サイエンス

2024年までに人類を再び月面に送る「アルテミス計画」をNASAが発表、史上初となる女性の月面到達も目指す

by NASA

2019年5月14日、アメリカ航空宇宙局(NASA)は「2024年までに有人月面着陸を成功させる」というアルテミス計画をTwitter上で発表しました。アルテミス計画では男女2人が月面へ送られ、成功すれば「女性の宇宙飛行士として人類史上初の月面着陸」という偉業も達成される見込み。また、NASAはアルテミス計画を実現させるために、連邦議会に対して追加予算も申請しました。


NASA Moon and Mars
https://www.nasa.gov/specials/moon2mars/


America to the Moon by 2024 NASA’s FY 2020 Budget Amendment Summary
(PDFファイル)https://www.nasa.gov/sites/default/files/atoms/files/nasa_fy_2020_budget_amendment_summary.pdf


ギリシャ神話に登場する狩猟と貞潔の女神であり、月の女神でもあるアルテミスは、芸術・芸能の男神であるアポロンとは双子の関係です。アポロンは1960年代にアメリカで実施されたアポロ計画の由来であり、それを踏まえて「人類史上初めて女性が月に降り立つことを目指す計画」にアルテミスの名がつけられているというわけです。なお、記事作成時点でNASAが開発中の有人飛行用の宇宙船「オリオン」は、アルテミスの恋人だった狩人オリオンから名付けられています。

by Timothy Tolle

アルテミス計画で送られるのは男女2人で、もし成功すれば、月面に到達した宇宙飛行士として女性は史上初、男性は13人目という記録になります。冷戦時の宇宙開発競争の中で進められたアポロ計画は月面着陸そのものが1つの大きなゴールとなっていましたが、アルテミス計画における月面着陸はあくまでも有人火星探査の実現に向けた1歩であるとNASAは計画しています。

NASAがアルテミス計画を成功させるためには、2024年までに月面着陸船の設計と製作、新しい宇宙服の設計、関連プログラムの作成などが必要です。また、NASAはスペース・ロンチ・システム(SLS)と呼ばれる新しい打ち上げシステムを開発していて、2022年までにSLSとオリオンを使った月周回軌道の有人飛行を行うつもりだとしています。このSLSはアルテミス計画でも運用されるとのこと。

by NASA

NASAは2019年3月に連邦議会に対して210億ドル(約2兆3000億円)の予算を求めていましたが、「2024年までに月へ人類を再び送ることができるようにするため」という名目で2020年度予算に16億ドル(約1800億円)の追加を申請しました。NASAの内部関係者の証言によると、2024年までに月面へ到達するためには「1年につき60億ドル(約6600億円)から80億ドル(約8800億円)が必要」と見積もられているとのこと。NASA長官のジム・ブライデンスタイン氏はメディアに対して、「追加申請された16億ドルは今後数年間で必要となる追加予算の頭金だ」と語りました。

なお、トランプ大統領は、2019年5月14日付けで「我々が再び宇宙へ大手を振って戻れるように、NASAに対して16億ドルの追加予算を認めた」とツイートしました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「民間初の月面着陸」に惜しくも失敗し墜落した探査機から送られた最期の写真 - GIGAZINE

中国の無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸 - GIGAZINE

中国の月面探査機内で綿花が発芽、月面で初めて植物が成長する - GIGAZINE

Amazonのジェフ・ベゾスCEOが新型の月面着陸機「Blue Moon」のデザインを発表 - GIGAZINE

ガンダムに登場した「スペースコロニー」のモデルがジェフ・ベゾス氏の宇宙進出構想のベースになっている - GIGAZINE

NASAの火星探査機オポチュニティが予定の60倍という超長期ミッションをこなせた理由とは? - GIGAZINE

有人の月面都市計画を大手建築設計事務所が発表、デザインも公開中 - GIGAZINE

in 乗り物,   サイエンス, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.