取材

アメリカの「100円ショップ」には一体どんなものが売っているのか?


アメリカにも日本の100円ショップのような業態の「99セントショップ」があります。ロサンゼルスで偶然、99セントショップを見つけて、アメリカの100円ショップには一体どんなものが売られているのか気になったので、中をのぞいてみることにしました。

Dollar Tree」という99セントショップ。大きなスーパーマーケットくらいのサイズがありました。


さっそく中に入ってみます。


店内はこんな感じ。


日本の100円ショップとほとんど同じような商品の展示になっています。


訪れたのは11月初旬だったため、クリスマス向けコーナーができていました。


グラスやマグカップ


スプーンやフォーク


水回りのプラスチック製品や……


ハンガーなど、基本的には日本の100円ショップと同じような商品が並びます。


ただし、写真たては、乱雑に積み上げられていました。


中にはDIYの盛んなアメリカらしく、ペイント用のブラシやハケや……


巨大なステッカー


充実したパーティグッズ


おもちゃの銃など、アメリカらしい品ぞろえも確認できます。


アメリカのミニカー「ホットウィール」もあり。


飲料コーナー


サイズがデカい……。


99セントショップでは、2.5Lサイズのペットボトル飲料が主流でした。


洗剤コーナー


やはり容器は大きめ。


飲料やお菓子など、食料品のサイズはどれもアメリカンでした。


また、ドッグフードもそろえられてました。


ガラスケースの中の冷凍食品はピザ……


ハンバーガー


フライドポテト


バタートーストと、やはりアメリカンでした。


今回訪れた99セントショップの場所はロサンゼルス空港から東へ約4キロメートルほどの場所にありましたが、付近に99セントショップが3店もひしめく激戦区となっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカ人が太る理由が分かった気がした巨大化した食料品たち - GIGAZINE

アメリカのファストフードはマクドナルド以外にもハンバーガーだらけ - GIGAZINE

既存のスーパーを淘汰しかねない、ヨーロッパのディスカウントストア事情 - GIGAZINE

「20円のキットカット」もあった世界の多国籍企業によるインドへの熱い眼差し - GIGAZINE

甘さに加減がないアメリカのチョコレートキャンディの攻撃力 - GIGAZINE

in 取材, Posted by logv_to

You can read the machine translated English article here.