×
ゲーム

任天堂が海賊版ゲームを配布する有名サイトを訴える、損害賠償額は数億円規模か

by Franck V.

任天堂が違法に人気ゲームのROMデータを配布している「LoveROMS.com」および「LoveRETRO.co」に対して訴訟を提起しました。任天堂によると、この2つのサイトはゲームの海賊版配信サイトの中でも特に有名なものであるとのこと。任天堂は海賊版配信サイトに対して損害賠償を求めており、その額は数億円にものぼる可能性があります。

Nintendo Sues Console ROM Sites For 'Mass' Copyright Infringement (Update) - TorrentFreak
https://torrentfreak.com/nintendo-sues-console-rom-sites-for-mass-copyright-infringement-180720/

ゲームのエミュレーターは、ゲーム機を持っていなくてもROMデータさえあれば手軽にPC上などでゲームをプレイすることが可能になるという、「ゲーム機以外のプラットフォームでゲームを遊びたい人」にとって便利なツールです。エミュレーターは特に「既に販売が終了してしまったレトロゲーム」を遊ぶのに役立っており、ユーザーは過去に夢中になったゲームをPC上で手軽にプレイできるということで人気を博しています。

しかし、多くのゲームメーカーはこういった事態を快く思っておらず、ファミリーコンピュータNINTENDO64Nintendo Switchといったゲーム機を開発してきた任天堂が、アメリカ国内外で圧倒的な人気を誇るゲームのROMデータを違法に配布するエミュレーターサイトに対して訴訟を起こしました。

2018年7月の第3週にアリゾナ州連邦裁判所に提出された訴状の中で、任天堂は「LoveROMsとLoveRETROは、海賊版ビデオゲームのための最もオープンで有名なオンラインハブの1つとなっています」と表現しています。この2つのサイトはJacob Mathias氏のMathias Designsという企業が運営していると考えられています。

Download FREE ROMs for NES, SNES, GBC, GBA, N64, SEGA, PSX, PS2, PS2, XBOX, WII, NDS, 3DS - LoveROMs.com | LoveROMs.com
https://www.loveroms.com/


任天堂によると、「LoveROMS.com」および「LoveRETRO.co」は許可なく任天堂のビデオゲームの不正コピーを複製・配布・展示しているとのこと。また、著作権で保護されたゲームを違法に配布するだけでなく、サイト上には商標付きのロゴや文字も多数使用されているとのこと。加えて、ゲーム機のBIOSソフトウェアまで配布されています。

任天堂はROMサイトの中には趣味のプロジェクトと考えられる規模のものもあるとしつつ、「LoveROMS.com」および「LoveRETRO.co」は、「利益を得るために作成されたプロフェッショナルによるオペレーションである」と主張しています。さらに訴状では、「被告はカジュアルゲーマーではなく、任天堂の知的財産権とビデオゲーム業界に関する広範な知識を持つ洗練された当事者である」とまで指摘。

任天堂は2つの違法サイトが閉鎖されることを望んでいるほか、ゲーム1タイトルにつき15万ドル(約1700万円)、商標侵害については1件につき最高200万ドル(約2億2000万円)の法的損害賠償を要求しています。なお、2つのサイトを合わせると140以上のゲームのROMデータが配布されており、商標も40以上使用されているとのことで、単純計算で、損害賠償額が1億ドル(約110億円)を超える可能性があります。


任天堂はサイト運営者側にドメイン名の引き渡しと、著作権侵害行為を止めるための恒久的差し止め命令を要求しています。それと同時に、任天堂はサイト運営者がROMデータをどこから入手したのかを明らかにすることも望んでいるとのことです。

なお、任天堂に訴えられたサイトのひとつであるLoveRETRO.coは既に閉鎖されており、ページ上には「LoveRETROは別途通知があるまでの間、閉鎖されることとなりました。これまでのご支援ありがとうございます」と表示されています。

LOVERETRO
https://www.loveretro.co/


なお、もう片方のLoveROMs.comは記事作成時点では閉鎖されていませんでしたが、2018年8月9日時点で閉鎖されていることが確認できています。

・関連記事
Nintendo Switchのコントローラーが特許侵害として訴えられる - GIGAZINE

ニンテンドー3DSの売上の一部をロイヤリティとして支払うよう裁判所が命令 - GIGAZINE

被害額4兆円近く、終わらないマジコンの製造・販売に刑事罰の導入を検討へ - GIGAZINE

「まだ死にたくない」、販売不振のWiiソフトメーカーがブログ上で悲痛な訴え - GIGAZINE

「テトリス」32周年、その裏にはライセンスを巡る泥沼劇があった - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by logu_ii