レビュー

AC出力に対応した2000台限定の超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore AC」を実際に使ってみた


モバイルバッテリーやオーディオ機器で知られる「Anker」から「Anker PowerCore AC」が2018年10月02日(火)に公式オンラインストアとAmazon.co.jpにて2000台限定で登場します。「Anker PowerCore AC」は、Ankerの看板商品ともいえるモバイルバッテリーとして初めてAC出力に対応したモデルで、外出先でコンセントによる充電が必要になったときにも対応可能な超大容量バッテリーとのこと。持ち運びに便利な専用トラベルケースも付属され、旅行時の備えから普段使いにまで対応するということで、その実際の使い勝手とパワーはどんなものなのか一足先に試してみました。

Anker PowerCore AC|モバイルバッテリー・充電器の製品情報 | Anker(アンカー)公式オンラインストア
https://www.ankerjapan.com/category/HIGHCAPACITY/A1380.html

こちらが「Anker PowerCore AC」のパッケージ。Anker製品でおなじみの、青と白のカラーリング。


中を開けてみると、持ち運び用のトラベルケース・Anker PowerCore AC本体・ACアダプター・Micro USBケーブル・説明書・サポート連絡先が入っていました。


バッテリー本体をiPhone 6sと比較するとこんな感じ。タテが約18cm、ヨコが約12cm。


本体の重さは714g。


本体側面には左から順にAC出力ポート・AC出力用電源スイッチ・充電用ポート・USBポート×2・電源ボタンがあります。Anker PowerCore ACはこれまでに登場したAnkerのモバイルバッテリーと違い、家庭用コンセントをACアダプターで接続して給電することが可能。


トラベルケースはタテが約15cm、ヨコが約22cmほどの大きさ。


トラベルケースの中にはバッテリー本体をすっぽりと納めることが可能で……


トラベルケース上部にはこのようにしてケーブル類が収納できるスペースが備え付けられています。


トラベルケースの中にAnker PowerCore AC本体・ACアダプター・Micro USBケーブルを入れた状態の重さは1282g。片手で持ち運ぶのは、少々大変な重さ。


Anker PowerCore AC本体を充電するには、充電用ポートに付属のACアダプターを挿して電源用コンセントに接続すればOK。


バッテリー残量は接続部右端の電源ボタンを押すことで確認可能。LEDランプの点灯数がバッテリー残量を示していて、満充電に近い状態だと4つのLEDランプが点灯します。


スマートフォンなどに給電したい場合は、バッテリー本体のUSBポートにMicro USBケーブルを挿して……


スマートフォン等のデバイスに充電できます。もちろんiPhone XS Maxにも充電可能。


「AC出力がウリというけれど、どれくらい給電できるんだろう?」とは誰もが気にするところ。そこで、実際にフル充電したAnker PowerCore ACで電池残量2%のノートPC「Panasonic let'snote CF-SX2」に給電しつつ、PCを実際に稼働させてみました。


実際に給電している様子は以下のムービーから見ることができます。

「Anker PowerCore AC」でノートPCにAC出力を使って何時間給電できるのか実際に試してみた - YouTube


ノートPCの電源設定をすべて「高パフォーマンス」に替えて常に消費電力を最大にし、YouTubeで放送されている「NASA Live: Earth From Space」というライブストリーミングを流し続けてタイムラプス撮影してみました。撮影を12時05分からスタートして14時50分にはノートPCがダウンしたので、約2時間45分ほどAnker PowerCore ACから給電し続けられたことになります。PCの電源設定を節約モードにしておけばより長時間の使用ができるため、モバイルバッテリーとしては十分。また、別売りのソーラーチャージャーからAnker PowerCore ACに給電できるとのことで、登山や災害時を想定した使い方も可能となっています。


なお、「Anker PowerCore AC」は税込1万4999円となっており、Amazonでは先着200個限定で2000円オフの1万2999円で購入可能なキャンペーンを発売開始からスタートしています。

Amazon.co.jp: Anker PowerCore AC(22000mAh 超大容量 AC出力搭載モバイルバッテリー)【90WのAC出力 / 2つのUSBポート / PowerIQ対応】

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Micro-USBとUSB Type-Cのどちらのケーブルでも充電可能なAnkerのモバイルバッテリー「Anker PowerCore Lite 10000」を使ってみた - GIGAZINE

音楽再生やハンズフリー通話もできる万能カーチャージャー「Anker Roav FM Transmitter F2」レビュー - GIGAZINE

コンパクト&軽量でUSB PD対応USB Type-Cポート&USBポート搭載の壁挿し型充電器「Anker PowerPort II PD with 1 PD and 1 PIQ 2.0」 - GIGAZINE

任天堂公式のNintendo Switch向けモバイルバッテリー「PowerCore 13400」と「PowerCore 20100」を使ってみた - GIGAZINE

わずか3時間でiPhone Xを0%から満充電可能なAnkerのワイヤレス充電器「Anker PowerWave 7.5 Pad」「Anker PowerWave 7.5 Stand」レビュー - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア,   動画, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.