ゲーム

無料で12億円以上の予算をかけて開発したゲームの素材データを全て提供するとEpic Gamesが発表


2016年8月にEpic Gamesよりオープンベータ版の提供が開始されたオンラインバトルゲームの「Paragon」ですが、正式版の登場を待たずして2018年4月26日(木)にサービスの終了が決定しています。そんな悲劇のゲームParagonを生み出したEpic Gamesが、1200万ドル(約12億8000万円)の予算を投じて作られたParagonのキャラクターデータなど全ての素材データをUnreal Engine 4(UE4)の開発者向けに無料で提供すると発表しました。

Epic Games Releases $12 Million Worth of Paragon Assets for Free
https://www.unrealengine.com/en-US/blog/epic-games-releases-12-million-worth-of-paragon-assets-for-free

ダウンロード可能な素材はおおまかに分けると「キャラクター」と「環境データ」の2つ。

◆キャラクター
ダウンロード可能なキャラクターデータは全部で20体。すべてのデータにはキャラクターのベースメッシュ、テクスチャデータ、VFX、アニメーションサイクル、Sound Cue付きのダイアログが含まれており、登場キャラクターの色違いのものなども入手可能です。


Epic Gamesによると、初めてParagonのキャラクターを別のゲームに追加するときは、アニメーション用のブループリントが付属している「Shinbi」から始めるのがオススメだそうです。


◆環境データ
ゲーム内に登場するAgoraとMonolithマップの1500を超える素材データが含まれています。


これらの素材データは以下から入手することが可能です。

Unreal Engine | $12,000,000 of Paragon content for FREE
https://www.unrealengine.com/ja/paragon



Epic Gamesによると、2018年の春から夏までの間に、さらに数百万ドル(数億円)相当の追加の素材データが公開される予定とのことです。

・関連記事
無料で「Unreal Engine 4」が誰でも使用可能に、既存ユーザーには返金&約3500円のクレジットを提供 - GIGAZINE

Googleがゲームエンジン「Unreal Engine」を使ったVR技術「AndroidVR」をGoogle I/Oで発表する見込み - GIGAZINE

タイタニックが本当に2時間40分かけて沈んでいくのをリアルタイムで体験できる壮絶なムービー - GIGAZINE

女優の表情や動作をリアルタイムでゲームに反映するすさまじい技術 - GIGAZINE

マリオが超絶美麗グラフィックのリアルなゲームエンジン「Unreal Engine 4」の世界に迷い込んで動き回るムービー「Mario Is Unreal」 - GIGAZINE

in ゲーム,   デザイン, Posted by log1j_ty