人気プロゲーマーはTwitchのゲーム実況で毎月5000万円以上を稼ぎ出していることが明らかに


ゲームをプレイしている様子をストリーミング配信するゲーム実況が年々盛り上がりを見せています。そんな中、多くのゲーム実況を配信するプラットフォームのTwitchでは、なんと月に50万ドル(約5300万円)もの収入をゲットしているゲーマーが存在しています。

'Fortnite' Legend Ninja Talks Twitch Fame And Fortune, And The Game That Got Him There
https://www.forbes.com/sites/insertcoin/2018/03/13/fortnite-legend-ninja-talks-twitch-fame-and-fortune-and-the-game-that-got-him-there/#7ae3d26c45f7

Fortnite Twitch Streamer Ninja Makes More Than $500k A Month - Report - GameSpot
https://www.gamespot.com/articles/fortnite-twitch-streamer-ninja-makes-more-than-500/1100-6457505/

ゲーム実況歴が10年を超えるという26歳のプロゲーマー「Ninja」ことTyler Blevinsさんは、バトルロワイヤル形式で対戦するゲーム「Fortnite」のゲームプレイをTwitchで配信して多くの収入を得ています。Fortniteは自キャラを俯瞰視点で操るサードパーソン・シューティングゲームで、基本無料でプレイできるF2P型のオンラインゲームです。

Epic Games『フォートナイト』
https://www.epicgames.com/fortnite/ja/home


Forbesのインタビューに応じたNinjaさんは、自身の収入について明らかにしていませんが、一般的な単価を用いて計算するとその金額はおよそ50万ドル(約5300万円)程度になると見積もられています。記事作成時点では、TwitchでNinjaさんのチャンネルにお金を払って支援する「スポンサー」が16万人、チャンネルのフォロワーは300万人を超えており、1回のストリーミングを平均しておよそ7万人が閲覧しているとのこと。Forbesに寄稿しているポール・タッシ氏は、16万人のスポンサーが月額3.5ドル(約370円)を払っていることを考えると、単純計算でも56万ドル(約6000万円)の収入があると予測しています。


Ninjaさんはかつて、プロのeスポーツ選手として活躍していた経歴の持ち主。Microsoft XboxシリーズのFPSゲーム「HALO」で活躍した時期もあったそうですが、その後はプロeスポーツ選手を引退してプロのゲーム実況者へと転身。「正直、多くの人の前でプレイできないことを寂しく思うこともある」と語るNinjaさんですが、ゲーム実況者としての道を選んだことに後悔はないそうです。

Ninjaさんはテレビ局CNBCのインタビューにも応えています。やはり詳細な収入については多くを語らずの状況ですが、収入の大部分がTwitchから生み出されていることを語っています。稼いだお金の使い道についても触れており、「貯金しておくこと」のほかに「動物愛護団体やチャリティ団体に寄付」を行っているとのこと。またこの中でNinjaさんは、プロゲーマーを目指す若い子たちに対して「厳しい世界だから、いま行ってる学校や仕事を投げ出さず、しっかりと将来のことを考えた上で、空いた時間でゲームに打ち込むこと」と、かなり堅実なアドバイスを送っています。


プロゲーマーの世界における「お金」の状況は、ここ数年で大きく伸びを見せています。2015年にTwitchが公開していたゲーム実況プレイヤーの月間収入トップ20では、1位のプレイヤーでも約1万4000ドル(当時のレートで約165万円)という状況だったことから、いかにNinjaさんの稼ぎが大きなものとなっているのかがわかります。

人気ゲーム実況プレイヤーが稼ぎ出す1カ月の収入はどれくらいなのか? - GIGAZINE


Twtichは2011年に総合的なライブストリーミング配信サイト「Justin.tv」から独立する形で誕生したプラットフォームで、急成長を見せた後の2014年にはAmazonに買収されてその傘下に入っています。買収の際にはAmazonとGoogleがTwitch争奪戦を繰り広げ、最終的にAmazonが1000億円で買収するという大規模買収となっていたことからも、いかに注目された存在だったかがわかります。

「Twitch」はどのようにして数年で巨大ゲーム実況プラットフォームになったか - GIGAZINE

・関連記事
TwitchとYouTube Liveでのゲーム実況配信者の収入の現状レポート、視聴者は平均いくらぐらい払って支援してくれるのか? - GIGAZINE

eスポーツはアメフトやバスケのプロスポーツ業界を脅かす存在になっていることが判明 - GIGAZINE

YouTubeがゲーム実況やe-Sportsに特化したライブ配信サービスに本気を出す模様 - GIGAZINE

無料で毎月ゲームがもらえるAmazonプライム会員特典「Twitch Prime」がスタート - GIGAZINE

無料でYouTube、Twitchなど複数のプラットフォームで同時にライブ配信可能なWEBサービス「Restream.io」を使ってみた - GIGAZINE

「Twitch」はどのようにして数年で巨大ゲーム実況プラットフォームになったか - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム,   メモ, Posted by logx_tm