×
試食

ぷりぷりの海老&フルーティーなピリ辛ソースを合わせたサブウェイのサンドイッチ「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」を食べてみた


サンドイッチやサラダなどヘルシーなメニューを提供しているファストフード店サブウェイで蒸した海老と特製のマンゴーベースのスイートチリソースを合わせたサンドイッチ「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」が2018年7月4日(水)から期間限定で登場しています。同日に登場したラッシー風のドリンク「マンゴミルクフロート 」と一緒に味わってきました。

スパイス党に送る、本格派の夏メニュー2品を限定発売│サブウェイの新着情報│プレスリリース│おいしい!をはさもう。野菜のサブウェイ公式サイト
https://www.subway.co.jp/press/year2018/news2319/

マンゴミルクフロート│サブウェイのドリンク│おいしい!をはさもう。野菜のサブウェイ公式サイト
https://www.subway.co.jp/menu/drink/limited_drink/2320.html

サブウェイに到着。お店の前には海老とスイートチリソースを使った新しいサンドイッチの登場を知らせるポスターなどは有りませんでしたが……


店内のメニューに目当てのサンドイッチ「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」を発見。今回はオススメのトッピングで「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」を「レギュラー」サイズで注文。また、同日に新登場したジュース「マンゴミルクフロート」を注文します。


注文してから数分で「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」と「マンゴミルクフロート」ができあがりました。なお、サンドイッチとフロートのドリンクと同時に注文してセットとなったので、合計金額はそれぞれ単品で注文するより40円安い税込750円のセットになっています。


「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」(単品:税込490円)は蒸した海老に「スイートチリソース」を合わせたサンドイッチ。今回はサブウェイのオススメのままパンはホワイト、ドレッシングはなし、そして野菜とトッピングを変更しない組み合わせにしました。


パンにはたっぷりと蒸し海老がちりばめられていて、赤みを帯びた黄色い「スイートチリソース」がパンに塗られてあるのが確認できます。このスイートチリソースは一般的なスイートチリソースとは違い「マンゴー」をベースにして「レモングラス」と「コブミカン」などのスパイスやハーブを効かせたものとのこと。


他の具はレタス・トマト・赤ピーマン・にんじん・玉ねぎなど野菜がたっぷり。


「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」はフルーティーな甘味とスパイスが香るピリ辛なサンドイッチ。「レモングラス」と「コブミカン」などのハーブに海老が加わってエスニック料理のように感じます。食べ進めると、スパイスのピリピリとした辛みがじわじわと増してきて、飲み物が必要なレベルに上がっていくので、辛いものが苦手な人は控えるのがオススメ。また、スイートチリソースの存在感が強いので海老の風味はやや負け気味。しかし、スイートチリソースと海老のプリッとした食感は非常にマッチしていて、スイートチリソースのフルーティーな甘味は野菜にピッタリ。スイートチリソースを中心としたピリ辛なサンドイッチとしては、バランスよく仕上がっていました。


なお、「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」にさらに辛さを求める人は注文時に「チリソース(激辛)」や「ホットペッパー」を無料で追加することが可能です。「スパイシーシュリンプ~スイートチリソース~」は2018年8月28(火)までの販売を予定している期間限定の商品となっています。

「マンゴミルクフロート」(単品:税込300円)はトロピカルなマンゴジュースに、ミルクを合わせたラッシー風の期間限定のドリンクです。カップの高さは交通系ICカード(長辺85mm)と比べるとこんな感じ。「マンゴミルクフロート」はカップの上段の白いミルクと下段の黄色いマンゴージュースで2色になっているのがわかります。


「マンゴミルクフロート」にはバニラアイスクリームが浮いています。


混ぜてから飲んでみると「マンゴミルクフロート」甘酸っぱくフレッシュなマンゴージュース。マンゴーが香りますが、ミルクのおかげか酸味と甘味は控えめで飲みやすく、ほんのりミルキーに仕上がっています。


フロートは先がスプーン状になっているストローですくって食べればOK。ドリンク部分に溶かせば、甘さ控えめでサッパリとした「マンゴミルクフロート」を甘くクリーミーなドリンクにすることができます。

・関連記事
外はカリっと中はホクホクのサブウェイ「コロコロポテト」を食べてみた - GIGAZINE

サブウェイの「チキン」の成分は50%が鶏肉で残り大半は大豆であるという調査結果にサブウェイが猛反発 - GIGAZINE

分厚い具だくさんサンドイッチが2個1セット(ニコイチ)になっている恵比寿の「ニコウィッチ」に行ってきた - GIGAZINE

観光客にはほとんど知られていないがニューヨークの地元住民が連日通い詰める店のサンドイッチとは? - GIGAZINE

豚肉のロースを低温調理で柔らかく仕上げたサンドイッチ「2つのサンド ロースポークとたまごサラダ」と鮮やかな新作スームージー2品をカフェ・ド・クリエで食べてきた - GIGAZINE

サンドイッチ人気投票1位の「シーフード&クラブ」を復活させたサブウェイの「復刻シーフード」と「スパイシーチキンフィレ レモンドレッシング」を食べてみた - GIGAZINE

ハム&パイナップル&チーズで作る「トースト・ハワイ」など知られざる世界のサンドイッチ13種類まとめ - GIGAZINE

サンドウィッチに秘められた力が目覚めるレシピ「本当に旨いサンドウィッチの作り方100」のサンドウィッチをいろいろ作ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log