試食

ジャムなのに酢&ショウガがめちゃくちゃ強くて調味料としてのポテンシャルが高すぎな「アヲハタ 55ジャム」で肉料理をいろいろ作ってみた


「アヲハタ 55ジャム」シリーズから、青りんごの爽やかな酸味としょうがの風味が特徴の「リンゴ&ジンジャー」とバルサミコビネガーを加えた香りが特徴の「ブルーベリー&バルサミコビネガー」が2019年8月16日(金)から登場しています。ジャムといえばトーストですが、新登場した2つのジャムはショウガやバルサミコ酢の風味が肉料理にも合うとのことなので、トーストのお供としてだけでなく、調味料としてのポテンシャルも確かめてみました。

「アヲハタ 55ジャム」シリーズから2品を期間限定で新発売 リンゴ&ジンジャー ブルーベリー&バルサミコビネガー|ニュースリリース|アヲハタ
https://www.aohata.co.jp/news/release/20190716.html

◆トーストのお供にしてみる
左から「リンゴ&ジンジャー」と「ブルーベリー&バルサミコビネガー」。内容量はいずれも150gとなっています。


ブルーベリー&バルサミコビネガーの原材料名を見てみると、ブルーベリー、砂糖に続いて「ぶどう酢」の文字が並んでいます。カロリーは大さじ1杯(20g)で35kcal。


リンゴ&ジンジャーの方にはりんご、しょうが、クエン酸ナトリウム、香辛料などが入っています。こっちは20gあたり37kcalです。


さっそくフタを開けて、どれどれ……と覗きこんでみると、見た目はどう見てもブルーベリージャムなのに、かなり強めのお酢の香りがツンと鼻をさします。


まずはそのままで味見してみると、梅干しを食べた時のように目と口をぎゅっとすぼめてしまうほどの酸味。その後、ブルーベリーの甘みがじわじわ広がっていきますが、ジャムというより「酢」寄りの仕上がりでした。


リンゴ&ジンジャーも、しょうが湯のような香りがぶわーっと口の中に広がり、りんごというよりしょうが強めの仕上がり。しょうが特有のピリッとスパイシーな感じもあります。こっちは紅茶やお湯に溶いてもよさそうでした。


どちらのジャムもかなり極端な味わいなので、「これはパンに合うのだろうか……?」と不安になったのですが、実際にバタートーストに付けてみると、ブルーベリー&バルサミコビネガーの酸味や酢の香りは適度に中和され、かなり食べやすくなります。ここまで偏った味わいのジャムもなかなかないので、逆にいうとレモンのお菓子など酸味のある食べ物が好きな人ならドストライクの可能性があり、ぜひパンのお供として試してもらいたい品。


リンゴ&ジンジャーもバタートーストにつけると、しょうがの香り、トーストの香ばしさ、りんごの甘さがいい感じに融合していました。


◆調味料として使ってみる
ブルーベリー&バルサミコビネガーは、バルサミコビネガーにより、牛肉との相性が良いとのことなので、ステーキソースとして使ってみます。まずはステーキに塩コショウで下味をつけます。


ステーキ2枚に対し、ソースに使うジャムは50g。


油をひいたフライパンでステーキを焼いて……


焼き終えたステーキをフライパンからあげて、肉汁の残るフライパンにジャムを投入。温める程度でOKなので、予熱でも大丈夫でした。


お皿にステーキを盛り付けて、ソースをかけたら完成。


火を通すことによるジャムの味の変化は驚くほどで、生のままだとツンとした酢の匂いと酸味がありましたが、加熱することで酢っぽさが消え、果物の甘みと肉のうまみ、塩コショウが絶妙にマッチしていました。もちろんトーストのお供としても使えるのですが、調味料としてのポテンシャルの方が高い印象。ジャムは一瓶購入すると食べきれずに残ってしまいがちですが、ブルーベリー&バルサミコビネガーについてはその心配はなさそうです。


肉汁と合わさったジャムは、サラダのドレッシングとしてもぴったりでした。


さらに、リンゴ&ジンジャーを使って豚しょうが焼きも作ってみます。


油を引いたフライパンの中に、豚ロースの薄切り肉と、リンゴ&ジンジャーを大さじ1投入します。


その後、大さじ1のしょうゆも加えて混ぜ混ぜ。


しっかり火が通ったら、火を止め、大さじ1杯分のジャムを追加で入れます。


これで完成。


豚しょうが焼きでいうところの砂糖やみりん、ショウガの要素をジャムに置き換えているわけなので、理屈的には完璧にしょうが焼きです。ただし、しょうがのピリッとしたところはあまり感じられず、ほんのり香る程度なので、どちらかというと照り焼きに近い仕上がりでした。味としては文句の付けようがなく、これも調味料としてのジャムの可能性の高さを実感した一品でした。


なお、記事作成時点で「アヲハタ 55リンゴ&ジンジャー」と「アヲハタ 55ブルーベリー&バルサミコビネガー」は、4個セットがAmazonでそれぞれ税込1002円と税込1028円から購入可能となっていました。

Amazon | アヲハタ 55リンゴ&ジンジャー 150g ×4個 | アヲハタ | ジャム・コンフィチュール 通販


Amazon | アヲハタ 55ブルーベリー&バルサミコビネガー 150g ×4個 | アヲハタ | ジャム・コンフィチュール 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
宝石のような美しさのリキュール漬け氷砂糖「ミヒェルゼン キャンディス」で紅茶のレベルを上げてみました - GIGAZINE

スコッチウイスキー「ボウモア12年」と「マッカラン10年」が入ったマーマレードつけまくり試食レビュー - GIGAZINE

コーヒーの「ごみ」だったのに今やコーヒー豆より高価になったコーヒー果皮「カスカラ」はどんな味なのか?試してみました - GIGAZINE

メープルシロップの生産量を5~6倍に引き上げることができる新技術 - GIGAZINE

バター化したパッションフルーツ「リリコイバター」が南国み感じられる至福の食べ物でした - GIGAZINE

金木犀の儚く甘い香りを年がら年中楽しめる「金木犀の花びらジャム」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.