動画

「ビル・ゲイツの頭の中はどうなっているのか」に迫ったドキュメンタリー「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」予告編公開


Microsoft創業者であり、近年は慈善活動家としてエネルギー問題や病気の根絶や治療法開発に力をいれているビル・ゲイツ氏。2019年において世界で最も成功した人物の1人であり、純資産は900億ドル(約10兆円)を上るといわれるゲイツ氏の頭の中に迫ったドキュメンタリー「天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する」が公開されています。

『天才の頭の中: ビル・ゲイツを解読する』予告編 - Netflix - YouTube


「ビル・ゲイツ、好きな動物は?」「犬」


「好きな食べ物は?」「ハンバーガー」


「朝食は何を?」「抜いた」……という矢継ぎ早のインタビューからムービーはスタート。そして「最も恐れることは?」という問いに……


「脳が動きを止めてしまうこと」とゲイツ氏は答えます。


ある女性がゲイツ氏についていわく、「ビルは複数のプロセッサを搭載しています。本を読みながら……」


「同時に別のことを処理するんです」


「まるでカオスですよ」


ムービーはゲイツ氏の私生活に密着しつつ、近しい人々へのインタビューを敢行。


「彼にとって複雑さこそが生きがいなんです」


「まず頭の中にフレームワークを作って、そこに情報を入れていくので、ピースが足りなかった時のいらだちがすごいんです」


「でも彼が静かにしている時、頭の中では他の人が考えつかないアイデアが生まれています」


Microsoftを創業した頃、ゲイツ氏は昼夜を問わずに働いていました。


スタートアップだったMicrosoftが大きくなったのは、これが理由だとビル・ゲイツは語っています。


「ただし、行きすぎる時もあった」とゲイツ氏。「あなたは全然理解していない!」と叫ぶゲイツ氏に……


相手はこの表情。


Microsoftの発表会の様子。


過去最高の株価を記録し……


ゲイツ氏は「彼は市場をつかむことなら何でもやるだろう」と評されました。


一方でゲイツ氏の母親は、ゲイツ氏に対して「もっと家族やコミュニティーにつくしなさい」と語っていました。


「母の言葉に従わず、母にはつらい思いをさせた」とゲイツ氏。


ゲイツ氏の頭の中にはMicrosoftのことばかり。


何かを読むゲイツ氏の眼球が高速で動いているのがわかります。


世界中からの注目を浴び、ゲイツ氏はどんどん成功の道を上り詰めていきました。


しかし、時にパイ投げスナイパーの標的になることも。


過去を振り返りゲイツ氏は「私はものの見方を誤っていた」と語ります。


「人生の中で、何が世界にとって重要なのかを決めなければいけません」


エネルギー問題や……


気候変動


病気の根絶


これらが重要だと思うからこそ、ゲイツ氏は異様な速さで問題解決手段を発展させてきました。


「私たちは時間を無駄にしました」


「彼はあり得ない角度から問題を見るんです」


「核エネルギー開発は過去25年間、イノベーションが起こりませんでした」


「ほんの少し進歩したいのなら、全体からものを考えないと」


「彼は逆境でこそ力を発揮するんです」

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Windowsの生みの親であるビル・ゲイツ氏が犯した「過去最大の過ち」とは? - GIGAZINE

ビル・ゲイツが「過去最高」と語った投資とは? - GIGAZINE

ビル・ゲイツが称賛した「世界から貧困は減っている」というグラフを学者が完全否定 - GIGAZINE

「この夏読むべき5冊の本」をビル・ゲイツが発表 - GIGAZINE

ビル・ゲイツが「ここ10年で読んだ最高の一冊」を発表、選ばれた「永遠のお気に入り」とは? - GIGAZINE

in 動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.