試食

濃厚チョコがひんやり滑らかに口の中でとろける「モスバーガー ひんやりドルチェ なめらかショコラ」を味わってみた


モスバーガーで、ココアバターの比率が高いクーベルチュール チョコレートを使ったチョコレートケーキ「ひんやりドルチェ なめらかショコラ」が2018年5月24日(木)から定番商品として加わっています。甘すぎずほろ苦く、なめらかな口どけというチョコレートケーキを味わってみました。

クーベルチュールチョコレートを使ったお手頃スイーツ「ひんやりドルチェなめらかショコラ」新登場~5月24日(木)から全国のモスバーガーで定番商品として発売~
(PDFファイル)http://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_180515_1.pdf

モスバーガーにやってきました。


お店の前には新メニューのチョコレートケーキの登場を知らせるポスターなどはありませんでしたが、店内のメニューで発見。新メニューの「ひんやりドルチェなめらかショコラは「コーヒーや紅茶によく合う」とのことなので、今回はドリンクとセットの「ひんやりドルチェセット」でコーヒーを選択して注文します。


注文すると、店員さんからすぐに「ひんやりドルチェセット」(税込410円)を受け取ることができました。


「ひんやりドルチェ なめらかショコラ」(単品:税込180円)の大きさは8cmほどで、iPhone 7(長辺13.8cm)と比べるとこんな感じ。


使用されているチョコレーは、カカオの含有量57%のクーベルチュール チョコレートとのこと。


チョコレートケーキは冷凍状態のまま提供されて、「溶け具合によって食感の変化を楽しめる」というものになっています。表面には霜が付いていてカチカチに見え、「ようかんより少し固めぐらい」の抵抗がありますが、スプーンを入れることができます。


食べてみると濃厚なチョコレートケーキ。濃縮された生チョコレートのような食感と風味で、口の中で徐々に溶けていきます。確かに、甘すぎずほろ苦い濃厚なチョコレートケーキ。


濃厚で口溶けが良いのでコーヒーにぴったり。チョコレートの風味は濃いので、紅茶では力不足に感じそうです。


溶け具合によって食感が変化するとのことなので、10分ほど置いてみます。


口溶けが一段と良くなり、より濃厚なチョコレートの風味を味わえました。


なお、「ひんやりドルチェ なめらかショコラ」は単品(税込180円)と、ドリンクをプラスして単品それぞれより20円~60円安く注文可能なセット「ひんやりドルチェセット」(税込410円)の他に、お土産に最適という5個入りのBOX(税込900円)も用意されています。

・関連記事
柿の種でモスバーガーの味を再現した「亀田の柿の種 テリヤキバーガー風味」を食べてみた - GIGAZINE

モスバーガーの「MOS」とは何の略か? - GIGAZINE

最もチョコを食べる国では1人当たり年間8.4kgも消費など、チョコレートが全世界で生産・消費ともに拡大中であることがわかるデータが公開 - GIGAZINE

ホワイトチョコ以来80年ぶりの新作、ピンクに色づいたニュータイプのチョコレート「ルビー」誕生 - GIGAZINE

世界初、80年ぶりとなるチョコレートの新フレーバー「ルビー」を使ったキットカットを食べてみました - GIGAZINE

約500円で本格チョコレートケーキを作ってみる - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1f_yi