×
レビュー

iPhone XS/XS Maxを旧モデルと比較しながらベンチマークテストをしてみた、果たしてApple A12搭載モデルはどれほど性能が向上しているのか?


2018年9月21日に発売された、Appleの新型ハイエンドスマートフォン「iPhone XS/XS Max」は、業界初の7nmプロセスで作られ、6コアのCPUと4コアのGPUを搭載している最新チップ「Apple A12 Bionic」を搭載し、前モデルのiPhone Xに比べてその処理能力が向上しているといわれています。iPhone XS/XS Maxが実際にどれくらい処理能力が上がっているのかiPhone 7 PlusやiPhone Xと比べながらベンチマークテストを行ってみました

iPhone XS - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/iphone-xs/


用意したのは、iPhone 7 Plus(32GB)・iPhone X(64GB)・iPhone XS(64GB)・iPhone XS Max(64GB)です。iPhone 7 Plusは「Apple A10 Fusion」チップセットを、iPhone Xは「Apple A11 Bionic」チップセットを、iPhone XSとiPhone XS Maxは「Apple A12 Bionic」チップセットを搭載しています。全ての端末で、OSはiOS 12.0にアップデート済み、バッテリー残量は80%以上となっています。


ベンチマークソフトには、Antutu Benchmark Soft Ver.7.0を使用しました。

「安兔兔评测—硬件检测、跑分」をApp Storeで
https://itunes.apple.com/jp/app/id803837129


室温25度・湿度66%の部屋で、さっそくスコアを計測してみました。


◆iPhone 7 Plus
まず、一番世代が古いiPhone 7 Plusのスコアは「16万6536」でした。ベンチマークの動作中でも、やはり一番時間がかかりました。


そのうち、CPUとGPUのスコアはこんな感じ。


◆iPhone X
iPhone 7 Plusよりチップセットが1世代新しいiPhone Xで計測したところ、「19万2615」という結果で、iPhone 7 Plusよりもやはり少し高い値になっています。


念のため、スコア内訳のうちCPUとGPUを見てみると、GPUの「3D [Refinery] Score」の計測に失敗していました。


なお、以下の画像は編集部員私物のiPhone X(256GB)で計測したところで、「23万178」というスコアを計測しています。


私物のiPhone Xでは、3D [Refinery] Scoreの計測に成功していました。3D [Refinery] Scoreはおよそ40000近い数値が出ているので、もう1つのiPhone Xも本来は22~23万ぐらいのスコアが出ていると考えられます。


◆iPhone XS/XS Max
最新世代のチップセットであるA12 Bionicを搭載したiPhone XSの計測スコアは「24万4393」でした。


CPUとGPUの内訳を見てみると、またもや3D [Refinery] Scoreの計測に失敗していました。しかし、それでもiPhone Xの値を超えてきているので、ひとまず世代が進んで性能アップは感じられるところ。


iPhone XS MaxはiPhone XSより大きなディスプレイサイズですが、同じApple A12を搭載で内蔵メモリ4GBと、ハードウェア性能についてはiPhone XSとほぼ同じ。そんなiPhone XS Maxの計測結果は「33万2249」と、iPhone 7 Plusのほぼダブルスコアをマーク。


CPUとGPUの内訳を見てみると、3D [Refinery] Scoreの計測に成功し、55497というスコアをたたき出していました。iPhone XSでも同じだけの3D [Refinery] Scoreが出たと想定すると、およそ30万ほどのスコアが出ていたことになります。


◆まとめ
iPhone XとiPhone XSは見た目もほとんど同じとなっていますが、ハードウェア性能は確実に上がっています。総合スコアから単純計算すると、iPhone XS/XS MaxはiPhone Xの1.2~1.3倍の処理能力を持っているといえますが、普段からiPhone Xを使って満足している編集部員からすると、わざわざiPhone XSに買い替えたくなるほどの差ではありません。ただし、ハイスペック必須の3Dゲームをプレイする場合は、少しとはいえ処理が速くなるので、A12 Bionicの爆速化の恩恵に授かれるといえます。

2世代前のチップセット搭載モデルであるiPhone 7/7 Plusと比べると、iPhone XS/XS Maxはほぼ倍の性能といえます。AR対応アプリ・ハイスペックなゲーム・高画質ムービーをメインに据え置いたネットコンテンツなど、ハードウェアの性能を要求するようなコンテンツが今後リリースされるであろうことを考えると、「iPhone Xは見送ったけれど、そろそろスマートフォンの買い替えを考えている」という人にとって、iPhone XS/XS Maxは選択肢の1つとするのもありといえます。

・関連記事
撮った後でも背景のボケを簡単に調整できる「iPhone XS」「iPhone XS Max」の「ポートレードモード」新機能を試してみました - GIGAZINE

「iPhone XS」「iPhone XS Max」速攻フォトレビュー、前モデルのiPhone Xから何が変わったのか? - GIGAZINE

「iPhone XS」&「iPhone XS Max」が発表、iPhone Xの後継機は2モデル展開&3カラー展開 - GIGAZINE

Appleの新型iPhone「iPhone XS/XS Max/XR」の実機写真&ムービーまとめ - GIGAZINE

Apple新製品「iPhone XS/XS Max/XR」「Apple Watch Series 4」の高解像度画像まとめ - GIGAZINE

新型iPhone3モデル「iPhone XS/XS Max/XR」&「Apple Watch Series 4」が発表されたAppleの新製品発表イベントまとめ - GIGAZINE

in レビュー,   モバイル,   ハードウェア, Posted by log1i_yk