3カ月を縦一列に表示して一目で先の予定が立てやすくなる両面卓上カレンダー「3Month Calender Clinic」


気がつくと年の終わりもあと少し、カレンダー売り場が騒がしい時期がやってきています。カレンダーには壁にかけるタイプ、机に載せる卓上タイプなどさまざまな仕様がありますが、クリニックや歯科医院の受付用に開発された「3Month Calenders Clinic」は、受付や仕事場など、人と向かい合う状況でも利用しやすい機能的なカレンダーです。

MDSD CALENDARS
http://mdsd.thebase.in/


「3MONTH Calender Clinic(休診シールなし)」(税別864円)です。


袋から取り出したら、丈夫な厚紙製の土台をしっかりと開くだけでOK。面倒な組み立てなどは一切ありません。


143.6mm×70.6mmのiPhone Xと並べて比べてみました。高さは約218mm、幅は約126mmと縦長のデザインとなっていて、狭い机の上でも置きやすい省スペース型です。


紙質は固く、分厚くて丈夫な印象。手触りはなめらかでサラサラとしています。


ヒンジはしっかりとした針金製で、耐久性もあります。


カレンダーの左上には西暦と元号が書かれており、1ページに3カ月分のカレンダーが印刷されています。「3Month Calender Clinic」は1月始まりなので、1ページ目は1月・2月・3月のカレンダーが書かれています。


1月31日の次に2月1日がつながっているように、3カ月のカレンダーは月ごとに分けられておらず、シームレスでの表示になっています。また、数字は誰でも見やすいようなデザインがなされていて視認性はバッチリ。土曜は青色、日祝は赤色とちゃんと色分けがされている一方で、大安や仏滅などの六曜は省略されており、また、予定を書き込む余白もあまりなく、「3カ月をまとめて見る」ということに特化したデザインです。


最も特徴的なのは、両面が同表示となっていて対面使用が可能となっている点です。受付カウンターに置いたときに、向こう側とこちら側で同じ内容を同時に見ることができるので、わざわざカレンダーの向きを変えたりのぞき込んだりする必要はありません。


1月・2月・3月のページをめくってみると……


2月・3月・4月となっています。毎月めくるごとに当月が一番上にくるので、常に2カ月先まで一目でチェックできます。


「3Month Calender Clinic」では3カ月分が1ページに表示されるため、卓上で先の日付や曜日を一目でさっと確認できるのは大きなメリット。また対面使用ができるので、何か日程を話し合いながら決める時にわざわざカレンダーを相手に向けたりのぞき込んだりする必要がないのも非常に便利で、カレンダーを見ながら少し先の日程を話し合って決めるという目的に特化した機能的なカレンダーといえます。そのため、クリニックの受付だけではなく、リビングや仕事場の机、会議室の卓上に置くのもアリです。

なお「3Month Calender Clinic」は休診シールなしが税込864円、休診シール付きが税込1080円で、以下のリンクからも入手可能です。

Amazon | 3MONTHS CALENDAR CLINIC (休診シールなし) | カレンダー | 文房具・オフィス用品


Amazon | 3MONTHS CALENDAR CLINIC (休診シール付き) | カレンダー | 文房具・オフィス用品

・関連記事
ソードアート・オンライン&Fate/Apocryphaの2018年カレンダーを徳島銀行が配布 - GIGAZINE

Googleカレンダーと完全同期する「紙」の カレンダー「Magic Calendar」 - GIGAZINE

実用性とデザインを両立させたカレンダー「イノベーター」を、手のひらサイズからポスターサイズまで全5種レビュー - GIGAZINE

Googleカレンダーとも同期する巨大なレゴブロック製カレンダー「LEGO CALENDAR」 - GIGAZINE

GIGAZINEのカレンダーの選び方 - GIGAZINE

in レビュー,   デザイン, Posted by log1i_yk