ハードウェア

「業界最大容量のSSD」としてSamsungが30.72TBのSSDの量産を開始


Samsungが「次世代エンタープライズストレージシステム向け」として、「業界最大容量」のSAS SSDの量産を始めたことを発表しました。「最大容量のSSD」としては2016年8月にSeagateが60TBの超大容量SSDを発表しましたが、2017年になっても製品化の話はなく、デモ技術で終わってしまったということのようです。

Samsung Electronics Begins Mass Production of Industry’s Largest Capacity SSD - 30.72TB - for Next-Generation Enterprise Systems - Samsung Global Newsroom
https://news.samsung.com/global/samsung-electronics-begins-mass-production-of-industrys-largest-capacity-ssd-30-72tb-for-next-generation-enterprise-systems


Samsung unveils world’s largest SSD with whopping 30TB of storage - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2018/2/20/17031256/worlds-largest-ssd-drive-samsung-30-terabyte-pm1643

Samsungでは2016年3月から15.36TBのSSDを出荷していますが、30TBの「PM1643」シリーズは、最新の512Gb V-NANDチップの16層積層で構成された1TB NANDフラッシュパッケージを32個組み合わせることで2.5インチサイズで大容量を実現。ファイルサイズが5GBあるフルHDのムービーなら約5700本保存可能です。

容量が2倍になっただけではなく性能自体も大幅に向上していて、ランダム読込が最大40万IOPS、ランダム書込が最大50万IOPS、シーケンシャル読込が毎秒2100MB、シーケンシャル書込が毎秒1700MBという高速データ転送性能を備えています。

量産自体は2018年1月から始まっており、Samsungでは2018年後半にかけて15.36TB・7.68TB・3.84TB・1.92TB・960GB・800GBバージョンもラインナップに加えることで、エンタープライズ市場でHDDからSSDへの移行を加速させる方針です。

・関連記事
Googleのデータセンターで使うSSDを調査して分かったSSDの信頼性を推測するのに大切な要素とは? - GIGAZINE

SSDにデータを書込みまくり再起不能に追い込む耐久試験で分かった信頼性に関する真実とは? - GIGAZINE

容量20TBを持つHDDを2019年までに発売とSeagateが発表 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logc_nt