乗り物

幅117メートルの世界最長翼を誇る飛行機「ストラトローンチ」が初飛行に成功、宇宙開発にも貢献する可能性


現地時間の2019年4月13日午前10時30分、アメリカ・カリフォリニア州にあるモハーヴェ空港から、左右の翼の長さ(翼幅)がなんと117mもある世界最長翼の飛行機「ストラトローンチ」が飛び立ちました。開発に8年もの歳月を費やしたストラトローンチのテスト飛行は成功を収め、将来的には宇宙開発の分野で重要な役割を担うかもしれないと期待されています。

Stratolaunch, the world’s biggest airplane, takes flight | Ars Technica
https://arstechnica.com/science/2019/04/stratolaunch-the-worlds-biggest-airplane-takes-flight/

World’s biggest airplane takes flight for the first time ever - The Verge
https://www.theverge.com/transportation/2019/4/13/18309129/stratolaunch-worlds-biggest-airplane-first-flight-rockets

アメリカのベンチャー企業ストラトローンチ・システムズは、史上最大の翼幅を誇る飛行機ストラトローンチのテスト飛行を2019年4月13日に行い、およそ150分間の試験飛行を成功させました。モハーヴェ空港から飛び立ったストラトローンチは、同空港へ着陸するまでに高度1万7000フィート(約5200m)まで上昇し、最高速度は時速189マイル(約304km)を記録したとのこと。

ストラトローンチ・システムズのCEOであるJean Floyd氏は、「ストラトローンチが飛び立つ様子を見た瞬間は、私にとって非常に感動的でした」と語っています。テストパイロットのEvan Thomas氏は記者団に対し、「フライトは非常に順調でした。飛行機は時計のように正確に動きました」とコメントしました。


実際にストラトローンチが空を飛ぶ様子を、以下のムービーから見ることができます。

Stratolaunch First Flight


未明の滑走路に現れる一機の飛行機。これからテスト飛行を行う予定となっている世界最長翼の飛行機、ストラトローンチです。


パイロットたちが乗り込みます。


ストラトローンチは水平尾翼垂直尾翼が二つの胴体に取り付けられている、「双胴機」と呼ばれるタイプの飛行機です。史上最大の翼幅を誇るストラトローンチは、10万平方フィート(約9200平方m)の面積を持つ格納庫の端から端までを占めているとのこと。


滑走路を走るストラトローンチ。


離陸時はパイロットたちにとっても緊張の一瞬です。


勢いよく滑走するストラトローンチが、ついに地面を離れました。


青空へと向かって上昇するストラトローンチに、観客から大きな歓声が浴びせられます。


双胴機を見慣れない人からすると、胴体を二つ持つ飛行機が飛んでいる姿は少し奇妙な感じがするかもしれません。


ストラトローンチに搭載された6台のプラット・アンド・ホイットニー社製のエンジンおよび28個のホイールは、いずれもボーイング747向けに製造されたもの。最大離陸重量は130万ポンド(約59万kg)とのこと。


Microsoftの共同創業者としても知られるストラトローンチ・システムズの創業者であるポール・アレン氏は、2018年10月に悪性リンパ腫によって亡くなりました。今回のフライトをアレン氏が見ることは叶いませんでしたが、Floyd氏は「アレンは離陸の場にいませんでしたが、ストラトローンチが離陸した瞬間、私はアレンに『ありがとう』とささやきました」と述べています。


ストラトローンチは無事に着陸を成功させました。


喜びを分かち合うメンバーたち。


近い将来、ストラトローンチ・システムズは、「ストラトローンチに人工衛星を搭載した250トンのロケットを積載し、高度3万5000フィート(約10km)の地点まで上昇したところでロケットのエンジンを点火させ、空中から人工衛星を打ち上げる」という計画を実現に移したいと考えています。空を飛ぶ飛行機から人工衛星を打ち上げられるようになれば、人工衛星を打ち上げるのに地球の数少ない施設をずっと前から予約し、長い待ち時間を経験する必要もなくなるとのこと。ストラトローンチ・システムズ以外にもヴァージン・オービットといった企業が人工衛星搭載ロケットを飛行機から打ち上げる計画を持っており、やがて飛行機からの人工衛星発射が一般的になる日が来るかもしれません。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
飛行機が時代と作られた目的を問わずに行き着く場所「飛行機の墓場」ことアメリカのモハーヴェ空港のフォトリポート - GIGAZINE

「空飛ぶスポーツカー」二人乗り軽飛行機の「Icon A5」の納機が2016年に開始へ - GIGAZINE

航空機の「ブラックボックス」は事故の原因をどうやって解明するのか? - GIGAZINE

フライトの途中で飛行機の扉が開くと乗客の身に何が起こるのか? - GIGAZINE

飛行機の中で人の感情・認知能力・体は変化し、地上とは異なる反応を見せるようになる - GIGAZINE

世界中の空港を結ぶ飛行機の路線とフライトを可視化する「Flight Stream」 - GIGAZINE

リアルタイムで飛行機の位置を表示する「Flightradar24」を自作する方法 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 乗り物,   サイエンス,   動画, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.