ネットサービス

ホワイトハウスが「トランプ大統領にソーシャルメディアによる言論弾圧を報告するツール」を公開

by WhiteHouse

アメリカのホワイトハウスは2019年5月15日、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアプラットフォームでBANや凍結などによって言論弾圧を受けていると思われた時にトランプ大統領へ報告するサイト「Tech Bias Story Sharing Tool」を公開しました。

Tech Bias Story Sharing Tool
https://whitehouse.typeform.com/to/Jti9QH


White House launches tool to report censorship on Facebook, YouTube, Instagram, and Twitter - The Verge
https://www.theverge.com/2019/5/15/18626785/white-house-trump-censorsip-tool-twitter-instagram-facebook-conservative-bias-social-media


Facebook・Twitter・Instagram・YouTubeなどから言論弾圧を受けたと感じたユーザーは、アンケート作成サービスのTypeformで作成されたTech Bias Story Sharing Toolから、スクリーンショットと当該コンテンツへのリンク、そして実行された強制措置についての説明を送信することができます。そのトップページには「あまりにも多くのアメリカ人が、ユーザーポリシーの不明確な違反を理由にアカウントを凍結されたり、詐欺だと報告されたりしています」「あなたの意見がどうであれ、政治的偏見によってアカウントが凍結されたのではないかと疑いがあるなら、あなたの話をトランプ大統領と共有してください」と書かれています。


Twitterの広報担当者は、Tech Bias Story Sharing Toolに対して「私たちはその背景や政治的所属に関わらず、すべてのユーザーに対して公平にTwitterの規則を適用します。私たちはシステムの改善に絶えず取り組んでいて、私たちの努力によってTwitterは透明性を保ち続けます」と述べました。また、The VergeはFacebook、Google、YouTubeにコメントを求めたそうですが、回答は得られていないそうです。

このTech Bias Story Sharing Toolがリリースされた背景には、保守派であるトランプ大統領の支持者や極右系評論家からの「TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアは、保守派だけを選択的に検閲し、凍結処分にするなどの言論弾圧を行っている」という主張があります。


2018年4月、かねてよりトランプ大統領支持を表明していたビデオブロガーのリネット・ハーダウェイさんとロシェル・リチャードソンさんが、下院司法委員会に召喚された際に「Facebookは私たち保守派の意見を検閲して不当に隔離している」と繰り返し主張。これ以降、共和党は「保守派がソーシャルメディア上で言論弾圧を受けている」という主張に基づいて、下院エネルギー・商業委員会や上院司法委員会など一部の委員会で「ソーシャルメディアによる情報検閲」に関する公聴会を開きました。

また、トランプ大統領の長男であるドナルド・トランプ・ジュニア氏は、Facebookが陰謀論者のアレックス・ジョーンズ氏を他の極右系評論家や活動家と共に凍結すると発表したことを受けて、「Facebook上の保守派やその他大手独占企業を意図的かつ計算された形で黙らせることは誰もが恐れるべきことです」と発言しました。ジョーンズ氏は2018年8月にはTwitterからも永久凍結処分を受けていて、トランプ大統領支持者からは「ソーシャルメディアが保守派のアカウントに対して凍結を行うのは言論弾圧だ」という主張が相次ぎました。

Twitterが陰謀論を唱える活動家のアカウントを永久凍結処分 - GIGAZINE


なお、2019年4月にトランプ大統領はTwitterの創設者でCEOのジャック・ドーシー氏と会見。Twitterの関係者によると、この会見には「Twitterにおけるオピオイドのまん延など、Twitterの健全性について議論する」という目的があったにも関わらず、トランプ大統領は30分という時間の大部分をかけて、自身のフォロワーが減ったことに対する不満を述べたと報じられました

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
差別的主張や陰謀論を唱える人気コメンテーターのYouTubeチャンネルが停止されてしまう - GIGAZINE

Twitterが陰謀論を唱える活動家のアカウントを永久凍結処分 - GIGAZINE

Twitterのジャック・ドーシーCEOは「Twitterをより健全な場所にするため率先して行動したい」と語る - GIGAZINE

Twitterが差別発言の温床となっているのはジャック・ドーシーCEOの個人的判断が原因だとする指摘 - GIGAZINE

人種差別サイトに利用された「カエルのペペ」の奪還についに成功、ネオナチサイトが画像を全削除 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ,   ネットサービス, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.