私たちは「死」から逃れられないのか?


人類の長い歴史において、「」から逃れようとさまざまな試みがなされてきましたが、今のところこの世に生まれたすべての生命は「死」から逃れることができません。避けようと思っても避けられるものではない「死」について、「人はどうあがいても『死』から逃れることはできないのか?」を解説したムービーがYouTubeで公開中です。

Why Die?


あなたが「死にたい」と思ったとき、死神はたとえ非常に忙しくても、あっという間にあなたのそばに近づいてきます。


「早すぎる」「遅すぎる」あなたが感じるのはどっちでしょう?未来に死神のアポイントメントを延期したいという人もいるかもしれません。


「老いて人生を満喫したら、次第に人生に退屈して準備ができているはず」と考えたところで……


死神がやってくるのは決して「未来」ではあり得ないのです。


なぜなら、あなたが生きているのは常に「現在」であり、死神と対面するときのあなたはたとえ年老いていたとしても、「まさにたった今」死神と出会うことになるわけ。


「死」は誰にでも平等に訪れるものであり、人は「死」と手を組みながら生きていくしかないのです。


あたかも「ストックホルム症候群」のように、自分を人質に取った犯人に好意を寄せる人と同じく……


人は「『死』が自分に残した人生の時間は正当なものだ」と自分に言い聞かせるしかないのです。


もし「死」が存在しなかったら人生は全く退屈で不自然なものになってしまうはず。試しに「死神が休暇を取ってしまい、『死』が存在しなくなったら……?」と考えてみると、「死」が人間にとって不可欠なものであると確認できます。


人間は成長していくにつれ賢く、強くなっていきますが、死神は常に人のそばに寄り添っています。


人が老いて弱ったら、死神にとって収穫の時期です。


死神は「『死』は人生の一部であり、『死』があなたに人生の意味を与えるのさ……」と黄昏れながら言ってのけるかもしれません。


しかしこの考えは明らかに狂気をはらんでいます。


悲惨なことが人に幸せをもたらすことはありません。


苦しんでいる人々に「人生の幸せを感じているかい?」と尋ねるとしたら、あなたはまさに「怪物」と形容されるに違いありません。


いったいこの世のどこに「我が子が早く年老いて健康を損ない、生きる意味を見いだせますように」と願う両親がいるでしょうか。


この世には「死」があふれていて……


「逃れることのできない恐怖、つまり『死』は自分にとっていいものなのだ」という甘い嘘をついつい信じたくなってしまいます。


しかしこれは「『死』はあなたの人生の一部である」という考えと同じ。


たとえばコレラはかつて人類の歴史につきものでしたが、衛生観念の向上によって消えていきました。


短いスパンで見れば「コレラは人生の一部であった」と考えられなくもありませんが、少なくとも現在においてそれは当てはまりません。


「自然なものはよいもので、人生に必要なのだ」という考えは間違い。


自然な人生とは不平等で残酷で、そして短いものです。


それは「人類の祖先が暮らしていたジャングルの中で生き延びろ」ということと同義。


人類は技術を発展させることによって、現在のよい暮らしを実現してきたのです。


現在の人類が持つ技術力は、死の原因をつまびらかに観測することができるまでになっています。


さて、ここで湧いてくる疑問は「死神とはどれほどの強さを持っているのか?」ということですが……


技術の発展を鑑みれば、人類はやがて死神に対抗できうる力を手に入れる可能性は十分にあります。


もしかすると、たった今も最初の不死者がこの世に存在しているかもしれないのです。


彼らは思うさま健康な青年期を満喫することが可能。


しかし、不死者の頭の中にはこれまでの人生で関わった数千人の死者たちの記憶が残り、これらを消し去らなければならないという問題はあります。


さらに、不死者にとって「死」は未来の問題を回避できる特効薬にはならないため、絶えずさまざまな問題に直面し、それを解決していかなければなりません。


人間はつい「死とは逃れられないものだ」とあきらめてしまいがちですが……


「『死』とは対抗可能な障害でしかないのだ」と思考を転換させ、病気などの災厄と闘うことが重要。


ただし現状において、「老化」だけは全人類に平等に降りかかってくるため……


結果的に誰もが惨めな結末を迎えてしまうのは避けられません。


私たちは早めに「死」と闘う決意を固めないと、いずれ誕生する不死者世代に入り込めなくなってしまいます。「死」に対抗する新しい世代に入り込めなかったら最後、「死」という深い闇に飲み込まれてそれで終わりです。

・関連記事
人間が永遠に生き続けることは数学的に「不可能」 - GIGAZINE

老化をコントロール可能な未来が来たとして私たちは寿命を延ばすべきなのか? - GIGAZINE

世界中で少年少女を次々と自殺に追い込んでいく謎の死のゲーム「青い鯨(Blue Whale)」とは? - GIGAZINE

長生きするほど寿命が延びる「Lindy effect(リンディ効果)」とは? - GIGAZINE

自殺したい老人VS自殺を防ぐ看護師によるFPSS(一人称視点救出者/自殺者ゲーム)「Stayin’ Alive」 - GIGAZINE

in サイエンス,   動画, Posted by log1h_ik