ネットサービス

Googleドライブの有料版が「Google One」に名称変更、独自のユーザー特典も登場


Googleが提供するオンラインストレージサービスの「Googleドライブ」では、Googleアカウントを持っているユーザーすべてが無料で15GBものストレージを利用可能となります。スマートフォンの登場などでますます多くの人々がGoogleドライブなどのオンラインストレージ上にデータを保存するようになっているわけですが、無料で使える容量以上を使用したい場合、有料で使える容量を拡張する必要があります。Googleドライブにも有料版が存在したのですが、この有料版の名称を「Google One」に改称することをGoogleが発表しています。

One simple way to get more out of Google
https://www.blog.google/products/google-one/one-simple-way-get-more-out-google/

Googleは一般向けに提供しているGoogleドライブの有料ストレージプランを、今後数か月以内にすべてGoogle Oneにアップグレードすることを発表しました。なお、この変更はあくまで一般向けの有料版Googleドライブに限定されたものであり、無料版のGoogleドライブおよび、G Suiteを利用しているビジネスユーザーに影響はないそうです。

Google OneはGoogleドライブ・Gmail・Googleフォトに保存するオンラインストレージをまとめて確保できるという有料プラン。月額プランは100GB/1.99ドル(220円)からで、200GB/2.99ドル(約330円)、2TB/9.99ドル(約1100円)となっています。ストレージの最大容量は30TBで、2TB以上のプランにはさまざまなオプションが用意されており、ユーザーが自分に合ったプランを自由に選択できるようになっている模様。

なお、これまでのGoogleドライブの有料ストレージプランの月額プランは以下の通り。


「2TB以上のプランで提供されるさまざまなオプション」というのは、カスタマーサービスやGoogle Payで利用可能なポイントなどになる模様。

Googleによると、大量のストレージを使用するユーザーは他の多くのGoogleサービスも利用する傾向にあるそうで、Google Oneではそういったユーザー向けのカスタマーヘルプサービスなどをワンタップで利用できるようになるとしています。加えて、Google Payで使えるポイントをゲットしたり、Google検索経由でお得なホテル予約などの特典を得たりが可能となります。こういったGoogle Oneユーザー向けの特典を今後さらに充実させていくことをGoogleは計画中です。さらに、Googleはこれまで「ストレージプランを家族で共有できるようにしてほしい」という要望を多く受けていたそうで、Google Oneではこれに応える形で最大5人までプランにユーザーを追加することが可能となります。

Google Oneはアメリカを皮切りに順次グローバル展開されていくとのことで、すでにGoogleドライブの有料ストレージプランを利用している場合は、今後数か月以内に自動的にGoogle Oneにアップグレードされる予定です。なお、既存のGoogleドライブで有料ストレージプランの1TBを利用している場合、追加料金なしで2TBのプランにアップグレードされます。

なお、Google Oneに関する最新情報をいち早く入手したい場合は以下のページでメールアドレスを入力して「最新情報を受け取る」をクリックすればOKです。

Google One が間もなく登場

・関連記事
GoogleドライブのPC・Mac用アプリが2018年3月に完全終了することに - GIGAZINE

GoogleドライブでWindows/Mac内のあらゆるデータを全自動バックアップできる「Backup and Sync」がリリース予定 - GIGAZINE

無料でGoogleドライブの容量をさらに2GB増やす方法 - GIGAZINE

Googleドライブで第三者にデータ流出のセキュリティホールが発覚、対処法も - GIGAZINE

無料で5GB利用できる「Googleドライブ」を実際に使ってみるとこんな感じ - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logu_ii