メモ

スマホ運転を検知するAI搭載カメラを政府がこっそりと道に設置していた

by sarawutnirothon

近年増加するスマートフォンを利用しながらの運転は「飲酒運転よりも危険」といわれており、運転中にスマートフォンを使うことで事故の可能性が4倍になると指摘する専門家もいます。そこでスマートフォン運転を取り締まるべく、オーストラリアの州政府がスマートフォンを触っている運転手を検知する最新カメラを道路に設置していたことを明かしました。

Mobile phone technology - Mobile phone use - Staying safe - NSW Centre for Road Safety
https://roadsafety.transport.nsw.gov.au/stayingsafe/mobilephones/technology.html

Mobile phone detection cameras to be rolled out across NSW roads by December - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)
https://www.abc.net.au/news/2019-09-22/mobile-phone-detection-cameras-rolling-out-nsw-december/11536664

Australia uses new technology to catch drivers on phones - KTAR.com
https://ktar.com/story/2754759/australia-uses-new-technology-to-catch-drivers-on-phones/

オーストラリア・ニューサウスウェールズ州の運輸交通大臣であるAndrew Constance氏は、2019年9月23日(月)、オーストラリアの中でも人口の多いニューサウスウェールズ州において、スマートフォン運転を取り締まるための最新技術を搭載したカメラを設置していたことを発表しました。


道路に設置されたユニットは「ナンバープレートを撮影するカメラ」と「ドライバーが手に持っているものを検知するカメラ」という2つのカメラを搭載したもの。このユニットは人工知能を搭載しており、スマートフォンを触っていない運転手は撮影から除外されます。またユニットが撮影した「疑わしい写真」は最終的に人間によって確認され、罰金として232ドル(約2万5000円)を科す違反通知書が運転手へと送られるとのこと。ニューサウスウェールズ州には、2019年12月までに計45台のカメラユニットが設置される予定となっています。

これが実際に撮影された写真。トラックの運転手が両手でiPhoneを触っています。


片手で通話しながら運転する男性も。


2019年1月から6月にわたってカメラは試験運用されており、850万台の車がチェックされ、約10万人の運転手が検知されました。中には運転中にも関わらずiPhoneとiPadを両方使っていたり、両手にスマートフォンを持ち同乗者に運転を任せる運転手もいたとのこと。


ただし、カメラユニットの設置は運転手への通知なしに行われたため、交通サービスを提供するNRMA(National Roads and Motorists' Association)の広報であるPeter Khoury氏によって非難されています。NRMAはスマートフォン運転を取り締まることの重要性を認めつつも、該当地域にカメラが設置されていることを運転手に通知すべきだったと述べています。Constance氏もこの点を認めており、「人々に『常に見られているのだ』と感じてもらうためにサプライズの要素を使わざるを得なかったことを、残念に思います」「今すぐに人々に行動を変えてもらいたかったのです。これは収益の問題ではなく、人命の問題です」とコメントしています。

なお、オーストラリアにおいてBluetoothを使ってのスマートフォン通話は許可されていますが、運転中にスマートフォンに触れることは違法であり、これは赤信号での停車中や交通渋滞の時にも該当します。今回の試用結果を受けて、政府はプログラムを拡大する見込みで、2023年までに1億3500万台の車がチェックされるようになるとみられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ろくでもない危険な運転をするドライバーほど無自覚であることが判明 - GIGAZINE

失った運転感覚を取り戻すべく「ペーパードライバー教習」に行ってみた - GIGAZINE

運転中のスマートフォン利用が増加中、飲酒運転よりも大きな影響になりつつある - GIGAZINE

ドライバーが運転中にメールを打ちすぎるから車の保険料が上がる - GIGAZINE

歩行者を死なせたUberのドライバーは事故当時スマホで動画ストリーミングを見ていた - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.