「猛烈な勢いでお抹茶を点ててくれる『全自動茶道ロボ』が開発された」と話題に


世の中には「ルービックキューブを超高速でそろえるロボット」や「ホワイトボードに延々と時刻を書き続ける時計」といった、「すごいけど非常に用途が限られている」面白いロボットが存在していますが、「日本の伝統文化をロボットで表現しよう」というテーマでaNo研(@anoken2017)が製作した、全自動でお抹茶を点ててくれる「茶道ロボ」が注目を集めています。

aNo研 - -あの素晴らしい、をあなたに-aNo Lab
https://anoken.jimdo.com/

話題となっているのは以下のツイート。


YouTubeには「茶道ロボ」でお抹茶を点てるムービーのフルバージョンも公開されています。

茶道ロボ 151A Moving of "Sadou", the way of tea


茶道ロボは抹茶入りのおわんをのせた木製の台と、抹茶をすくうさじや茶せん、ひしゃくが取り付けられた金属製の機械部分で構成されています。


スマートフォンから起動ボタンをタップすると起動します。よく見ると、起動画面に「Once-in-a-lifetime experience(一生に一度の体験)」と表示されており、細かいこだわりが伝わってきます。


茶道ロボが起動すると、まず最初にひしゃく部分が傾いて、お茶碗に水が注がれました。


続いてさじがサッと抹茶の山に差し込まれ……


くるりと回転して抹茶をすくいました。


さらに、いいお抹茶を点てるためにさじが横向きに「サッ、サッ」と振られ、余分な抹茶を払い落とすほどのこだわりよう。


こうして適量に調節した抹茶を……


水の入った茶碗に入れます。


さじが元の位置に戻ると、茶せんがゆっくりと下がってきて……


茶碗に茶せんがセットされました。


次の瞬間、猛烈な勢いで茶せんが抹茶をかき混ぜます。


あまりの勢いに、機械部分がガタガタと揺れまくりです。


約20秒弱の間、抹茶を思い切りかき混ぜると、次第に茶せんの動きはゆっくりになり……


ゆっくりと茶せんが引き上がります。


できあがったお抹茶はしっかりと泡だっていました。


さらに、「茶道ロボ」にはお抹茶を点てた茶碗を作法通り回転させ、和菓子も出してくれる模様。くるくると茶碗が回転し、木製の台の左側がパカッと開きます。


登場した和菓子は大福でした。


「空前絶後の超絶怒涛のものづくり集団」と自己紹介しているaNo研は、茶道ロボ以外にもさまざまな面白い発明品を作っています。たとえば「プリン・ア・ラート」は誰かが自分のプリンを勝手に食べようとしたら、警告してくれる装置。

【プリン見守りデバイス】プリン・ア・ラート


台所に忍び寄る怪しい影。


お目当ては冷蔵庫の中のプリンでした。


プリンが盗まれてしまうと……


ラインに「プリンが取られました!」と通知が来る模様。


家族共用の冷蔵庫に置いてあるプリンは「誰かに食べられてしまうかも……」と不安になってしまうことがあり、実際誰かが勝手に食べてケンカになることもありますが、「プリン・ア・ラート」があれば問題なし。通知が来たら台所に急行し、プリン泥棒を取り押さえることが可能。外出先で通知を受け取ったときは犯人を捕まえることができませんが、せめて家族の誰かに食べられているプリンに思いをはせることくらいはできます。

・関連記事
存在しない右腕をレゴブロックで作った少年ビルダーが登場 - GIGAZINE

ルービックキューブをそろえる完全レゴブロック製の自作ロボットが話題に - GIGAZINE

ネコを愛するあまり顔認識技術搭載のネコ専用監視装置を作った猛者が登場 - GIGAZINE

PCケースの中で初音ミクが歌って踊る、話題の自作PCを実際に見に行ってみました - GIGAZINE

リアルファイアパンチが可能になる動作検知型の火炎放射器を自作するムービー - GIGAZINE

自力でプログラミングして口紅を塗るロボットを作ったらこうなった - GIGAZINE

本当に手が叩き起こしてくれる目覚ましや髪の毛を自動的に洗ってくれるロボットを自作し続けるロボットの女王Simone Giertz - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by log1h_ik