚介・野菜のうま味が複雑に溶け合い絶妙なスープを生んだ「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン」試食レビュー


2019年5月27日より東京・練馬の人気有名ラーメン店「べんてん」の味を再現したというカップ麺、エースコック「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン」が登場しています。「動物系と魚介系の濃厚スープに野菜のうま味が合わさり、素材のウマさを堪能できる」という「べんてん」のラーメンが、エースコックによってどんなカップ麺になったのか、実際に食べてみました。

一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン|商品情報|エースコック株式会社
https://www.acecook.co.jp/products/detail.php?id=968

これが「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン」です。


「べんてん」は2014年6月までは高田馬場で営業していたラーメン屋ですが、一度閉店。その後、2016年9月に東京の成増駅周辺で再出発を果たし、記事作成時点では行列のできるラーメン屋となっています。


原材料を見ると、スープにはポークエキス・チキンエキス・魚介エキス・チキン調味料・ポーク調味料・魚介パウダー・香味調味料・発酵調味料・野菜エキスなど、多種多様なエキス・パウダー・調味料が入っているようです。


カロリーは1食92gあたり377kcal。


パッケージの中には液体スープの袋が入っていました。


内側の線までお湯を注ぎます。


待ち時間は5分。


5分経過後、液体スープを入れてから軽くかき混ぜて完成です。


食べてみると、エースコックらしい角刃の太めんに、塩・しょうゆ・魚介・豚・鶏が混然一体となったスープが絡んで、濃厚なうま味が感じられます。


スープを飲んでみると、その味わいの中でも、ベースには野菜と鶏ガラ、後味としてはショウガ、しょうゆなどの味わいが強いようです。しかし、「それだけの味わいなのか?」と問われると、断じてそんなことはありません。複数の食材のうま味が溶け出した絶妙な味わいは「カップ麺も進化したなぁ……」と思わずにはいられないレベルで、「塩ラーメン」なのに濃厚で食べ応えもあります。


「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン」は2019年5月27日より希望小売価格税別205円で、全国の小売店で購入可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「夏の辛口」を追求したエースコックの「汁なし担担麺」&「スーパーカップ1.5倍 辛タンメン」を食べてみた - GIGAZINE

あの味覇とエースコックがコラボした「廣記商行監修 味覇使用 オイスターソース香る中華風焼そば」はオイスターソース味に味覇香る焼そば - GIGAZINE

あの「ブタキム」が焙煎黒こしょう・焦がしニンニクで真っ黒&旨辛さ倍増のエースコック「スーパーカップ1.5倍 ブタキムラーメン スパイシーBLACK」試食レビュー - GIGAZINE

燻製風卵黄ソースで香ばしい香りが広がる「チキンラーメンビッグカップ 燻たまベーコンエッグ」を食べてみた - GIGAZINE

屋台の焼きそばと焼きイカが融合した「明星 一平ちゃん夜店の焼そば 大盛 炙りいか風醤油味」を食べてみた - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.