Appleが3月に2018年最初のプロダクトを発表するとの見方が台湾のサプライヤー情報から浮上


台湾のApple関連のサプライヤーからの情報をもとに、「Appleが2018年3月にいくつかの新製品を発売する可能性がある」と報じられています。

Report suggests Apple could begin 2018 product launches next month | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2018/02/05/digitimes-apple-2018-product-debut/

IT情報や中国・台湾のサプライヤー関連のニュースを扱うDIGITIMESが報じたところによると、台湾では「iPhone X減産」の余波を受けるサプライヤーがいる一方で、「Career Technology」や「E&R Engineering」、「ShunSin Technology」「Superior Plating Technology」などのサプライヤーは今後、受注の増加が期待できる状態にあることが明らかになっています。

Taiwan supply chain to turn profitable on robust Apple orders in 2018
http://www.digitimes.com/news/a20180205PD210.html


この中には新規にAppleから受注を受けるサプライヤーも含まれている模様。その中の一社であるSuperior Plating Technology (SPT)は非常にきれいなメッキ加工を得意とする企業で、次世代iPhone・iPad・MacBook用の部品製造をAppleから受注して2018年3月から生産開始する公算が非常に高いとのこと。SPTは2017年、年初から3四半期にわたって業績が停滞していましたが、Appleからの受注がほぼ確実視される2018年にはいっきに業績が改善するとみられています。

Appleはここ数年、3月にも新製品を発表する傾向にあり、2017年にはiPhone 7の新色「PRODUCT (RED)」や廉価版iPad、iPhone SEなどが発表されていました。そのため、2018年3月にも何らかの新製品が登場する可能性が非常に高いとみられますが、DIGITIMESはその製品の詳細については明らかにしていません。

サイクル的には、3月には新しいiPhone SEとiPadが発表されるともみられていますが、以下のようにiPhone SEの登場は望み薄という見方も。また、大方の予想ではFace IDを搭載した新型iPadは2018年末まで登場が期待できないという観測もあります。また、2017年9月に発表されたばかりのiPhone XやiPhone 8、そしてApple Watchの後継機については2018年9月になることが確実視されています。

手のひらサイズの新型iPhone「iPhone SE 2」の登場はナシか?有名アナリストの見解はこんな感じ - GIGAZINE

・関連記事
iPhone Xの生産が2018年後半で終了し、Appleは新型iPhoneへ完全移行する可能性が浮上 - GIGAZINE

2018年のiPhoneは「iPhone X」と同じベゼルレスデザインで安価な端末も登場か? - GIGAZINE

2018年のiPhoneは全モデルがiPhone Xライクな全画面モデルでバッテリー容量増という予想 - GIGAZINE

2018年に登場のiPhoneはIntel製チップに移行してQualcommは排除されると報じられる - GIGAZINE

Appleが史上最高の四半期決算を発表、販売台数減少するもiPhone Xの高価格設定が売上に寄与 - GIGAZINE

in モバイル,   ハードウェア,   メモ, Posted by logx_tm