モバイル

iPhoneの絵文字一覧から「台湾国旗」が削除されてしまったと香港・マカオのユーザーが報告

by Matthew Fang

台湾は中華人民共和国の指導政党である中国共産党ではなく、中国国民党民主進歩党が与党となって政治が行われています。そんな台湾には中華民国としての国旗も存在していますが、香港やマカオのiPhoneユーザーがiOS 13.1.1にアップデートしたところ、「キーボードの絵文字一覧から台湾国旗の絵文字が削除されている」ことが明らかとなりました。

iOS 13.1.1 Banned Taiwan (ROC) Flag Emoji for HongKong and Macau Users - Hiraku Dev
https://hiraku.tw/2019/10/4877/

Taiwan flag emoji disappears from latest Apple iPhone keyboard | Hong Kong Free Press HKFP
https://www.hongkongfp.com/2019/10/05/taiwan-flag-emoji-disappears-latest-apple-iphone-keyboard

Appleはバグを修正する目的で、2019年9月末にiOS 13.1.1アップデートを行いました。このアップデートに伴い、地域設定を香港あるいはマカオに設定しているユーザーのiPhoneでは、iPhoneのキーボードに含まれる絵文字一覧から、台湾国旗が削除されてしまったとのこと。

TechCrunch中国語版の編集者である王博源氏もこの件をTwitterで報告。どのように絵文字一覧が変化したのかというスクリーンショットを公開しています。


王氏が投稿した画像がこれ。地域設定が香港やマカオではないユーザーのデバイス(画像上)では、絵文字一覧に台湾国旗が表示されている一方、地域設定が香港やマカオになっているデバイス(画像下)の場合、台湾国旗が削除されていることがわかります。


以前から台湾国旗の絵文字は中国国内のiPhoneで表示されない仕様になっていましたが、今回の発見により、台湾国旗がキーボードの絵文字一覧から削除される地域が拡大していることが明らかとなりました。

Appleデバイスに関するブログのHirakuがコードの調査を行ったところ、デバイスのリージョンコードが「CN(中国)」または「ZA」になっている場合、キーボードから台湾国旗が削除されるようになっていたとのこと。Hirakuによると、2018年にiPhone XSがリリースされる前は、香港のリージョンコードは「ZP」だったそうですが、iPhone XSのリリース後は「ZA」に変更されたそうです。つまり、iOS 13.1.1以降を搭載したiPhone XS・XS Max・XRより新しい機種において、地域設定を香港またはマカオにした場合、絵文字キーボードから台湾国旗が削除されるというわけ。

キーボードに「taiwan」と入力すると予測変換に台湾国旗が表示されるため、デバイス上で台湾国旗の絵文字が利用不可能になるというものではありません。


なお、2019年10月には、香港における警察の活動を通知するアプリが「違法な活動を推奨している」としてApp Store上で配信停止になるなど、「Appleは中国共産党の意向に沿った運営を行っている」と指摘されています。

Appleが香港の人々を危険から守るアプリを「違法な活動を推奨している」として禁止する - GIGAZINE

by Pexels

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Appleが香港の人々を危険から守るアプリを「違法な活動を推奨している」として禁止する - GIGAZINE

わずか20年で急激に台湾のアイデンティティが変化したのはなぜなのか? - GIGAZINE

中国当局が香港デモをおとしめるためにTwitter上で展開している作戦とは? - GIGAZINE

香港の混沌としたイメージを払拭すべく香港政府がPR会社に依頼するも全社から断られる - GIGAZINE

「Appleが中国工場で労働法違反を犯して派遣労働者を働かせている」という報告 - GIGAZINE

Twitter・Facebookに続いてYouTube上でも「香港デモの情報操作」を検出したとGoogleが公表 - GIGAZINE

香港デモ隊はポケモンGOや出会い系アプリを警察の目をかいくぐる手段として活用 - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.