メモ

Twitterが陰謀論を唱える活動家のアカウントを永久凍結処分


SNSを使用して主張を世界中に発信していた右派活動家アレックス・ジョーンズ氏が、過去の違反行為に加えて、新たに「攻撃的な行為」の違反をしたことで、Twitterからアカウントの永久凍結処分を受けたことが明らかになりました。


Twitter permanently bans Alex Jones, Infowars over 'abusive behaviour' | CBC News
https://www.cbc.ca/news/technology/twitter-permanent-ban-alex-jones-infowars-1.4813551

ジョーンズ氏は、以前から差別的発言や陰謀論をSNSを使って発信してきた人物で、2018年8月にYouTubeとFacebook、Appleからアカウント削除の措置を受けています。

差別的主張や陰謀論を唱える人気コメンテーターのYouTubeチャンネルが停止されてしまう - GIGAZINE


その際、Twitterのアカウントは無事に残されましたが、ジョーンズ氏をはじめとして差別的発言をする著名人のアカウントが凍結されないことに対して、ジャック・ドーシーCEOの影響があることが指摘されていました。

Twitterが差別発言の温床となっているのはジャック・ドーシーCEOの個人的判断が原因だとする指摘 - GIGAZINE


しかし、とうとう度重なるポリシー違反によって、ジョーンズ氏はTwitterアカウントも永久凍結されることになりました。ジョーンズ氏は自身の公式サイト「Infowars」で声明を発表しています。

Exclusive: Alex Jones Responds to Twitter Ban
https://www.infowars.com/breaking-alex-jones-banned-from-twitter/


なお、ドーシーCEOが公聴会に出席した際に、現場を訪れたジョーンズ氏がドーシーCEOに何かを主張する様子が「あまりにも見事な写真」として話題になっています。写真左側でガードマンに守られるようにして歩いているのがドーシーCEO、写真右側で背の高い男性に制止されているのがジョーンズ氏。撮影はM・スコット・マハスキー氏。

・関連記事
Twitterのジャック・ドーシーCEOは「Twitterをより健全な場所にするため率先して行動したい」と語る - GIGAZINE

Twitterが差別発言の温床となっているのはジャック・ドーシーCEOの個人的判断が原因だとする指摘 - GIGAZINE

差別的主張や陰謀論を唱える人気コメンテーターのYouTubeチャンネルが停止されてしまう - GIGAZINE

人種差別サイトに利用された「カエルのペペ」の奪還についに成功、ネオナチサイトが画像を全削除 - GIGAZINE

in ネットサービス,   メモ, Posted by logc_nt