ゲーム

UNOでドロー4にドロー2を重ねるのは間違いだと公式が発言して衝撃が広がる

Blacklisted

UNOをプレイしている時に、ドロー4が出た後のプレーヤーがドロー2を出し、結果として次の順序だった自分が計6枚のカードを引くことになる……という経験をした人もいるはず。憎しみを抱く相手とプレイする時に嫌がらせのように行われるこのやり方ですが、UNOの公式Twitterが「ドローにドローを重ねる」という手は公式ルールではないことを投稿しました。

'Uno' wants you to stop pulling this illegal, but diabolical move
https://mashable.com/article/uno-rule-clarification/

UNO公式Twitterアカウントが投稿した内容はこれ。誰かがドロー4のカードを出した時は次のプレイヤーがカードを必ず4枚引かねばならず、その際にプレイヤーの順序はスキップされます。ドロー4が出た時にドロー2を重ねて計6枚のカードを次のプレイヤーに課すことはできないとのこと。


実際のUNOのルールは以下に記載されていますが、「ドロー4にドロー2を重ねる」ルールについては記されていません。

41001-0925/UNO/Laam/Span/2L - 42001pr.pdf
(PDFファイル)https://service.mattel.com/instruction_sheets/42001pr.pdf

また、ドロー4にドロー4を重ねるやり方についてもUNO公式Twitterは否定。


ドロー2にドロー2を重ねるのもダメです。


UNOの投稿には「それはUNOがプレイされている方法じゃない」とコメントする人もいれば……


「みんなそんなことをやっているの?!」「そんなの無法地帯だ」と驚く人も。


ただし、公式がルールを説明しても「俺がルールだ」とばかりに今後もドローを重ねる気まんまんの人もいました。あくまでUNOのルールはハウスルールであり、友情を破壊し尽くすリスクを負える人は自己責任でハウスルールを無視してドローを重ねることができるそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
UNOに好きなオリジナルルールを増やせる「白いワイルドカード」が加わった新バージョンで遊んでみた - GIGAZINE

色覚障害の人でも遊びやすい新デザイン搭載のUNO「UNO ColorADD」が登場 - GIGAZINE

「ドス!」の叫びと足し算が肝となる「UNO」に続く新作カードゲーム「DOS」を遊んでみた - GIGAZINE

ウサギにエメラルドを食べさせ知識を共有しながらエデンまで駆け抜ける対戦型カードゲーム「Argoat」プレイレビュー - GIGAZINE

7本の剣で美少女と戦う1人プレイ可能な本格対戦カードゲーム「Blade Rondo」レビュー - GIGAZINE

脱出率12%という超難度の脱出ゲームを協力型ボードゲームで再現した「CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~」プレイレビュー - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.