メモ

キューバの音響攻撃に似た被害の報告が中国で働いていたアメリカ政府職員からあがる

by Yuris Alhumaydy

キューバで職務にあたっていたアメリカの外交官が不眠・聴覚異常・脳の損傷といった被害にあう事件が2017年に起こりました。これと非常によく似た一件が、新たに中国で職務にあたっていたアメリカ政府職員から報告されています。

U.S. worker in China suffers brain injury due to mystery sound 'sensations'
https://www.nbcnews.com/news/world/u-s-worker-china-sickened-brain-injury-after-mystery-sound-n876686


US State department in China reports ‘abnormal' sound like diplomats heard in Cuba | The Independent
https://www.independent.co.uk/news/world/americas/us-politics/sound-china-us-cuba-ear-pressure-diplomats-abnormal-a8365521.html

US Employee in China Suffers Brain Injury in Case Recalling Cuba - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-05-23/u-s-says-china-employee-hit-with-sound-sensations-brain-injury

2017年にキューバのアメリカ大使館で、外交官が難聴や脳の損傷といった被害を受けたことが報告されました。原因については調査中で「音波を使った武器」や毒、妄想症などのほか、「音響攻撃があったのではないか?」という可能性が考えられています。

「音響攻撃」が報告されたキューバのアメリカ大使館では一体何が起こっていたのか? - GIGAZINE


これと似たようなケースが、中国で任務に就いていたアメリカ政府職員から報告されています。職員は「異常な音や圧力を感じた」と伝えており、後に軽度の脳損傷だと診断されました。アメリカのマイク・ポンペオ国務長官は、中国を訪れた職員の身に起こった兆候は医学的に見てキューバの外交官のものと非常に似ていると発表しており、原因の究明にあたっています。調査には中国の協力も得ているとのこと。

職員は2017年から2018年にかけて中国の広州で職務についており、アメリカに帰国後、軽度の外傷性脳損傷だと診断されました。なお、中国国内の外交関係者から同様の報告はあがっていないとのことです。

これはアメリカが中国に対して貿易赤字の削減を交渉している時に報告されたものだと伝えられています。

なお、キューバで音響攻撃があったとされる一件はいまだ原因が解明されておらず、キューバ政府は事件への関与を否定していますが、キューバ政府が音響攻撃についての情報や攻撃を止める方法について何らかの情報を有しているものとトランプ大統領は考えているとのことです。

by Nick Karvounis

・関連記事
「音響攻撃」のノイズの一部公開、難聴や脳損傷の被害が起きる恐れ - GIGAZINE

「キューバのアメリカ大使館への謎の音響攻撃」の原因は「超音波の干渉」にあるとする説が登場 - GIGAZINE

「音響攻撃」が報告されたキューバのアメリカ大使館では一体何が起こっていたのか? - GIGAZINE

人をうつや睡眠障害に追いやる謎の低周波音「ウィンザー・ハム」がカナダ・オンタリオ州で発生している - GIGAZINE

数十年以上にわたって世界中で発生しているのに未解決の低周波音「Hum」とは何か? - GIGAZINE

人々を自殺に追い込む謎の低周波音「Hum」の原因が明らかに - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa