動画

巨大ウォータースライダーの水を抜きプロスケートボーダーがジャンプとトリックをきめるムービー「Skating an Empty Water Park」


巨大ウォータースライダーの水をすべて抜き、巨大チューブとなったのコースをプロスケートボーダーたちが滑り、ジャンプとトリックを披露していくムービー「Skating an Empty Water Park」がYouTubeチャンネルのOutside TVで公開されています。

Skating an Empty Water Park | Xtreme CollXtion - YouTube


スケートボーダー3人がスケートボードで滑ろうとしています。


3人が滑る場所は、ドバイにあるテーマパーク「アクアベンチャーウオーターパーク」です。ムービーを撮影している日は、年に1度の施設のメンテナンス日なので、お客はおらず、ウォータースライダーには水が張られていません。


ウオーターパークはドバイの人工島アトランティス・ザ・パーム内に設けられています。


ウォータースライダーは水が抜かれたことで巨大チューブになります。この環境を最大限に活かして、3人のプロスケートボーダーがスケートボードでウォータースライダー内を滑ります。


今回ウォータースライダーを滑るプロスケートボーダーの1人、アルゼンチン出身のMilton Martinez氏は、この企画についての感想を述べます。「長い間、滝から落ちるような滑りができる場所を探していたから、この企画には胸が躍るよ」と語ります。


水がないウォータースライダーのチューブの中から、Martinez氏がスケートボードで滑りなから登場。


スケートボードがそのままの勢いで垂直に近いウォータースライダーのアールを登っていきます。


登りきったところでMartinez氏がボードと共にジャンプし、Martinez氏が足元のボードを蹴り、ボードにひねりを加えながら反対を向かせます。


ボードに着地してトリックが成功。


ナレーションでMartinez氏が「このような普通じゃない企画はめったにないので、力の限り滑りますよ」とコメントし、チューブの中でジャンプをする姿が浮かび上がります。


イタリア出身のプロスケートボーダー、Alex Sorgente氏がこの企画についての思いを語ります。「こんな企画を準備してスケボーさせるなんて、驚くべきことですよ」


「できる限りのスケボーでビックリさせるようなトリックを行い……」


「最初からトリックを詰め込んでいきますよ」


このウオーターパークは、メンテナンスのために10万リットルの水が排出されています。


スケートボーダー3人の様子は、カメラクルーたちが撮影し、この異例の企画を記録します。


プロデューサーのBrad Kerr氏がこの企画への意気込みを語ります「私たちには、この普通でない撮影場所と……」


「驚くべきスケートボードテクニックを持った有名スケートボーダー3人がいます」


「これらを組み合わせて普通ではないスケートボードの障害物を作り上げます」


ウォータースライダーのコースは、ぐにゃぐにゃと曲がりくねっており、全長は156メートルにもなります。


施設に設置されているグラスファイバー製のウォータースライド「アクアコンダ」は、壁の高さが14メートルにもなる場所があります。


そんなウォータースライダーでプロスケートボーダーのMartinez氏が、14メートルの壁をスケートボード1枚を使い、一瞬で登ります。


別の場所ではウォータースライダーの大きな壁をアールに沿って滑り、上昇していきます。


ターンして、壁のアールを下り、スケートボードにスピードを乗せます。


そのまま反対側の壁の終わり際に近づき……


ボード共に大きくジャンプします。


カメラが施設の高所に切り替わると、Martinez氏が画像右側からカメラクルーに撮影されています。Martinez氏が、ウォータースライダーのコースから……


コースを支えている支柱にスケートボードに乗りながら飛び移ります。


飛び移る光景を見ていたカメラクルーが、その時の様子を語ります。「見ていた光景を信じられませんでした。スケートボードでだいたい100フィート(約30メートル)ほどの高さの場所で飛び移っていました」


プロスケートボーダーたちが着地に失敗する姿も映し出されます。普段水が張られているウォータースライダーは、水がなくなったことにより、着地に失敗すると、体を強く打ち体をケガをする危険性が生まれます。


Sorgente氏が、高い場所のコースから滑り降りる準備をします。


スケートボードに乗ってスタート


カメラを引くと、コースの高さが良く分かります。


滑り降りて、スピードが増していきます。


そのスピードを使ってほぼ垂直にそそり立たつコースをのぼります。


コースの先は右曲がりのコーナーになっています。


Sorgente氏は、カーブ外側の手前でジャンプします。


ジャンプの落下の勢いに乗ったまま体を右に捻る事により、ボードを右に方向転換し、下に向かせます。


壁のような高所のコースでジャンプを行い、見事に着地。


Sorgente氏がナレーションで「私のスケートボード人生のなかでも夢のような体験で夢中になって滑り、幸せでした」と語りました。

・関連記事
世界で最も危険なスポーツとは一体何なのか?について考察するムービー - GIGAZINE

ファンタジーの世界のように見える「洪水で沈んだ森」のムービーが公開されて再生数が180万回を超える - GIGAZINE

レンジローバースポーツPHEVが斜度45度・999段の大階段と99個のコーナーが続く秘境の峠道を走破するムービー - GIGAZINE

オリンピックのスケート競技・パシュートを「車でやってみた」ムービーが公開中 - GIGAZINE

30年間サーカスで情熱的にバイクスタントを続けるライダーを追ったドキュメンタリームービー「Step Into the Gravity-Defying Globe of Death」 - GIGAZINE

命知らずのスノーボーダーが雪景色のプールを滑走しまくるムービー - GIGAZINE

光るパラグライダーが幻想的に夜の雪山を飛ぶムービー - GIGAZINE

in 動画, Posted by log1f_yi