セキュリティ

YouTubeが「不正な著作権侵害申請を繰り返した」として男性を訴える

By Rachit Tank

2019年8月19日、YouTubeが「デジタルミレニアム著作権法(DMCA)を悪用して、他者のムービーを著作権侵害だとする削除申請を再三行った」として、アメリカのネブラスカ州の男性に対する訴訟を開始しました。この男性は、DMCAの制度を悪用して「スワッティング」を行ったという疑惑も持たれています。

Youtube-v-Christopher-Brady-DMCA-abuse-complaint-191908.pdf
(PDFファイル)https://torrentfreak.com/images/Youtube-v-Christopher-Brady-DMCA-abuse-complaint-191908.pdf


Man sued for using bogus YouTube takedowns to get address for swatting | Ars Technica
https://arstechnica.com/tech-policy/2019/08/man-sued-for-using-bogus-youtube-takedowns-to-get-address-for-swatting/

YouTube sues alleged copyright troll over extortion of multiple YouTubers - The Verge
https://www.theverge.com/2019/8/19/20812144/youtube-copyright-strike-lawsuit-alleged-extortion-minecraft

不正な削除申請を再三行ったとYouTubeに訴えられているのがクリストファー・L・ブレイディ氏です。ブレイディ氏は2019年1月にYouTube上にマインクラフトのゲームプレイムービーを投稿する2人のユーザーに対し、「自身が著作権を持つ素材を使用したムービーだ」という虚偽の削除申請を提出。YouTubeはこの訴えを受理し、当該ムービーを削除しました。


さらに、ブレイディ氏は、「YouTubeが3回目の著作権侵害申請によってアカウント停止措置を執る」というシステムを悪用して、YouTubeによってムービーが削除された2人のユーザーに対し「3回目の著作権申請侵害をしてやる」と恐喝。1人目には150ドル(約1万6000円)、2人目には300ドル(約3万2000円)を要求しました。

ブレイディ氏に恐喝を受けたユーザーのエピソードは以下の記事から詳細を読むことができます。

YouTubeの違反報告プログラムを悪用してYouTuberを恐喝する事件が発生 - GIGAZINE


DMCAに「故意に理由を偽って削除申請を行った者は、削除申請を受けた者とサービスプラットフォームの提供者に対して費用の責任を負う」と規定があることを理由として、YouTubeは補償的損害賠償と同種の詐欺行為に対する禁止命令を要求しています。

By Alex_star

YouTubeによると、ブレイディ氏が行った行為は恐喝にとどまりません。YouTubeでは著作権侵害申請に対し「自身のムービーは著作権を侵害していない」と異議申し立てを行うと、侵害訴訟を起こせるように申請者に対してムービーをアップロードしたユーザーの氏名・住所が通告されます。この仕様を悪用してブレイディ氏の申請に対して異議申立てを行ったユーザーが「重大事件が起きている」と通報され、武装した警官を送り込まれる「スワッティング」の被害を受けたとTwitter上で報告しているとのこと。

By Getmilitaryphotos

YouTubeはブレイディ氏がスワッティングを行ったという証拠を提出していませんが、事件の一連の流れからブレイディ氏の関与は明白であると主張しています。

ブレイディ氏は今回のような不正な著作権申請を行うためにアカウントを15個も使い分け、自分の身元を巧妙に偽装していたそうです。このニュースを報じたThe Vergeは「同種の偽装法を使われると、YouTubeは不正な著作権侵害申請を検知できなくなる可能性があります」と記しています。

なお、YouTubeは2019年2月25日から3回の著作権侵害申請でアカウントを削除する「3ストライク」制度を改訂しています。

YouTubeが違反警告システムを改定、「3ストライク」の前に注意とポリシーの再確認を促すように - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
YouTubeの違反報告プログラムを悪用してYouTuberを恐喝する事件が発生 - GIGAZINE

YouTubeは1日に9万本・計820万本のムービーを規約違反で公開停止、大半がアルゴリズムによる自動停止 - GIGAZINE

YouTubeのレイプムービーが虚偽だと発覚、「被害者」の女性を逮捕 - GIGAZINE

ゲーム上の口論を発端に全く関係ない第三者が警察に射殺された事件で偽の通報をした人を逮捕、ただし容疑者はまだ存在する可能性あり - GIGAZINE

YouTubeが違反警告システムを改定、「3ストライク」の前に注意とポリシーの再確認を促すように - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ネットサービス,   セキュリティ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.