×
動画

回している手が冷たそうな「氷」でできたルービックキューブ


立方体の6面色をそろえるシンプルな玩具のルービックキューブは世界中に熱狂的なファンがおり、色をそろえるだけでなくファンによる派生したルービックキューブの自作も盛んです。人間よりも大きな世界最大のルービックキューブや3Dプリンターを使って色だけでなく形まで変化するルービックキューブなどがある中で、冷たい「氷」で作ったルービックキューブを世界中のエンターテインメントを伝えるYouTubeチャンネルEEC MEDIAが紹介しています。

Man creates functional Rubik's cube out of ice - YouTube


以下が氷でできたルービックキューブです。このルービックキューブはギネスが認定した世界一巨大なルービックキューブ世界一極小なルービックキューブなどを自作してきたイギリス人のTony Fisherさんが作りました。


氷のルービックキューブの形はオーソドックスな1面3×3の立方体です。


もちろんルービックキューブなのでどのブロックも手で回すことができます。ただし、ブロック回しに熱中すると霜焼けしそうです。


Fisherさんは氷をルービックキューブの形にするために「シリコーンゴム製の型」を使用したとNewsflareで語っています。


素材が氷できているのでお湯の入った鍋に入れて温めると……


氷のブロックが溶け始めます。


最後はルービックキューブの骨組みだけになってしまいました。


全6面すべてが白い氷でできたこのルービックキューブは、面のそろえ方をどうするのかなど、遊び方が気になるところです。

・関連記事
スマホで遊べて、カメラで撮ると解き方がわかるルービックキューブ公式アプリを使ってみました - GIGAZINE

ルービックキューブがどのように生まれたのかエルノー・ルービック氏が語る - GIGAZINE

人間よりも大きな世界最大のルービックキューブを自作してしまった男性 - GIGAZINE

色だけでなく形まで変化するルービックキューブ「X-Cube」 - GIGAZINE

1面が1万個あるルービックキューブを4分で解くムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画,   アート, Posted by darkhorse_log