ネットサービス

トランプ大統領による新型コロナウイルスの免疫に関するツイートにTwitterが注意喚起のフラグ付与


アメリカ大統領選挙のさなかにあるトランプ大統領が2020年10月2日、新型コロナウイルスに感染しました。大統領は5日には病院を出て、10日に早くもホワイトハウスでのイベントに参加するなど、元気な姿をアピールしていますが、その中で行った「私はもう新型コロナウイルスにかかることはないということだ」という免疫に関するツイートが、Twitterのルール違反であるというフラグの対象になっています。

当該ツイートはコレ。




ツイートは「昨日、ホワイトハウスの医師による『終了宣言』を受けた。つまり、私はもう新型コロナウイルスにはかからない(免疫)し、誰かに感染させることもないということだ。このことを知れてとてもうれしい!」という内容。

このツイートに対し、Twitterは「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)について誤解を招く情報や有害である可能性のある情報に関するルールに違反しています」というフラグを付与。このため、ツイートを読むこと自体はできるものの、返信や「いいね!」、コメントなしのRTはできない状態となっています。

退院してホワイトハウスに戻ってきた際の映像がまるで映画の予告編ばりで話題になったトランプ大統領、まだまだ選挙に向けてSNSを騒がせることになりそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterが「新型コロナに感染したトランプ大統領の死を望むツイートは許可できない」と警告 - GIGAZINE

Twitterはトランプ大統領のツイートにどういうプロセスでファクトチェックを推奨するラベルを付けたのか? - GIGAZINE

Twitterが再びトランプ大統領のツイートにラベル付け、今度は攻撃的な内容であることが原因 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.