レビュー

何度も命を落としながらスタイリッシュなアクションで複雑なダンジョンを冒険する「Dead Cells」をNintendo Switchで遊んでみた


フランスのゲームスタジオ・Motion Twinが開発した2D探索アクション「Dead Cells」がPC・PlayStation 4・Nintendo Switch向けに、2018年8月7日にリリースされました。ランダムに生成されるダンジョンに何度も挑戦する「ローグライク」と、2Dマップを自由に探索する「メトロイドヴァニア」を融合したゲームとのことで、Nintendo Switch版を実際に遊んでみました。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Dead Cells
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013175


さっそくゲームをスタートすると、薄暗い場所の天井にあるパイプから、汚物のような塊が落ちてきました。


謎の塊は、処刑されたばかりの死体の元へ向かいます。


むくりと起き上がったのは首のない男


そのまま段差を登ると、一人の女騎士がいました。彼女によると、この男の体は首をはねられた囚人のものとのこと。


女騎士は首のない男に向かって「お前はもはや死ねない」と言い放ちます。一体どういう意味なのでしょうか?


プレイヤーは最初から剣を1本装備していて、第1ステージ「牢獄」の入り口に置かれている盾か弓をさらに装備することができます。今回は「古びた木の盾I」を装備します。


扉を開けると、全身が怪しい光に覆われた怪物が襲いかかってきました。敵の頭の上には「!」が表示され、攻撃してくるタイミングがわかります。


「!」の出現をよく見て、攻撃が自分にヒットするタイミングで、盾を装備しているXボタンを押します。すると敵の攻撃をはじく「パリィ」が発動できました。パリィに成功すると相手がひるむので、その隙に攻撃をたたみかけて一気に倒すことができます。


一般的なローグライクゲームはターンごとに行動を決定するシステムですが、「Dead Cells」の戦闘はターン制ではなく、かなりスピーディーな2Dアクションとなっています。実際にパリィを駆使しながら敵を倒していく様子が以下のムービー。

Nintendo Switch「Dead Cells」で敵の攻撃をパリィではねのけながら倒していく様子 - YouTube


盾ではなく弓を装備した場合はパリィができませんが、ものすごい早さで地面を転がって回避する「ロール」を行うことで、敵の背後や離れたところから攻撃することも可能です。

Nintendo Switch「Dead Cells」で敵の間を転がり抜けて弓で倒していく様子 - YouTube


敵を倒すとゲーム内でアイテムを買うために必要なお金や、スキルを獲得するために必要な「セル」をゲットできます。


ダンジョンの中には武器やお金など、さまざまなアイテムが落ちています。また、以下の画像のように大きな宝箱が見つかることもあります。


宝箱を開けると貴重な武器がゲットできます。武器はグレードによってダメージやスキルが大きく変化し、宝箱以外にも、ボスクラスの敵を倒すことでめちゃくちゃ強力な武器をゲットできることも。


例えば以下の「電撃のムチII-L」は「敵を倒したあとの5秒間は移動速度が上昇する」という加速装置付きのムチ。剣と違って中距離からでも攻撃がヒットするので非常に強力。


また、画像右上の「串刺しの刃 III-L」は、HPが最大であればダメージが1.5倍になる上に、倒した敵から出現したワームで他の敵を攻撃することも可能という恐ろしい武器。もちろん基本ダメージ量もそれまで使ってきた「精巧な剣 III」に比べると段違いです。


しかし、中には「開けるとものすごく強力なアイテムをたくさんゲットできるが、ものすごく厳しい呪いをかけられる」という呪いの宝箱も登場。以下のムービーは、実際に呪いの宝箱を開けてみたところ、神々の怒りを買い、「攻撃をあと1回受けたら死ぬ」という呪いをかけられてしまった様子。

Nintendo Switch「Dead Cells」で呪いの宝箱を開けてみたらどうなるか? - YouTube


ダンジョンの途中には、以下の画像のような丸い遺跡がところどころで見つかります。この遺跡は近づくと自動で点灯し、転送装置として作動します。


点灯した転送装置からは、別の転送装置へワープで移動することが可能。「転送する際はハエに気をつけろ…」というメッセージと共に、マップが表示されます。マップ構成やワープポータルが配置されている点はコナミの名作2D探索アクションゲーム「悪魔城ドラキュラ」をほうふつとさせます。


ダンジョンでは、まれにパワーアップアイテムとなる「強化のスクロール」が見つかります。パワーアップアイテムをゲットすると「暴虐(赤)」「戦術(紫)」「生存(緑)」という3種類のステータスが強化され、体力ゲージも増えます。生き延びるためにはダンジョンを探索して強化のスクロールを見つけ出し、パワーアップすることが重要です。


しかし、いくらパワーアップしても、敵の攻撃を避けきれず、夢中で攻めているとあっけなくやられてしまうもの。


やられてしまうと、それまで獲得していた武器・セル・お金をすべて失い、肉体も崩壊してしまいます。


そして、再びパイプから塊が吐き出され……


首なし死体が立ち上がります。女騎士の「お前はもはや死ねない」というセリフは、死んでしまっても何度でも牢獄でよみがえる宿命を指していたようです。


「蘇るごとにすべてが少しずつ変わっていることに気がついたか?」と尋ねる女騎士。ダンジョンはランダムで生成されていて、同じマップではありません。死んでしまうとゼロからやり直しになり、毎回違うダンジョンを探索していくという点はローグライクゲームらしいポイント。


牢獄を探索していると、次のステージとなる「罪人の道」への入り口を発見。この中に入って第1ステージの「牢獄」はクリアとなります。


ステージ間では、「収集者」が集めたセルでスキルをパワーアップしてくれます。


ここで得られるスキルは死んでしまっても消えてしまうことはありません。何度もやり直しながらセルを収集者につぎ込んで強化していくことで、難しいステージも少しずつクリアできるようになっていきます。


ステージをクリアすると「変異」と呼ばれるさまざまなスキルから1つだけゲットできます。例えば、以下の画像の「第二の生」は、探索中に死んでしまってもその場で復活できるというスキルです。


また、ステージ間では体力もすべて回復してくれるので、体力が危ない時は無理に戦わず、とにかく次ステージへの入り口を目指すのがおすすめ。


罪人の道を進めていくと、怪しく光がこぼれる扉を発見。中に入ってみると……


頭上に「ELITE(エリート)」と表示した敵が登場しました。エリートの敵は倒すと強力な武器や大量のセルをゲットできますが、通常の敵よりもめちゃくちゃ強く、倒すのは至難の業。


休みなく打ち続けられる矢をどうにもできないまま、あっけなくやられてしまいました。


その後再び同じエリート兵士に挑戦。自ら飛び込んで攻撃することを諦め、「設置すると自動で攻撃を続けてくれる武器」で倒すことに成功。以下のムービーでエリート敵を倒して貴重なアイテムをゲットする様子を見ることができます。

Nintendo Switch「Dead Cells」のエリート敵との戦い - YouTube


エリート敵を倒してさらに先へ進みます。「Dead Cells」はグラフィックの演出が細かく、以下の画像のように、背景の夕焼け空のグラデーションや夕日に溶け込む巨大な城の表現にもその演出の繊細さが見て取れます。


夕焼けに染まる塁壁を走り抜けて、到達したのが「黒の橋」


そこに待ち受けていたのはボスの「コンシェルジュ」


これまでの敵とは段違いの強さを見せるコンシェルジュ。近接攻撃は他の敵と同様、パリィで受け流すことができますが……


あまりにも高い攻撃力に何度もやられてしまいます。


しかし、武器やスキルを駆使しながら、4度目の挑戦でなんとかクリア。以下のムービーでは黒の橋のボスを倒す様子を見ることができます。なお、ステージ前半を飛ばしてボス戦だけを見る場合は9分25秒のところから再生して下さい。

Nintendo Switch「Dead Cells」で黒の橋にいるボスを撃破 - YouTube


「Dead Cells」はとにかくアクションが楽しいゲームという印象でした。操作性は非常によく、ジャンプ・ロール・パリィなどさまざまなアクションを駆使しながら、ダメージを受けずに敵を倒したときの爽快感はクセになります。ローグライクゲームのように、やられるたびに全てを失って最初からスタートする上に、ダンジョンがランダム生成されることで、何度やり直しても新鮮な感覚で遊べるのはアリ。ダンジョンは広大ですが、アクションがスピーディーなのでさくっと遊べます。

また、ストーリーもちゃんと存在していて、初めからやり直したりゲームを進めたりする度にノンプレイヤーキャラクターのセリフが変わっていくのも面白いポイントだと感じました。さらに、ダンジョンの途中にはストーリーに直接関わらない場所やメッセージがちりばめられていて、ゲームの世界観をしっかりと感じられるのもかなりアリでした。

「Dead Cells」はNintendo Switchの他、Steam・PlayStation 4でも税込2480円で配信されています。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|Dead Cells
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000013175


Steam で 20% オフ:Dead Cells
https://store.steampowered.com/app/588650/Dead_Cells/


Dead Cells | 公式PlayStation™Store 日本
https://store.playstation.com/ja-jp/product/UP4016-CUSA11253_00-JPPS400000000001

・関連記事
倒されても倒されても繰り返しダンジョンに挑み脱出を目指すNintendo Switch「ドラゴンファングZ 竜者ロゼと宿り木の迷宮」レビュー - GIGAZINE

超高い難易度と中毒性を誇るディフェンスゲーム「Kingdom:New Lands」をNintendo Switchで遊んでみた - GIGAZINE

迫り来る勇者をモンスターとワナで迎え撃つうちに時間が溶けていくダンジョンディフェンスゲーム「ダンジョンメーカー」レビュー - GIGAZINE

9つの職業を使い分けてランダムに生成されるダンジョンをくぐり抜けるローグライクRPG「Tangledeep」が日本語に対応したので遊んでみました - GIGAZINE

スプラトゥーン2初のDLC、イカゲーなのにタコが主役な「オクト・エキスパンション」をプレイしてみた - GIGAZINE

無料プレイ可能な建築×バトルロイヤルゲーム「フォートナイト」のNintendo Switch版をプレイしてみた - GIGAZINE

Nintendo Switchで縦スクロールSTGの名作「斑鳩 IKARUGA」が配信されたので遊んでみました - GIGAZINE

in レビュー,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk