×
ハードウェア

IBMが世界最小のコンピューターを発表、塩の粒より小さいサイズ


IBMのカンファレス「IBM Think 2018」が2018年3月19日から行われていますが、その中でIBMが「世界最小」と称するコンピューターの存在を明かしました。このコンピューターは塩の粒よりも小さいそうです。

IBM unveils 'world's smallest computer' with blockchain at Think 2018
https://mashable.com/2018/03/19/ibm-worlds-smallest-computer/#daUwVtsbugqw

写真の指先にのっているのがIBM Think 2018で公開された64枚のマザーボードがのるボード。このボードの左端に2つのっているのが開発されたコンピューターだとのこと。


コンピューターを塩の上にのせたのが以下の画像。


IBMによると、コンピューター1つあたりのコストは10セント(約10円)以下ですが、数十万のトランジスタを搭載しており、「モニタリングや解析、通信、データへの作用でさえ」も可能とのこと。また、コンピューターはブロックチェーンでの活用が考えられており、アイテムの追跡や盗難などの検知を行うといいます。

コンピューター全体のサイズは1mm×1mmとなっています。


また、極小サイズのコンピューターに近寄ったら何が見えるのか?というムービーも公開中です。

World’s smallest computer - YouTube


IBMの研究所所長であるArvind Krishna氏は、このコンピューターは「はじまり」にすぎず、5年以内に塩粒並に小さいコンピューターが日常的なアイテムに取り付けられるという未来について語りました。

・関連記事
従来のPCの1億倍高速な量子コンピューターはどのような仕組みで動いて物理的限界を突破しているのかがわかるムービー「Quantum Computers Explained」 - GIGAZINE

コンピューターに入っている「トランジスタ」は何をしているのか? - GIGAZINE

「夢のコンピューター」と呼ばれる量子コンピューター実用化の前に立ちはだかる大きな壁とは? - GIGAZINE

2万円以下で購入できる世界最小スーパーコンピューターをNVIDIAが発表 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa