Googleが新決済プラットフォーム「Google Pay」を発表、Android PayとGoogle Walletを統合


Googleは現地時間の2018年1月8日、同社が提供している決済サービスAndroid PayGoogle Walletを統合し、新たな決済プラットフォームとして「Google Pay」を立ち上げることを発表しました。

Bringing it all together with Google Pay
https://www.blog.google/topics/shopping-payments/announcing-google-pay/

Google Payは、Androidスマートフォンを使って実店舗やオンラインショップでの支払いを行うことができる「Android Pay」と、ユーザーの個人間送金が可能な「Google Wallet」の2つが存在していた決済プラットフォームをひとまとめにするもの。これまでは別になっていたサービスが一つに統合されることで、ユーザーの使い勝手が向上するものとみられます。

Google Payでは、ユーザーのGoogleアカウントに保存された決済情報を使うことで、YouTubeやChromeなどGoogleプラットフォーム上での決済を行うことが可能。また、すでにAirbnbなどで使用できるようになっているほか、今後数週間で実店舗やオンラインストアなどでも使えるようになり、個人間送金も可能になる模様です。


Googleはこれまで2本立ての決済プラットフォームを提供してきましたが、今回の統合によりAppleの「Apple Pay」や、日本には未上陸の「Samsung Pay」などのプラットフォームと同様のサービス形態を提供する形になります。

・関連記事
Googleがスマホで簡単決済可能な「Android Pay」をついにスタート、Apple Payのライバルに - GIGAZINE

Appleの従業員は個人間送金などが行える新機能「Apple Pay Cash」をiOS 11.1でテスト中 - GIGAZINE

iOS 11ではiMessagesでサクッと送金可能に、ARにも対応しSiriには「Intelligence(知能)」を搭載 - GIGAZINE

Appleの新決済システム「Apple Pay」の仕組みがよくわかるまとめ&実際に使ってみたよムービー - GIGAZINE

227

in モバイル,   ウェブアプリ, Posted by logx_tm